ライフスタイル
2017/7/14 23:00

4時間で水出しコーヒーが完成! 海外で大注目のコーヒーポットがあれば時間もお金も節約できそう

水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)が最近また流行になりつつあり、提供するコーヒーショップも増えてきています。通常のコーヒーよりも苦味が少なくスッキリしているため、アメリカでも人気が高いです。

 

しかし手間がかかるだけあって、結構な値段がするんですよね。毎日コーヒーショップで購入するとかなりの出費になってしまいます。そんな水出しコーヒーファンに向けてIndiegogoを通して開発されたのが、「BeanPlus」です。自宅でもっと手軽に飲めるため、じわじわと注目を集めています。

 

たった4時間で水出しコーヒーができる「BeanPlus」

20170707_kondo1

豆を挽いたら「BeanPlus」に入れ、上手に氷水を入れます。すると、ジワジワと濃い抽出されたコーヒーがポタポタと作られるという仕組みです。ガラスとステンレスの洗練された見た目からしてオシャレですよね。

 

20170707_kondo3

この水滴を見ているだけで、よく冷えたコーヒーが飲みたくなります。

 

一般的な水出しコーヒーポットとどこが違うのか? それは、時間とコーヒー豆の量です。コーヒーをティーバッグのような物に入れて水出しする方法だと、最低でも12時間ほど抽出に時間がかかります。

 

しかし、このドリップ式だと4時間で作れるそうです。つまり、朝作って午後飲むことが可能! さらに、使用するコーヒーの粉の量も少なくてすむとのこと。経済的ですよね。

 

20170707_kondo2

おいしいコーヒーが飲みたいと高い豆を買っても、失敗してしまうと元も子もありません。この「BeanPlus」のように作り方が簡単なのは本当にありがたいです。

 

雑味や苦味のないスッキリとした水出しコーヒーはお湯で薄めることで温かくも飲めますし、グラスいっぱいに氷を入れてアイスで飲んでもおいしいです。

 

20170707_kondo4

「BeanPlus」は去年9月に1000万円近くをIndiegogoで集めて、キャンペーンが大成功し、いま少しずつ予約購入者の手元に届きつつあります。

 

購入者から「夜作って朝飲んだんだけど、すごくいい出来だった。ありがとう! お気に入りです!」などの喜びのコメントが集まっているため、品質も期待できそうです。

 

気になるお値段はひとつ1万1000円から(海外発送料別)。ごく普通の水出しコーヒーポットより高めですが、時短できてコーヒー豆も節約できるので、長期的に考えるとお得なアイテムです。

 

デザイン性が高い水出しコーヒーポット「Arctic」

20170707_kondo5

もっと手ごろな価格水出しポットを提供するのがKickstarterで開発資金を集めた「Arctic」です。こちらはひとつ6700円で現在、Indiegogoで購入できます(海外発送料別)。

 

「BeanPlus」のようなドリップ式ではないので12〜24時間待つ必要がありますが、ポットひとつ分(1.5リットル)を一度作ってしまうと、後はお湯で割ってホットでも、氷水でアイスでも、1週間分のコーヒーが作れます。家族全員がコーヒー好きな家庭では1.5リットル作れるのはうれしいですよね。

 

オシャレなカフェの水出しコーヒーは、一夏分だけでこのポットの値段にはなってしまいます。コーヒー好きにとっては賢い投資かもしれません。Kickstarterではいち早く商品を受け取ったユーザーたちの「明日の朝が楽しみ!」というコメントで溢れています。デザインの美しさに対しても評価が高いです。

 

20170707_kondo6

難しいことはせず、おいしいコーヒーをただ飲みたいだけ。そんなコーヒー好きの方は水出しコーヒーアイテムを検討してみてはどうでしょうか。