ライフスタイル
2017/3/29 15:00

ついにインスタグラムに店舗予約機能が! 「食べログ」「Yelp」「ホットペッパー」の対抗馬になれるか

Facebook(フェイスブック)の傘下であるInstagram(インスタグラム)は、同社の広告主が世界で100万を突破したと発表。2016年9月に50万を突破したというニュースが出たばかりなので、驚異の伸び率を記録している。そして、その場で共に発表されたのが、インスタグラムに今後、お店の予約機能が備わる見通しだということ。ここでは、いまもっとも勢いがある会社のひとつであるインスタグラムの新サービスについて紹介していきたい。

※画像はイメージです。
※画像はイメージです

 

インスタグラムに予約機能が備わる!

今回発表されたサービスが、お店の予約機能追加だ。例えば、とある美容院のインスタグラムのプロフィールページに新たなボタンを追加し、それをクリックすることで予約ができるようになるといったものだ。この機能が今後、数か月以内に導入される予定だという。

 

インスタグラムのアカウントを持っている事業は約800万と言われており、インスタグラムユーザーの80%はビジネスに繋がるとインスタグラムの企業担当責任者、ジェームズ・クアーレスは語っている。これにはネット上で「まあこんな時代が来るとは思ってた」「プライベートで載せてる人より仕事で使っている人の方が多くなってきてるもんな~」「これでインスタの需要はますます高まっていくんだろうな」との声が上がっている。

 

インスタ予約機能のライバルは?

アメリカのニュースサイト「ブルームバーグ」では、この試みについて「Challenge to Yelp」と「Yelp」への挑戦として取り上げられていた。

 

「Yelp」とはアメリカで有名なサービスで、日本でいうと「食べログ」や「Retty」が飲食店以外も掲載しているイメージだ。店舗のレビューを読んで、予約、地図の表示といったことが可能で、そのほかにもステマをさせないためのレビューの厳選、ブックマーク機能、ユーザー同士のコミュニケーションといった機能も備えられている。

 

インスタグラムでは現在、予約機能はないもののアカウントを持っている店員が「インスタを見たとご予約していただいたら500円offさせて頂きます」といった投稿をして、既にインスタを通しての予約を受け付けている例はある。そのため「Yelp」や「食べログ」「ホットペッパー」といった大手サービスの対抗馬にインスタグラムがなることは十分に考えられるだろう。