ライフスタイル
2017/7/6 18:00

ダジャレ薬品王者・小林製薬にライバル登場!? クラシエからダジャレ薬「アレデル」が登場!

「アレとって、ほら、アレ、なんだっけ……」といったように、物の名前や人の名前がすぐに出てこないという人に朗報が飛び込んだ。製薬会社のクラシエから「物忘れを改善する」薬が登場。はたして、この薬のどういった効き目があるのだろうか。

出典画像:クラシエ公式サイトより。
出典画像:クラシエ公式サイトより

 

すごすぎる薬の注目ポイントはネーミング?

この薬は、「遠志(おんじ)」という生薬から抽出された「オンジエキス」を使った薬で、2015年12月に新しく認められたばかりの医薬品。クラシエの調査によると、「昔より物忘れが気になる」人が78%、「人の名前が出てこない事が増えた」人が79%など、かなりの人が物忘れに悩んでいる。多くの質問項目が設けられ、ほとんどが30%を超えていたが、「いつお金を使ったか思い出せないことが増えた」人は16%と、金銭に関する記憶はある人が多い模様。

 

「脳に作用するって事なのか、凄いけどちょっと怖いかも」「母に飲ませたい! これはナイス」といった声や、「受験生が大量に購入しそうだな」「『記憶にない』とか言う議員に飲ませろ!」という反響もある一方で、「この薬飲むことすら忘れそう」という人も。画期的な効果に注目が集まっているが、さらに話題なのがこの薬のネーミング。「アレデル」という名前には、「まさかのダジャレかよ。笑った!」「便秘薬みたいな名前だな…」という声が。また、個性的なネーミングから、「こういう名前を付けてもいいのは小林製薬だけだろ!」というツッコミも。

 

医薬品にはダジャレネーミングが多い?

小林製薬の商品は、以前から「ドラえもんの道具みたいで好き」「ネーミングセンスというかギャグセンスがイイよな」と評判になっていた。熱が出たときの定番「熱さまシート」は、「熱冷まし」の「シート」という単純なネーミング。ほかにも、肩こりからの頭痛を鎮める「ズッキノン」、傷跡を目立たなくする「アットノン」、そして「アレデル」と同じく物忘れを解消する「ワスノン」といった「ノン」シリーズや、四十肩を解消する「シジラック」、イライラを鎮める「イララック」などの「ラック(楽?)」シリーズなど、ダジャレのシリーズが多数販売されている。

 

独自のネーミングセンスだけでなく、宣伝のセンスも「ちょいダサでキャッチーすぎる」と定評のある小林製薬。過去には「ハナノア」という製品の電車内広告が「『笑ってはいけない』の世界だろ」「このモデルさんいくらもらってるんだ… 面白すぎる」と話題に。鼻から水を垂れ流している様子は使い方が分かりやすいが、インパクトが強すぎたようだ。

出典画像:小林製薬「ハナノア」製品サイトより。
出典画像:小林製薬「ハナノア」製品サイトより

 

「ダジャレといえば小林製薬」のようなイメージがあるが、実は医薬品というジャンル自体が変な名前の商品が多い様子。便秘薬では、日新薬品の「キットラックス」、タキザワ漢方廠の「スララック」、佐藤製薬の「ピコラックス」など「ラック」系が大人気だ。

 

しかし、便秘薬では王者・小林製薬も負けておらず、過去に「ツージーQ」という薬を販売していた。これは「ジョジョに出てくるスージーQというキャラクターが元ネタ?」「スージーQの元ネタになった『SUZIE Q』という曲が元ネタか」と様々な憶測が飛び交っているが、どちらにしても便秘薬とまったく関係ないところからネタを持ってくるとは、さすがとしかいいようがない。

TAG
SHARE ON