ライフスタイル
2017/7/4 17:30

盗まれたら窃盗犯の顔写真を撮ってくれる! 信じられないくらい便利な「パーフェクト財布」3選

財布って、誰でも持っていながら、誰もパーフェクトなものを持っていないと思いませんか? 大きさも素材も用途も人によって大きく好みが異なるので、自分にあった「これだ!」という財布を見つけるのはなかなか難しいんですよね。

 

最近は、ガジェットの小型化で財布自体が小さなガジェットになっていたり、財布に収まる小型のガジェットがたくさん開発されたりしています。そんな3種類の財布を紹介するので、どれかひとつはビビッとくるはずですよ。

 

【その1】窃盗犯の顔写真も撮ってくれる財布「Volterman」

20170630_kondo1

ひとつ1万4000円で予約受付中の「Voltuerman」(海外発送料別)、パッと見は普通の財布ですが、中にはデバイスを充電できるモバイルバッテリーが埋め込まれています。

 

20170630_kondo2

「なるほど、スマホやタブレットを充電できる財布ね、それならモバイルバッテリーを持ってるからいらないかな」と興味を失うのはまだ早いですよ。ガジェット的財布の頂点に君臨しそうなプロダクトなのです。

 

財布で一番怖いのは置き忘れや窃盗。この「Volterman」はなんと、スマホとの距離が一定以上離れるとアラームが通知してくれます。両方でアラームが鳴るのでスマホを置き忘れたときでも財布を置き忘れたときでも、どちらか片方さえ持っていれば置き忘れに気づけるという仕組み。

 

20170630_kondo3

タクシーや電車の中に置き忘れてしまった場合は、GPSによる位置情報トラッキング機能をオンにすることでどこに財布があるか知ることができます。

 

20170630_kondo4

さらには盗難モードに設定すると財布の中に隠されている小型カメラが、財布を開いて覗き込む窃盗犯の顔写真まで撮ってくれるオプション付き。

 

20170630_kondo5

写真は手元のスマートフォンに届くので窃盗犯の顔を確認して、GPS情報を利用すれば犯人の居場所と個人を特定することができるわけです。「Volterman」、本気です。

 

日本では落とした財布も中身も盗られずに交番に届けられたりしますが、アメリカではそんな奇跡は起きません。窃盗や置き忘れに関するこういった機能が何重にも備え付けられるのはニーズがあるからなのです。

 

さらには財布の中にはSIMカードが埋め込まれており、海外旅行に行った時にモバイルルーターとしても使えるそう。低価格で「Volterman」が提供するWi-Fiホットスポットサービスが使えるそう。もちろんRFID保護もされています。

 

ここまで何から何まで揃っていれば、スマートウォレットの名前もピッタリですよね。コメント欄にも「信じられないくらい便利なアイテムだよ、本当に!」「すばらしいアイデア! これには100%推薦できる!」とプロダクトの機能満載さにビックリなコメントがたくさん集まっています。

 

Indiegogoのキャンペーン開始から数日であっという間に目標金額を達成し、今では目標の230%である1200万円ほどに達する勢いです。発送は今年12月予定。財布をなくしたことがある人にとっては救世主のようなプロダクトですね。

 

【その2】必要なカードだけ取り出せる財布「3C CARBON CLIP」

20170630_kondo6

コインの金額が小さいアメリカなどの国で人気なのは、財布の代わりにお札とクレジットカードなどを挟めるカードホルダー式の財布を持ち歩くこと。

 

コインは一切持ち歩かないことで、カードホルダーであればスリムなパンツのポケットにも入れられるしミニマルなかっこいいデザインがたくさん世に出されています。

 

そんなカードホルダーとして注目されているのがKickstarterで資金獲得中の「3C CARBON CLIP」です。カーボンファイバーで作られており、頑丈で傷もつきにくく、また軽量、そして当然RFID保護もしてくれるとのこと。

 

「3C CARBON CLIP」のようにカードとお札を挟むだけのクリップ式のデザインは、究極のミニマルデザインとして大人気。

 

クリップ式は極限まで薄く小さくできて楽なのですが、クリップなので必要なカードだけを取り出すのが少し面倒なのと、素材によってはクリップとして機能するために外側に向かって跳ね上がるデザインになっていて、これが薄さの邪魔になっているのです。

 

その点、「3C CARBON CLIP」は凹みデザインの部分を押すことでカードをトランプのように広げることができ、必要なカードだけパッと取り出すことができて便利なんですね。クリップでありながら外に跳ね上がるデザインでもないのでポケットにも違和感なくフィットします。

 

20170630_kondo7

まだ目標金額に達成していませんが、「お願いだ、目標金額達成してくれ! これ、絶対欲しいんだ!」「これはファンタスティックなプロダクトだ!」とせっかく見つけた自分にピッタリの財布をなんとか手に入れたいユーザーからのコメントが集まっています。

 

ひとつ5800円、日本への発送料は2000円となっています。キャンペーンが成功すれば今年10月に発送予定です。

 

【その3】小銭だけでなくSDカードも入れられる財布「DJIN」

20170630_kondo8

ミニマルな財布が欲しいけど、機能がミニマルすぎるのも困る。そんなニーズに応えているのがKickstarterで予約受付中のプロダクト「DJIN」です。

 

20170630_kondo9

一見カードホルダーのみに見えるこの財布、実はホルダーの下の部分がボックスになっていてそこに小銭が入れられるんです。

 

どれだけミニマルでかっこよくても完全に小銭を持ち歩かないのは、日本ではちょっと不便ですよね。この「DJIN」であれば100円玉、500円玉をいくつか入れておく分には全く不便が無さそうです。

 

20170630_kondo10

意外にもスペースがあるので、ここに鍵を入れれば外出時の手荷物をさらに減らせます。さらに面白いのはボックスの中に引き出しようなデザインが作られていて、ここに小型のUSBフラッシュメモリやSDカードを安全にキープしておくことも可能なところ!

 

20170630_kondo11

まだキャンペーン終了まで50日間ほどありますが、すでに目標金額の2倍である570万円が集まっています。ひとつ4400円という手ごろな価格にも「アイデアも値段も気に入った!」とコメントがついています。

 

色々な財布のプロダクトがあり、それぞれに熱狂しているユーザーがいるのが面白いですね。ライフスタイルとニーズの多様性を感じさせられます。新しい財布は、この中のどれかにしてみてはいかがでしょうか?