家電
2021/8/19 18:30

小型なのにデニムや厚手の生地も縫える! コンパクトミシンおすすめ5選

外出自粛期間中に手芸を始めたり、自分でマスクなどの小物を作る人が増えたことで、今改めて注目を集めているミシン。そこで今回は、収納スペースを取らないコンパクトタイプのミシンをご紹介します。「ミシンを使ってみたいけど、置く場所がなくて……」と迷っていた人は必見です!

 

目次

 


作業が捗る足踏みスイッチ式!


ジャノメ Sew D’Lite JA525

2.2kgと片手で持てる重さのミシンながら、8種類の縫い模様を選択できる本格派。足踏みスイッチ式なので両手で作業をすることができます。糸絡みの少ない水平釜なので、初心者でも下糸のセットが簡単にでき、透明カバーで下糸の残量も一目でわかります。レバー操作で返し縫いも簡単です。複雑な操作もなく子どもにもやさしく、スピードもゆっくりなのでミシン入門機としてもおすすめです。

【詳細情報】
サイズ:29×12.7×22.8cm
重量:2.2kg

 


取扱説明DVD付きだから使い方がわかりやすい!


ジャガー KD-850

買ったその日から使える取扱説明DVD付きのミシンです。電子制御で厚地縫いも安心。縫い終わりは針が常に上で停止するので布が取り出しやすく、便利な針上停止機能を搭載。返し縫いレバーを押すと、最低速で返し縫い。レバーを離すとストップします。サイドのボタンを押すと押えが水平に保たれ、生地に段差があっても楽に縫える段差対応押えを標準装備。7枚送り歯の採用により、確実でパワフルな布送りを実現。針穴への糸通しがとても簡単な自動糸通し器も。LED採用の手元ライトで作業性もアップします。

【詳細情報】
サイズ:36.3×19.1×28.0cm
重量:5.6kg

 


初心者の入門ミシンとしておすすめ!


KPCB ミシン KPCB-201

コンパクトなミシン本体と、ケース・副尺付きの拡張テーブルがセットになっています。衣類の袖やバンツの裾など、筒状の物が縫いやすくなるアームスリット設計。フットペタル付き。アダプタ電源に加え、乾電池4本でコードレス可動も。簡単にスピードを調整できるので初心者にも使いやすく、「ミシンを使ったのは家庭科の授業のみの超初心者です。子供のズボンの裾上げ用に購入しました。本当に超初心者のわたしでも使えました」というユーザーも。

【詳細情報】
サイズ:17.5×8.9×21.8cm
発送重量:1.3kg

 


ほかにはあまりないシックなデザインが人気!


JUKI HZL-40DX

機能はもちろんシックなデザインにもこだわったミシン。レバーを下げてくるっと押し戻すだけで楽に糸通しができる「自動糸通し」、ボビンを入れてガイドに沿って糸を掛けるだけで下糸のセットができる「クイック下糸セット」を始め、標準糸調子、4ステップボタンホール、針上停止機能、縫い速度調節などさまざまな機能を搭載しています。縫い模様も10種類あり、裁縫の幅が広がります。レビューには「直感的に使えて、説明書も分かりやすいので、初心者でも扱えるかと思います」という声も。

【詳細情報】
サイズ:38.8×28×19.8cm
重量:5.9kg

 


ステープラーのように使える超コンパクトミシン


Zerotone ハンドミシン さくら柄の裁縫セットつき

とにかくコンパクトであることを重視する人におすすめなのが、持ち歩きできるハンディミシン。ステープラーのような形をしているのが特徴です。本格的な裁縫には向きませんが、ちょっとしたほつれなど、簡単に済ませたいものなら、手縫いするよりもサクッとできるのでおすすめです。クラフト、ウール、レザー、デニム、シルク(いずれも厚さ1mmまで)など、幅広い生地に対応できるのもGood。ただし、タオル生地、ナイロン生地など、すべりやすい布地や、ごく薄手の生地は布送り歯が空回りするので、向いていません。

【詳細情報】
梱包サイズ:7.4×15.5×21.2cm
発送重量:0.43kg

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON