ライフスタイル
2017/6/7 16:00

もうキッチンがゴチャゴチャしない! 片付けストレスなしで料理できる「分別まな板」が海外で大人気

料理しているとき、材料や調理器具、ゴミやら何やらがいつの間にかそこら中に散らばって困ったことはありませんか?

 

食後はゆっくりしたいのに、ゴチャゴチャになったキッチンを片付けないといけないのは非常に辛いもの。そのせいで、自炊したくなくなった人は筆者だけではないはず! そう、自炊習慣も身に付けたいなら、段取りよく料理するスキルを習得する必要があります。

 

手っ取り早い方法は、便利アイテムを取り入れること。とくに自炊初心者におすすめしたいのが、海外で大人気の効率よく料理できるようになるキッチンツールです。

 

切ったものを分別できる便利なまな板「Frankfurter Brett」

20170604_kondo3

「Frankfurter Brett」は、料理大好きな双子のシュライター兄弟がレストランの調理場での体験をなんとか自宅のキッチンでも再現するために開発したまな板です。

 

プロの調理師が大量のメニューをさばくキッチンでは、作業フローの効率化は最重要項目のひとつ。お客さんが多くて忙しいときに思いついたのが、まな板のすぐ下に容器をセットして切ったものをそのまま包丁で手前に放り込む、というフロー。

 

この「Frankfurter Brett」はただのまな板ではなく、それを自宅でできるようにデザインした、まな板を中心にした作業システムなのです。

 

20170604_kondo2

まな板の長い辺からはプラスチックの箱を3つ設置できる構造が飛び出してきます。玉ねぎを切るとき、皮や芽といった廃棄部分を真ん中の箱に、みじん切りにしたものは右の箱に、ストンストンと落としていくことができます。

 

これにより、ゴミ箱のところに持って行って戻って来て、といった移動が無くなります。左の箱には必要に応じて皮むき器やヘラといった容器を入れておくことが可能。手前でなく、右にもプラスチックの箱を取り付けることもできます。キッチンのレイアウトに合わせて選べるようになっているのです。

 

20170604_kondo4

もちろん、これだけではありません。さらにまな板の上の辺には斜めにプラスチックの箱を設置することができ、調理に必要な食材をまとめてそこに入れておけます。

 

つまり、この箱があることで、人参が切り終わったら玉ねぎ、次はジャガイモ、と立ち位置を一切動かずにどんどんと作業を先に進めていけるわけです。これはわかりやすい。自炊初心者に心強いアイテムではないでしょうか。

 

便利な「Frankfurter Brett」は一番大きなサイズのフェニックスが5万6000円、フェニックス・ミニ版が4万7000円、一番小さいミニ版が2万4000円とお値段は張ります(海外発送料別)。

 

しかしTwitter上では大好評。たとえば、「これ、すごくすごくほしい」「これがあれば、どういうわけかいまより料理するような気がする」などと料理愛好家たちを刺激しています。プロの調理師たちも自分のキッチンで利用している写真をいくつも投稿しているので、5万6000円分の価値はありそうです。

 

ただのフタ置きにとどまらない便利スタンド「Trivae」

20170604_kondo7

味見するために鍋のフタを開けたら、フタの置き場所に困ってヤケドしかけた経験、誰でもあるはず。そんなときにヤケドもせず水滴も垂らさずにフタを置けるスタンドが、こちらの「Trivae」です。

 

20170604_kondo5

 

ひとつ8800円のこのツールはもちろん、ただ熱い鍋のフタを置くだけが役目ではありません。畳んでしまえば熱い鍋の鍋置きとしても使用可能。収納する際に、余計な場所を取りません。

 

20170604_kondo8

食卓の真ん中にちょっと高さの違うお皿に料理が並んでるだけで、雰囲気が一気に変わりますよね。「Trivae」は、その上にお皿を載せることで、マンネリになりがちな食卓にバリエーションを持たせることもできます。

 

20170604_kondo6

180度に広げてしまうと、オーブンから出したばかりの大きな天板もその上に載せることが可能。中央のアーム部分は下に向かって若干カーブを描いているので、真ん中のアームが熱くなることはありません。

 

e591c485818369f0b60ab731501f8c3b_original

ありそうでなかったスタンドですよね。そのため、コメント欄には「待った甲斐があった!」「すごくいいプロダクト。作りもしっかりしてるし、すぐに試してみた」「すごく頑丈にできてる」「素材のクオリティが本当にいい」と絶賛の声が集まっています。

 

かなりしっかりしたプロダクトにできあがったようで、料理愛好家たちが求める高い水準も満たしてくれているようです。

 

おいしい料理をつくる方法はレシピを見れば大体わかりますが、狭いキッチンのなかで効率よく作業する方法は誰も教えてくれないもの。しかし、こういったアイテムを駆使すれば余計なストレスがなくなり、自然と自炊習慣が身に付くはずですよ。