ライフスタイル
2017/10/9 21:45

こんな賢いダブルベッドで寝たい! 左右別々に温度調整する「Eight Jupiter+ Smart Mattress」が米国で超人気

仕事やプライベートを問わず、私たちの生活や健康に大きな影響を与えている睡眠。その重要性が世界中で注目されている中、眠りをサポートするテクノロジーは次々に開発されています。しかし、アメリカで意外に見つからなかったのがスマートな(セミ)ダブルベッド。

 

そんなニーズを発見し、賢い製品を開発して人気を博しているのが、現在indiegogoで絶賛販売中の「Eight Jupiter+ Smart Mattress」です。

20171005_kubo14

 

Indiegogoの「配送保証」プロダクトとして販売されているこのプロダクトは、2人でも快適に寝られるスマートマットレスです。4層からなる高密度のフォーム素材で作られたマットレスは寝心地もバッチリ。それに温度調整と睡眠パターンのトラッキングをしてくれるスマートカバーがついてきます。

20171005_kubo11

 

 

いくらベッドに早く入っても、寒くてなかなか寝付けないと困りますよね。しかし、ユーザーの睡眠パターンに合わせて快適な温度にキープしてくれるこのスマートカバーがあれば、そんな心配は無用。さらに1つのベッドで一緒に寝ている夫婦やカップルのために、Jupiter+はマットレスの右と左で分けて温度調整をしてくれるのです。最適な温度が2人にとって違うこともありますので、この機能は実に理に適っていますね。

20171005_kubo12

 

さらに素晴らしいのは、睡眠のトラッキングを2人別々に行ってくれるところ。Eightのアプリにそれぞれアカウントを作って、個別に睡眠を分析できます。また、ベッドの温度も同じアプリで別々に調整することも可能とのこと。

20171005_kubo15

 

睡眠モニタリングと連動してアラーム設定もできるので、起きたい時刻を設定すれば眠りが浅い時間に気持ちよく起こしてくれます。他のIoTやソフトウェアとの連携にも対応しているため、家全体の空調や照明と連携させることで、スマートホームのベッド周りを一気に快適にすることもできますね。

20171005_kubo13

 

家に着く前からベッドを暖め始めたり、別の部屋で何かしている時にベッドの温度を上げておいたり、どこにいてもアプリ1つで温度調整ができるというのは地味に有り難いですよね。

20171005_kubo16

 

「自分用の執事がいるみたいだ」と絶賛する海外メディアもあります。「数ヶ月寝てみたけど、以前よりもよく眠れるようになったし、どれだけ自分が休息を取れているのかにも自覚的になった」という効果もあるようです。

価格はフルサイズが約10万1000円、クイーンサイズが約11万2000円、キングサイズが約13万円です(送料別)。

 

仕事で失敗して落ち込んでも、ぐっすり寝て嫌なことを忘れることができたら、次の日は頑張れるもの。人生を前向きにするためにも、このようなスマートマットレスには投資する価値が出てくるかもしれませんね。