家電
2019/1/14 17:00

「毛玉取り器」はどれがオススメ? お出かけ前でもさっと使える5選

毛玉ができやすいセーターにカーディガン、マフラー。せっかくのお気に入りアイテムでも、いたるところに毛玉ができてしまうとがっかりですよね。とはいえ、はさみでカットしようとすると、うっかり大事な生地を傷つけてしまう可能性もあります。そんな時に便利なのが毛玉取り器。今回は、忙しい朝の出かけ前でも、気になる部分にさっと使える毛玉取り器をご紹介します。

 

目次

 

 


生地を傷めず素材の風合いを守りながら毛玉をカット!


テスコム 毛玉取り器 KD778-H

 

毛足を残す長さを3段階に調節でき、生地を傷めず素材の風合いを守りながら毛玉を取り除けるのが特徴。パワーが落ちない交流式、AC電源なのでケアしたい衣類の量が多くても安心です。大型カッターなので大きめのセーター、アウターウェアにも対応できます。自動電圧切替式で海外対応。

【詳細情報】
サイズ:105×58×170mm(ガード別)
重量:165g

 


持ち運びしやすいコードレスタイプのミニ毛玉取り器


テスコム 毛玉クリーナー KD333-A

 

電源コード不要の電池式で、いつでもどこでもお手入れが簡単にできるミニサイズの衣類用毛玉取り器。毛玉を取ったあとのゴミはケースにたまるので、ケアをしながら毛玉が散らかる心配もありません。ケースにエチケットブラシもついているので、お手入れの後のちょっとした毛糸のくず取りに便利です。

【詳細情報】
サイズ:68×97×43mm(ケース別)
重量:85g(ケース別)
電源:DC3V(単三アルカリ乾電池2本 別売)

 


ハイパワー吸引力で厚手の生地にも対応!


Mimiry 毛玉クリーナー CL-1

 

切れ味抜群のステンレス製3枚刃を採用し、衣類の毛玉を綺麗にカット。圧倒的なハイパワー吸引力で、じゅうたんやカーテンなどにも対応する毛玉取り器です。また、3段階のカッター距離調整機能があり、セーターやトレーナー、ソックスなど生地の性質に合わせた生地を痛めない適切なカットができます。
電源から離れた場所でも使いやすい2mのロングコード付き。コンセントタイプなので使用時間を気にすることなくパワーを維持したまま使用できます。

【詳細情報】
サイズ:206×138×77mm
重量:340g

 


コスパの良さが評判の乾電池式毛玉取り器


IZUMI 毛玉とるとる KC-NB17-H

 

乾電池式なので思い立ったときにすぐに使え、衣類を着たまま毛玉カットもできる毛玉取り器。生地保護リング付きなので、薄手の生地のお手入れも可能。静電気防止剤配合で毛玉やほこり、糸くずが付きにくいダストボックス付きです。乾電池式で低価格の商品なのに「思った通りの仕事をちゃんとしてくれる便利グッズ!」「この値段でこれだけの性能だったら大満足!」とユーザーの満足度も◎。

【詳細情報】
サイズ:63×95×147mm
重量:155g
電源:DC3V(単三アルカリ乾電池2本 別売)

 


USB充電式&乾電池式のダブル電源!


HOMEMAXS 毛玉取り USB充電式&乾電池両用式

便利なバッテリー内蔵&USB充電式の毛玉取り器。50mmの大型カッター刃・高速回転モーター付きなので、大切な衣類を守りながら手早くきれいに毛玉をカット。保護カバーが外れたり、ゆるくなったりすると、毛玉取り機が自動的に停止する安全機構付きです。また、服を着たまま衣類に付いた毛玉をカットすることも可能。一度充電すると約45分使用できるほか、充電しながらも使用可能。USB2.0対応しているアダプターやモバイルバッテリーと接続して充電でき、海外でも問題なく使えます。

【詳細情報】
サイズ:197×134×115mm(外装)
重量:330g

 

目次に戻る

 

 

TAG
SHARE ON