ライフスタイル
2017/5/5 15:00

広大な北米大陸をグーグルストリートビューで一望! GW中に見に行きたい名所の数々

魅力的な名所の数々がひしめく“北米大陸”。しかしその土地は広すぎて、実際に訪れて短期間で観光するのは難しいもの。そこでGoogleストリートビューを活用して、自然豊かな大陸を旅してみてはいかがだろうか。

出典画像:「Google ストリートビュー」より。
出典画像:「Google ストリートビュー」より(以下:同)

 

北米大陸の歴史が感じられる「グランド・キャニオン」

出典画像:「Google ストリートビュー」より。

アメリカ・アリゾナ州の「グランド・キャニオン」といえば、世界でも有数の大峡谷。地殻の変動やコロラド川の浸食によって生み出された峡谷は、長さ400km以上、平均1200mの深さを誇っている。長い時間をかけていくつもの地層が積み重なっているのも特徴で、最も深い地層は先カンブリア時代の約20億年前に形成されたもの。ぜひストリートビューで訪れて、北米大陸の歴史に想いを馳せてほしい。

 

 

ド迫力の大瀑布「ナイアガラの滝」

出典画像:「Google ストリートビュー」より。

アメリカからカナダに跨って存在する「ナイアガラの滝」は世界三大瀑布の一つ。カナダ滝・ブライダルベール滝・アメリカ滝の3つからなっていて、最も規模が大きいのは特徴的な馬蹄形をしているカナダ滝。約50mの高さに600m以上の幅を持っていて、世界でも最大級の大きさだと言われている。空に昇っていくようなしぶきを立てて豪快に落ちていく滝は、まさに絶景だ。

 

 

「キャピラノ吊り橋」を渡れば“森林浴”気分に!?

出典画像:「Google ストリートビュー」より。

カナダ・バンクーバーを代表する観光スポットが「キャピラノ吊り橋」。長さは約137m、高さは約70mで、人が歩く橋としては世界でも最大級の長さだという。ストリートビューではこの巨大な橋を渡っていくことができるほか、公園の豊かな自然も満喫できる。森の中に設置された木製の通路を移動し、“森林浴”気分を楽しもう。ちなみに、園内にはカナダでお馴染みの「トーテムポール」もあるので、探し回ってみるのもいいかもしれない。

 

 

名画の数々を観賞できる「メトロポリタン美術館」

出典画像:「Google ストリートビュー」より。

北米大陸の名所は大自然だけではない。ニューヨーク・セントラルパークの敷地内にある「メトロポリタン美術館」も必見の観光スポット。世界3大美術館にも数えられる同美術館は300万点以上の作品を収蔵していて、ヨーロッパの名画はもちろんエジプトのミイラまでバリエーション豊か。ストリートビューを使えば美術館の中まで訪れて、そのコレクションを自宅にいながらにして堪能できる。

 

TAG
SHARE ON