ライフスタイル
2017/7/7 14:00

「ディズニーランド」のファン御用達アトラクションが終了! これまでに終了したTDLの名アトラクションたち

「東京ディズニーランド」(以下:TDL)の開演当初からあったアトラクション「スタージェット」が、10月10日をもって34年の歴史に終止符を打つことになった。次々に新しいアトラクションが作られていくTDLだが、その裏ではこういった懐かしのアトラクションが少しづつ姿を消し、ファンは寂しさを感じているという。

 

ファン御用達のアトラクションがディズニーから消滅!

「スタージェット」は、最高高度14mを旋回する小型ジェットに乗るアトラクション。シンプルな設計だが身長制限がなく、3歳未満の子どもも乗ることができるため、幅広い層から支持を獲得してきた。終了の知らせには、SNSなどネット上で「子どものころお父さんと乗って凄い怖かった思い出がある」「子どもの時乗ったら『怖っ!』ってなって、大人の時乗ったら『狭っ!』ってなった思い出(笑)」「ディズニーのシンボルの1つだと思うから寂しい」と悲しみの声が続出。

 

また、「スタージェット」は2人乗りだが、乗り方が横並びではなく前後に“かなり”密着するタイプのため、これに乗ると「男女の仲が深まる」と密かに噂されたことも。「片思いとか好きな人と乗ったら超ドキドキの胸キュンアトラクションだったのに」「スタージェットなくなるならカップルでTDL行く理由はなくなるよなー(リア充は来るな)」「あの超密着アトラクションなくなるとかリア充に大ダメージ!」といった反響も見受けられたほどだ。

 

すでに終了した名アトラクションたち

TDLは「スタージェット」のほかにも、惜しまれながら終了していったアトラクションが多い。最近では隣接する「ディズニーシー」で、2001年9月4日のオープン当時から常に高い人気を誇っていた「ストームライダー」が16年5月16日をもって終了。この代わりとして、17年5月12日より「ファインディング・ニモ」シリーズを舞台にしたアトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」が建設された。

 

いま現在、「ニモ&フレンズ・シーライダー」は大人気を誇っているが、それでも未だに「ストームライダーを返して」「ストームライダーがなくなったショックからまだ立ち直れない」「ニモ&フレンズ楽しそうなのにストームライダーのことを考えるとショックでちくしょうってなる」と悲しみの声は後を絶たない。

 

一方のTDLでは、「キャプテンEO」「ビジョナリアム」「ミッキーマウス・レビュー」「ミート・ザ・ワールド」など、いまでも復活が望まれ続けているほどの人気アトラクションが終了してきた。そのなかでも圧倒的に復活が望まれているのが、2006年4月5日に終了した「シンデレラ城ミステリーツアー」。

 

同アトラクションは、シンデレラ城の中をガイドに案内されながら周り、最後にゲストの1人が敵を倒してメダルを授与されるというもの。これは世界各地にあるディズニーパークのなかでもTDL独自のもので、まさにTDLの象徴的アトラクションだった。

 

年々、思い出のアトラクションが消えていくTDL。悲しみはあるが、新たに生み出されたアトラクションがまた別の忘れられない思い出を作っていることは間違いないだろう。