ライフスタイル
アウトドア
2017/6/6 11:00

沈まないので腰が痛くならない! 新感覚のハンモック体験を味わえる「LEVITAT」が海外で話題に

最近、自宅で使える自立式ハンモックやハンモック体験できるお店が次々と登場し、憧れのハンモックを手軽に楽しめるようになっています。ハンモックには、想像するだけでリラックスさせてくれる強力なパワーがありますよね。

 

しかし、ハンモックは動きが制限されます。中に入って本を読むか、居眠りをするしかできません。そのため、しばらくすると腰が痛くなることも……。

 

そんななか、海外でこれまでハンモックの限界を広げてくれるプロダクトが登場し、話題になっています。これはもハンモックの魅力をキープしたまま色んな応用法を提案してくれる、画期的なアイテムなのです!

 

トランポリンみたいに弾力性のあるハンモック「LEVITAT」

20170603_kondo8

宙に浮いたマットという謳い文句で人々の注目を集めているのが、こちらの「LEVITAT」。大人3人と子ども5人が楽にのれてしまう大きさ。見るだけで「これはのりたい!」とウズウズしてきます。

 

20170603_kondo7

 

従来のハンモック、確かに心地良いものの色々な姿勢を取るのは難しいんですよね。一度入ってしまうと方向は変えられないし、体勢がきつくなってしまいます。

 

しかし、ピーンと引っ張られて広がったこの「LEVITAT」であれば、まさに宙に床が現れたかのように、この上に寝転がって上をむいたり下をむいたり、ヨガをしたり、手足を広げて居眠りすることも可能。

 

20170603_kondo10

Kickstarterでも「これはまさにオレが探し求めていたプロダクト」「屋根になる覆いを上に広げて、夜ここで寝たり、地面にカバンが触れないようにカバン起きにしたり」と色々な可能性に夢を広げるコメントが溢れています。

 

ひとつ2万円弱という価格も人気の秘密なようです(ただし海外発送料は別)。キャンピング用品で本格的なものは非常に高いですからね。揺れすぎないので、小さい子どもの外遊びにもよさそうです。

 

シートやシェルターにもなるハンモック「M.C. Hammie」

20170603_kondo11

M.C.ハマーかと空目をしてしまいそうな「M.C. Hammie」も、ハンモックの可能性を広げています。

 

ひとつ9000円強で購入できる「M.C. Hammie」は、基本的にはハンモックです。しかし、広げるとブランケットやシートとして使え、また三角に立ち上げることでシェルターとしても使えるデザインになっています。

 

ハンモックは素晴らしいアイテムですが、1人か2人しか入れないため大勢で遊ぶときにはあまり活用されません。

 

20170603_kondo6

また、キャンプ先にハンモックに使える適切な木やポールが見つからないことも。「せっかくハンモック持って来たのに」と、ただ荷物を増やしただけの事態に陥ってしまうことが多々あります。

 

20170603_kondo2

しかし「M.C. Hammie」であれば、必要に応じて皆で座って食事をするためのシート、荷物を直射日光から守ったり自分自身も中に入れるシェルター、寒い時に身を包むブランケット、と利用目的を変えることが可能。

 

20170603_kondo3

あまりの汎用性の高さに、「こんなのが欲しいって思ってたんだ!」「これは素晴らしい」と絶賛の声が集まっています。

 

20170603_kondo1

それぞれの目的別にアイテムを購入していると荷物も出費もかさばりますが、これがあればどちらも解決してくれるというわけですね。ちなみに素材は、耐水性に優れたDWRリップストップを利用しているそうです。

 

20170603_kondo5

完全防水ではないものの、開発者は「雨の中でもシェルターとして満足に利用できた」と自信のコメントを書き込んでいます。数々の海外メディアでも取り上げられている「M.C. Hammie」の海外への配送料は2100円です。

 

ぜひ目を閉じて、これらのハンモックに揺られているところを想像してみてください。自然と顔に笑顔になり、仕事でたまった疲れも吹き飛ぶはずですよ!