ライフスタイル
アウトドア
2017/6/5 10:45

もう寝るときに窮屈な思いをしなくて済む! ズボラ野郎にうれしい「そのまま動ける人型寝袋」3選

寝袋といえば、筒状になっていて、就寝時そのなかにすっぽりかぶって使うものだと思っていませんか? 今、国内外でこれまでの寝袋のイメージを覆す、人型寝袋が「動けて快適」と話題になっています。

 

人型寝袋なら、窮屈さやジッパーの開閉が面倒くささもありません! 就寝時に解放感がほしい方にピッタリのアイテムです。インターネット上で注目度が高い3品をご紹介します。今夏のキャンプや野外フェスでぜひ活用してみてください。

 

【その1】切り離して使える人型寝袋「HUMANOID SLEEPINGBAG ver7.0」

20170530_04

まず「HUMANOID SLEEPINGBAG ver7.0」は、上半身、下半身、足部分が切り離せるタイプの寝袋。寝袋としてだけでなく、ジャケット、防寒パンツ、防寒用インナーシューズとパーツ使いが可能。

 

20170530_03

 

防寒着と寝袋両方を持っていく必要がないので、荷物を減らすことができます。室内でも使いやすく、防寒アイテムとしても役立つこと間違いなし! 暖房費も節約できると人気です。

 

寝袋本体は手洗い可能なので、汚れてもすぐに洗えるのが嬉しいポイント。圧縮可能な専用バッグ付きで、コンパクトに収納できて持ち運びにも便利です。

 

サイズ は、フィットサイズ、レギュラーサイズ、ルーズサイズの3種類。それぞれ重量は1.3kg、1.45kg、1.6kgとなっています。またカラーは、ライトブルー/グレー、ブラック/オレンジ、トリコロール、ブルー/グレーの4色を展開。楽天市場やAmazonから購入可能。価格は相場よりやや高めの1万4227円ですが、その価値は十分にあります。

 

【その2】着たまま歩ける人型寝袋「SEXY HOTNESS SLEEPING BAG」

20170530_01

続いてのALITEの「SEXY HOTNESS SLEEPING BAG」は、海外で話題を集めている寝袋。脚部にジッパーが付いていて、開けることで、寝袋を着たまま歩くことができます。夜中にトイレに行きたくなっても、いちいち寝袋を脱がなくて済みます。

 

利用者からは「簡単に脚を出せるから、換気もできるし、睡眠時の姿勢も変えられて楽だわ」との声も。暑い時も、脚部を開けて寝られるので快適でしょう。

 

上半身のジッパーを開ければ、腕も自由に使えるので、着たままコーヒーを飲んだり、本を読んだり、スマホを見たりできます。さらに本体の左右にそれぞれジッパーが付いていて、同じサイズ同士をドッキングすることも可能。お泊まり会のときに使用すれば、一晩中おしゃべりが続くはず。

20170530_02

こちらはM、Lの2サイズを展開。重量はMサイズ約1.5kg、Lサイズ約1.7kgです。価格は169ドル(約1万8000円)。海外製ですが、日本でも購入可能。ALITE社の公式通販サイト、楽天市場、Amazonから販売しています。

 

【その3】スター・ウォーズのコスプレもできる人型寝袋「Selk’bag」

20170530_06

最後に紹介する「Selk’bag」は、スター・ウォーズ柄の人型寝袋。シンプルな寝袋が多いなか、ユニークなデザインは注目の的。「着るだけで楽しい気持ちにさせてくれる」と好評です。

 

デザイン性だけでなく、機能性も優れています。足元部分を外せるので、寝袋を着たまま、靴を履いて移動することができます。

 

また袖先から手を外に出すことができて、自由度が広がります。防寒着としても使えて、眠くなったらそのまま寝ることができます。自分に手足を動かせる人型寝袋なので、好きな姿勢で寝られるのも大きなメリット。

 

20170530_05

 

サイズは、S 、M、L 、XLを展開。重量は、Sサイズ約1.4kg、Mサイズ約1.5kg、Lサイズ約1.7kg 、XLサイズ約2kgです。キッズサイズもあるので、親子でペアルックにしてもいいかも。

 

価格は109ドル(約12000円)。こちらも楽天市場やAmazonで購入可能。スター・ウォーズファンの友達へのプレゼントにしても喜ばれるはず。

 

自由に動ける人型寝袋は、アウトドアだけなく、冬の防寒着や災害時にも使えます。いろんなシーンで役立つので、ひとつ持っておくのはいかがでしょうか?