ライフスタイル
2017/8/10 18:00

「答えるかどうかは別です」ドンキの辛辣すぎる公式アカウントに大注目!

さまざまな企業がSNSでバズろうと躍起になっているが、驚安の殿堂「ドン・キホーテ」のTwitterが「辛辣すぎる」「ド直球すぎ!」と大きな話題になっている。

出典画像:「ドン・キホーテ」公式Twitterより。
出典画像:「ドン・キホーテ」公式Twitterより

 

直球すぎるドンキの公式Twitter

注目を集めているのは、きちんとTwitterの公式マークもついた正真正銘のドンキ公式アカウント(@donki_donki)。今年6月には「お便り募集! ドンペンが気まぐれに答えるよ」ということで質問を募集していたが、その時は「主食は何ですか」といった質問に「カラスミ」と答えるなど至って普通。その後も7月半ばまでは、ちょっと砕けた口調ではあるがキャンペーンの告知や「○○の日」にちなんだツイート、商品紹介など普通のツイートをしていた。

 

ところが、7月17日に、突如「ドンキさんが皆さんの質問に答えます」というコーナー(?)を開始。早速寄せられた熱心なカートゲームプレイヤーからの「毎回相手に先行ゴブリン トーヴ ゴブリー アリスのムーヴをされるんですが」「僕はこのゲーム向いてないんでしょうか」という長文の質問には「はい」のひと言。

 

ほかにも、

 

「後輩と屋上で日光浴をしようと思うのですがどの飲み物を後輩に出すのがよいでしょうか…?」

「選択肢がないのに、『どの飲み物を出すのが良いか』には答えらえません」

「好きな人とのLINEで絵文字ばかり送られてきます。これは会話するのが面倒だと思われているのですか?」「確実に面倒だと思われています」

「ドンキさん、なんでも質問していいんですか?」「はい。答えるかどうかは別です」

「ドンキさんのライバルは誰ですか?」「質問に答えたりしなくても人気のあるTwitterアカウント全部です」

 

「ドンキさん、自分なりの生き方が分かりません どうすればいいですか?」「人に聞く時点で、自分なりに生きようという気持ちがない部分は気になりませんか?」

 

といったように、辛辣で直球な回答が大いに話題に。ドンキのキャラクターは「ドンペン」というペンギンで、「ドンキさん」というのが何者なのかわからないが、これまでのツイートから「ドンキの社員で高卒、カラスミ好き、ユニットバスでシャワーを浴びる時は浴槽の外で浴びる」という人物像が浮かび上がってくる。

 

過去にも話題になったドンキのツイート

現在は面白さが話題のドンキTwitterだが、2016年に発生した地震の際には、すばやい対応が称賛を浴びたことも。11月22日に発生した福島県沖の地震で、ドンキはすぐさまNHKの生活・防災Twitterのツイートをリツイート。しかも、その言葉を英語、中国語、韓国語、タイ語に翻訳してツイートしたのだ。ただし、タイ語バージョンにはタイ人を名乗る人物から「この タイ語のversionは ぜんぜん わからないですよ」「私は たいタイ人です。本当に ぜんぜん 分からない」というツッコミが入ってしまった。

 

とはいえ、被災した外国人に情報を提供しようとした姿勢は大いに評価され、「これは感動した」「英語だけじゃなくて韓国語とかタイ語でもツイートするのが素晴らしい」と評判に。8月からは、ドンキでお客さんが見つけた面白商品を動画で紹介するコーナーを開始。今後も攻めたSNSで楽しませてくれそうだ。