家電
美容家電
2019/2/14 20:00

光脱毛器は「男にも便利」って知ってた? パナ最新「美容家電2モデル」仕組みと効果が興味深い

パナソニックが2017年に銀座にオープンした「Panasonic Beauty SALON銀座」。こちらは同社の美容家電を使ってセルフエステができるサロンです。今回、「2019年春夏 タッチアップウィーク」と題し、春夏向けのパナソニックビューティー製品を展示した「シークレットルーム」を開催するとのこと。肌の露出が増える春夏に向け、いまから肌をケアするのが大切。…でも面度くさい~…と思っていたところ。家電で手軽にケアできるなら、それに越したことはありません。これはぜひ行ってみなければ!

 

まずは美容成分を肌に浸透させる導入美容器をチェック

というわけで同店を訪れた筆者。そちらでメインとして紹介された新製品が、導入美容器イオンエフェクターEH-ST97と、光美容器 光エステ ES-WP81です。

↑手前が3月20日発売の光美容器 光エステ ES-WP81(実売予想価格は7万5000円前後)、奥が6月1日発売の導入美容器 イオンエフェクター EH-ST97(実売予想価格は4万6000円前後)

 

・光エステ ES-WP81

 

・イオンエフェクター EH-ST97

 

それではそれぞれを詳しくみていきましょう。まずは導入美容器 イオンエフェクターから。本品は化粧水や美容液を肌の奥まで浸透させながら、肌ケアを行う機器。よくみると、前後に2つのヘッドが搭載されているのが分かります。

↑横から見るとこのようなフォルム。前後に2つのヘッドを備えているのがわかります

 

5つのモードのなかで注目は「プレケアモード」

モードは、高分子美容成分の浸透を高める「プレケアモード」、冷却によって肌を引き締める「クールモード」、肌にやさしく余分な汚れを取り肌の表面を整える「(導出)スキンクリアモード」、化粧品のビタミンCを肌の角質層まで届ける「(導入)ブライトニングモード」、化粧品の保湿成分を肌の角質層まで届ける「(導入)リズム保湿モード」の5つのモードを備えています。

↑この金属製のヘッドが「プレケアモード」以外で使うイオンヘッド。温かくして使ったり冷たくして使ったりします

 

↑背面の大きめの白いヘッドが「プレケアモード」で使うプレケアヘッド

 

なかでも注目なのがプレケアモード。いつもの化粧水の浸透が、ヒアルロン酸なら5.7倍、コラーゲンなら5.0倍になるというのだから驚きです。

↑プレケアモードを使うとヒアルロン酸、コラーゲンの浸透性が高まります

 

↑新製品では、電極を密度化して電位パルスを高密度に発生させて、さらに浸透率をアップさせました

 

角質すきまを埋める細胞間脂質を一時的にゆるめる

本品の仕組みを知るには、まずは肌の仕組みから知っていきましょう。肌の一番外側にあるのが角質層。その角質層は角質細胞と細胞間脂質からなっています。細胞間脂質は、角質細胞のすきまを埋めています。この細胞間脂質は脂質と水分が何層も重なる「ラメラ構造」で、外部からの異物が侵入しにくい構造となっています。そして、このラメラ構造に注目したのが「プレケアモード」。ラメラ構造を一時的にゆるめ、ヒアルロン酸などの成分の通り道を作るというのです。

↑「ラメラ構造」という角質細胞をゆるめます

 

↑緑に光っているところがヒアルロン酸です。左側の手塗りと比較すると、「プレケアモード」と「リズム保湿モード」を使った肌(右)は肌の奥まで浸透していることが分かります

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON