ライフスタイル
2017/1/26 11:07

北海道は富士山の山頂よりも寒い! 意外と知らない日本の「最低気温」ランキング

1月に入ってから、日本列島に押し寄せた寒波が各地で猛威をふるっている。そのなかでも、日本最北端の都道府県「北海道」は別格の気温を記録。あまりの低気温に「北海道民大丈夫なのか?」「俺だったら絶対に生きていられない……」など、Twitterをはじめとしたネット上ではどよめきが起こっている。

出典画像:投稿者名 / タイトル (from Flickr, CC BY 2.0)
出典画像:sayot / Snowman (from Flickr, CC BY 2.0) ※画像はイメージです

 

冷凍庫よりもずっと寒い北海道

1月24日、北海道の上川地方各地で最低気温が「-30℃」を下回った。なかでも、最も気温が低かったのが占冠村の「-32.8℃」。道内で氷点下32℃を下回ったのは3年ぶりとのことで今年は記録的な寒さであることがわかる。道内では最高気温でも氷点下。この状況に「人間が生きられる世界じゃねえ」「こんな過酷な地が日本にあったとは」「どんな服というか防具を着用すれば生活できるのですかね」と驚きの声があがっている。

 

また「冷凍庫よりも寒いってことかな、ヤバ過ぎるだろ」なんて声もあがっていたが、参考として冷蔵庫は0~8℃程度、冷凍庫は-18℃程度が一般的と言われている。冷凍庫内よりはるかに寒いなか、北海道民は暮らしているのだ。

 

今年はまだマシ? 歴代最低気温ランキング

ただ、この気温に対しても「そうかそんな気温か、温暖化の影響だな……」と信じられない声をあげる北海道民もいる様子。そこで国土交通省気象庁の発表している歴代の最低気温を見てみると、1位は1902年1月25日に北海道の上川地方「観測地点:旭川」が記録した-41.0℃だった。次いで、1902年1月26日に北海道の十勝地方「観測地点:帯広」が記録した-38.2℃、1978年2月17日に北海道の上川地方「観測地点:江丹別」が記録した-38.1℃がランクインしている。(各地点の観測史上1位の値を使ってランキングは作成されている)

 

そして、4位に入ったのは1981年2月27日に静岡県の「観測地点:富士山」が記録した-38.0℃。「観測地点:富士山」は標高3775m地点で計っているようで、北海道は富士山の山頂よりも寒いということになる。実際に今年も、北海道が「-30℃」を下回っていた1月24日の富士山の最低気温は-29.8℃だった。

 

なお、2000年以降では2001年1月14日に北海道上川地方の「観測地点:占冠」が-35.8℃を記録している。ちなみに沖縄県では、このところも10℃台後半という天気が続いており、北海道と比較すると気温差が50℃程度。それに比べると、今年の気候はまだマシなのかもしれない。

 

【URL】

歴代全国ランキング http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/rankall.php

TAG
SHARE ON