ライフスタイル
2017/7/4 17:00

8時間10円のコインパーキング!? 「水曜日のダウンタウン」で紹介された知られざる「日本一の○○」たち

6月28日に放送されたTBS系のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」で、5階まで55秒かかる「日本一遅いエレベーター」などの「日本一○○」が紹介されて話題になっている。

TBS「水曜日のダウンタウン」公式サイトより。
TBS「水曜日のダウンタウン」公式サイトより

 

日本一安いコインパーキングは大阪にあった!

同放送では“知られざる「日本一○○」山ほどある説”と題し、視聴者から寄せられた情報をもとに世間であまり知られていない日本一を紹介した。まず登場したのは、「日本一安いコインパーキング」。このコインパーキングは、大阪にある「Break24h 日本橋」で、徒歩3分の場所に「なんばグランド花月」もある一等地にも関わらず、その夜間料金はなんと一泊(24:00~8:00までの8時間)10円となっている。

 

この驚愕の値段に、SNS上では「めっちゃ知ってるとこやん」「確かに価格がBreakしてる」「亀山駅の近くに24時間100円の駐車場あるから日本一ではないな」と様々な反応が。ちなみに安さの理由は、100円のつもりで看板を発注したがミスで10円になってしまい、そのままにしているからなのだそう。

 

よみうりランドは日本一駅から離れていた!

さらに番組は進み、つづいては「日本一遠い○○駅前」が紹介される。この駅にノミネートされたのは、「読売ランド前駅」と「長者ヵ浜 潮騒はまなす公園前駅」と「新潟大学前駅」の3駅。スタッフが実際に駅から歩いて検証すると、3位は「潮騒はまなす公園」の915m(11分48秒)、2位は「新潟大学」の1.2km(14分44秒)、そして1位は「よみうりランド」の2.1km(25分55秒)という結果に。

 

断トツの1位を飾った「よみうりランド」には「読売ランド前駅が別格すぎる」「確かに鬼のように遠いよな」といった声が。この遠さにダウンタウン・松本人志は「(○○) 前駅って言ってたらアカンね~」と真面目なコメントを残していた。

 

日本一広い高校は東京ドーム55個分!?

次に紹介されたのは「日本一広い高校」。この高校は北海道にある「標茶高校」で、横幅2.2km、縦幅は1.4kmもあり、東京ドームでいうと55個分、ディズニーランドでいうと5個分もの広さがあるのだという。

 

半分以上が山なのだが、「標茶高校」内には野球場、陸上競技場、サッカー場、テニスコートなどの基本施設はもちろん、牛舎や広大な畑、トラクターの運転コース、湿原など、普通の高校では見掛けないものも備えられている。

 

なぜこんなに広大かというと、この高校は元々“集治監”と呼ばれる監獄だったそうで、その広い土地をそのまま使ったから。この広さには「北海道すげえ」「東京ドーム55個分って!」「工場並みの敷地面積で笑った」「もともと監獄だったんか」と驚きの声が上がっている。

 

日本一高いコインパーキングはどこに?

今回の放送で安いコインパーキングが紹介されると、ネット上では「高いコインパーキング」も話題に。東京・築地のコインパーキングは「10分400円」だったり、東京・銀座6丁目では「10分500円」のコインパーキングが報告されている。

 

また、国土交通省が発表した2016年の公示地価で1位を獲得したのは、東京都中央区の銀座4丁目の「山野楽器銀座本店」で、1平方メートルあたり4010万円もするのだとか。ちなみに、銀座4丁目周辺のコインパーキングを調べてみると「20分300円」「30分300円」と、都心では平均レベルの値段設定だった。

TAG
SHARE ON