ライフスタイル
2017/7/10 17:00

電気ショック目覚ましに謎のたわし枕……夏の快眠グッズに日村&矢作も悶える!

7月5日に放送された「もろもろのハナシ」に、寝苦しい夏にぴったりの快眠グッズが登場。同放送を受けてネット上では、意外な素材の枕や衝撃の威力を持つ目覚まし時計に注目が集まっている。

出典画像:「Nelture」公式サイトより

 

寝苦しい夏にぴったりのお店も紹介

番組に登場した医学博士によると、夏は一年で最も睡眠時間が減る季節。暑くなって寝苦しくなるだけでなく、日照時間が長くなることで体内リズムに影響が出てしまうのだという。

 

そこで、まずは「眠れるお店」が登場。本を読みながら寝てもOK、さらに宿泊もできるという池袋の眠れる本屋「BOOK AND BED TOKYO」や、店内にハンモックが常設されているカフェ、さらにシャンプーからカット・カラーリングまですべてをハンモックに乗ったまま行う美容室などが紹介された。

 

なかでも大きく取り上げられたのが、10分で眠れるというヘッドスパ。銀座などに店舗を構える「悟空のきもち」では、体験した人が「5分くらいですぐ寝てしまった」「いつ寝たか覚えてないくらい」と語るほどの快眠体験ができるという。公式サイトでは7月7日現在、「悟空のきもち」は「全店予約上限の3か月満席」。6月1日時点の情報だが、キャンセル待ちは4店舗合わせて12万8151人もいるらしい。

 

快眠グッズに出演者大興奮

つづいてスタジオには、いま話題沸騰中の快眠グッズの数々が登場。まず紹介された「ひんやりジェルマット」は、布団に敷くだけでひんやりした感覚が味わえるという商品だ。「俺もう使ってるよ」というバナナマン・設楽統は「寝返りうったら、あいたところがすぐ冷える」と評価している。

 

さらに、人の腕の形をした枕「彼氏の腕枕まくら」をオードリー・春日俊彰が体験。「これすごく良いですよ」「普通に枕としてちょうどいい」と絶賛。おぎやはぎの小木博明は「女の人の部屋にいってこれあったら引くよ」と見た目を茶化していたものの、枕としての性能は優秀なようだ。ちなみに、広島東洋カープのユニフォームを着た腕に包まれることができるコラボグッズも販売中。

出典画像:「彼氏&彼女の腕まくら」公式サイトより。
出典画像:「彼氏&彼女の腕まくら」公式サイトより

 

そのあとに紹介されたのが、先述の「悟空のきもち」がプロデュースする「睡眠用たわし」。名前のとおり、たわしをモチーフにした枕で、たわしの感触が頭を刺激して眠りやすくなるという。

 

手に取った出演者は口々に「痛いよこれ」「ホントにたわしじゃん」と驚きをみせるが、体験した小木は「寝れるのかわかんないけど気持ちいいよ! いいぞこれ!」と大興奮。この商品もかなり人気があるようで、SNSなどでは「頼んでから3か月でやっと届いた!」「欲しいのに品切れだ…」との声が続出。7月7日現在、公式サイトの通販でも発送は早くて9月下旬、一番人気の茶色は11月下旬発送予定となっている。

出典画像:「Nelture」公式サイトより。
出典画像:「Nelture」公式サイトより

 

ほかにも、頭にかぶることで移動中の車内や机の上など、どんな場所でも快適に眠ることができる枕「OSTRICH PILLOW」、さらに電気ショックで目を覚ましてくれる腕時計「PAVLOK SHOCK CLOCK」もスタジオに登場。

出典画像:「OSTRICH PILLOW」公式サイトより。
出典画像:「OSTRICH PILLOW」公式サイトより

 

電気ショック腕時計は、アプリと連動して強度の調節が可能。矢作 兼が強度30%に挑戦すると、「あっ、あら~」とかわいらしい反応を見せたが、100%では「ああああっ! 100ヤバイ」と悶絶。ヘッドスパを受けて見事に爆睡していた日村にも100%の電気ショックを試してみると、「イダッ! いってぇ~」とすぐに飛び起きるほどの威力だった。

出典画像:「PAVLOK」公式サイトより。
出典画像:「PAVLOK」公式サイトより

 

ちまたでも日に日に注目度が増している快眠グッズ。今年は特に厳しい暑さになるともいわれており、夏場になるとなかなか寝付けない人は、こういったグッズを取り入れてみてもいいかもしれない。