ライフスタイル
2017/7/26 17:00

“インスタ映え”するという利用目的にツッコミが殺到! 「ナイトプール女子」に賛否両論の声

プレミアムフライデーが導入されるなど働き方改革が進む昨今では、仕事後の夜の時間を楽しむ「夜活」が流行している。その夜活のなかでも、女性たちの間でブームになっているのが「ナイトプール」だ。その利用者をニュース番組が取り上げたのだが、“ナイトプール女子”たちに対してネット上で多くの反響が上がっている。

出典画像:Yugank Singhal / Hotel Rooms (from Flickr, CC BY 2.0) ※画像はイメージです。
出典画像:Yugank Singhal / Hotel Rooms (from Flickr, CC BY 2.0) ※画像はイメージです

 

ナイトプールに行く目的は“フォトジェニック”だから?

ナイトプールとは、その名のとおり夜にオープンするプール。昼間の明るい時間とは違ったムード満点なプールを楽しむことができ、暑くなくて日焼けの心配がないため女性を中心に人気を博しているようだ。現在は東京タワー近くの「東京プリンスホテル」や、新宿の高層ビル群に囲まれた「京王プラザホテル」が屋外プールの夜間営業を行うなど、ホテルでもナイトプールを多数開催している。

 

SNSには「ナイトプール行ってきた! 1年ぶりに行ったけどやっぱり最高だった!」「ラグーナのナイトプール、まだちょっと寒かったけど楽しい!」「気がついたら携帯画面割れて水没してたけどまあ楽しかったからOK!」「ナイトプールまた行きたい! 夏って感じしてきた」などの声が上がり大好評の様子。その人気っぷりを取り上げようと、テレビ朝日系のニュース番組がナイトプールに取材を敢行。ナイトプールを楽しむ女性に利用目的を聞いたところ、「写真を撮りに来た」などの理由が多く、その“フォトジェニック”な写真をSNSに投稿するために訪れる人が多いことがわかった。

 

この“SNS映え”を狙ったナイトプール利用者に、ネットからは「SNSにアップするために張り切ってる人を見ると、なんかアホらしく見える」「普通に泳ぎたいわ。プールで写真ばっか取ってる人いたら萎えるだろ」「つかるだけなら家の水風呂でいいじゃん」とツッコミが殺到。また、ニュース番組では「泳がない」「顔濡れたらテンション下がる」とコメントする女性もいたのだが、こちらには「アンパンマンかよ!」「ならプール行かなくていいじゃん」「ナンパ目的なの?」とツッコミの声がこだましている。

 

批判の声は的外れなものばかり?

“プールなのに泳がない”というナイトプール女子たちに批判の声が上がっているが、「まったく的外れな批判や誹謗中傷」と声を上げる人も多い。というのも、ニュース番組が取材を行った「東京プリンスホテル」のナイトプールは、女性ファッション誌「CanCam」がプロデュースし、撮影スポットを多数用意した“写真を撮ることも目的のひとつ”に見据えたプールだからだ。

 

今回の批判的な声に対して、「ナイトプールでバシャバシャ泳いでる人がいる方がビックリする」「ナイトプールで泳がない女の子たちを批判してた人は、こういうナイトプールの存在自体を知らないんだろうなぁ」「SNS映えするように照明とかに力入れてるし、流行った理由を知らない人が叩いてるだけ」とナイトプールのあり方を解く声も上がっている。

 

もともとは2000年前後から開催されており、SNSで拡散されるようになって来場者が増え始めたナイトプール。「としまえん」では30年ぶりに夜間のプール営業を開始するなど、その人気はまだまだ続きそうだ。

TAG
SHARE ON