家電
2019/3/29 19:00

渋滞の車内は空気がヒドイことに! GW用に排気ガスやニオイも取れる「車載用空気清浄機」はいかが?

今年の花粉飛散量は、北海道・北東北は例年より少ないものの全国的には多めで、なかには昨年の7-9倍にもなる地域があると予想されています。この時期、外出するのが憂鬱な人は多いことでしょう。

 

車内の空気は外に比べて15倍も汚れている!

スウェーデンの空気清浄機ブランド「Blueair(ブルーエア)」製品を扱うセールス・オンデマンドによると、自動車の車内の空気は外の空気に比べて15倍も汚れているそうです。さらに、渋滞中や信号待ちの車内は、走行中に比べて40%も空気の質が悪化するとか。こちらはヨーロッパのデータですが、排気ガス規制の厳しいヨーロッパでこれほどなのですから、花粉も含めて日本では車内の空気は相当汚れているのではないでしょうか。

↑欧州での調査ですが、車の中の空気は外位比べて15倍汚れており、信号待ちや渋滞ではさらに40%悪化するという結果が出ています

 

さらに、セールス・オンデマンドの調査によると、ドライバーの3人に1人は運転中に花粉症の症状でヒヤリとした経験があるそう。確かに、運転中にくしゃみが止まらなかったり、涙が止まらなかったりすると危ないですよね。

↑排気ガスや花粉、PM2.5だけでないうえ、タイヤくずや砂、車内の芳香剤、洗車洗剤・ワックスなどの化学物質も車内に取り込まれます

 

↑下2つは日本での調査。3人に1人は運転中には花粉症の症状でヒヤリとし、自動車ユーザーの65%は車内空気環境を改善したいと考えています

 

車内の空気環境に着目し、ブルーエア初の車載用空気清浄機を発売

というわけで、セールス・オンデマンドはブルーエア初の車載用空気清浄機「Blueair Cabin(ブルーエア キャビン)」を3月15日(金)から発売すると発表しました。P2iとP2iDの2種類ですが、P2iDはP2iの2個セットで、1個あたりの性能は全く同じ。車内の広さ、求める清浄スピードに応じて選べます。価格は、P2iが2万9000円、P2iDが4万8000円(ともに税抜)。当面はブルーエアの公式オンラインストアおよび一部のオンラインショップのみの発売となります。

↑右がBlueair Cabin P2i、左が同P2iD。写真ではサイズが異なるように見えますが、1個あたりは全て同じサイズ、同じ性能です

 

↑P2iDならセダンタイプの場合、わずか3~4分で車内の空気を清浄できます

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON