家電
2018/3/12 16:00

お気に入りの時計がスマートウォッチに!? 元アップル社員が開発した「Smart Buckle」が話題

従来の腕時計を“スマートウォッチ化”させるガジェット「Smart Buckle」が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に登場。元アップル社員が開発した斬新なアイデアの商品に注目が集まっている。

 

 

ヴィンテージ時計をハイテクなスマートウォッチに?

出典画像:「あなたの腕時計をスマートウォッチ化させるSmart Buckleを広めたい!」CAMPFIRE より

 

「Smart Buckle」とは、従来の腕時計のバックルと交換するだけで、専用アプリなどとの同期が可能になるバックル型ウェアラブル端末。手持ちの腕時計のデザインを変えることなく、「Apple Watch」のようなスマートウォッチとしての機能を付加できる。

 

例えば「アクティビティ・トラッキング」という機能は、3軸ジャイロスコープやモーション・センサーによって「歩数」や「消費カロリー」、「睡眠パターン」などを計算。そして計測されたデータは日・週・月別にグラフで表示される。また、「Appleヘルスケア」や「Google Fit」といった既存のスマートフォン用アプリと同期させることでも、自身の健康状態を計測可能。お気に入りのヴィンテージ感あふれる時計も、バックルを変えるだけで毎日の健康管理に役立つハイテク時計として使えるようだ。

出典画像:「あなたの腕時計をスマートウォッチ化させるSmart Buckleを広めたい!」CAMPFIRE より

 

さらに優れた防水・防塵性を備えているため、装着しながらでも手を洗ったり、雨天候下での使用も可能。画期的なバックルの登場にネット上では、「すごく良いアイデアだと思う!」「『Apple Watch』を買ってから以前まで使ってた時計を使わなくなってしまったから、『Smart Buckle』で復活させたい」「今スマートウォッチが話題を集めてるけど、『Smart Buckle』は流行の先を行きそう」との声が上がっていた。

 

そんな同クラウドファンディングのリターンは割引価格で購入出来るというもので、例えば1万9800円コースの場合、定価2万9800円の「Smart Buckle」を34%OFFの価格で入手可能。ちなみに3月7日現在では、目標金額100万円に対し50万8400万円もの金額が寄せられている。

 

デザイン性が進化していくスマートウォッチ

一般的には「Apple Watch」が有名なスマートウォッチだが、実は年々進化しておりクラシックなデザインの商品も開発されてきた。例えばレザー製品や万年筆などでお馴染みの老舗企業モンブランは、2017年にスマートウォッチ「モンブラン サミット」をリリース。最高級カーフスキンレザーを使用した伝統的デザインにハイテク機能を組み合わせた腕時計となっている。

 

そしてソニーは、ヘッド部分を自由につけ変えられるスマートウォッチ「wena wrist」を販売。スマートウォッチとしての機能はすべてバンド部分に集約されているため、ヘッド部分は好みのデザインを選択出来る。

 

ハイテクな機能に注目が集まりがちなスマートウォッチだが、今後はデザイン性に重きがおかれていくのかも?

TAG
SHARE ON