ライフスタイル
2017/11/11 18:00

人間はイヌより「鼻が利く」!? 嗅覚をめぐるウソホント最前線

「イヌの嗅覚は人間の何万倍」。そんな通説をよく耳にします。しかし、2017年9月14日付の朝日新聞電子版によると、人間の嗅覚はイヌ並みに発達しているそうです。これは科学誌「サイエンス誌(電子版)」に発表された、米ラトガース大学(Rutgers University)の神経科学者ジョン・マクガン(John McGann)氏の論文が基になっています。マクガン氏によると、人間の嗅覚はネズミやイヌ並みに鋭いそうです。実は同じ「サイエンス誌」に3年前も、「嗅球(きゅうきゅう、嗅覚情報を処理する脳の嗅覚野の中心的役割を担う)の神経細胞は動物とヒトの間で数にあまり差がない」という内容の論文が掲載されました。ヒトは1兆種類ものにおいをかぎ分ける力を持ち、とりわけバナナの香りにはイヌやウサギより敏感だといいます。

20171110_suzuki9

■警察犬やトリュフブタはなぜ必要なのか

「イヌの嗅覚は人間の何万倍」という通説の根拠は、19世紀のフランスで活躍した脳外科医ポール・ブローカ(Paul Broca)の論文とされています。ブローカはその論文で、人間の脳で嗅覚野の容積が他の部位より小さいことに注目しました。今回、「サイエンス誌」に論文を投稿したマクガン氏も、脳全体の容積に占める嗅球の割合について、人間はわずか0.01%なのに対しネズミは2%だと認めています。一方、人間の嗅球のサイズは成人でときおり約60ミリの大きさにまで達し、他の哺乳類とほぼ同数の神経細胞を持っている。機能的に劣ることはない、としました。

 

ただ、マクガン氏の研究が正しいとすると、どうも納得できない点があります。人間の嗅覚が「動物レベル」なら、警察犬も麻薬取締り犬も、トリュフを探すブタもいらないはず。人間が犯人のにおいを追う方が簡単で、確実なはず。しかし現実には、警察犬も、麻薬取締り犬も、トリュフを見つけるブタも必要です。これはなぜでしょうか。

 

答えは主に二つ。一つは、直立歩行をするように進化した人間が地面という匂いの宝庫から鼻を離してしまったことです。地面から1メートル以上鼻が離れると、地面の匂いを感じにくくなります。なぜなら、匂いの分子は距離の「2の3乗」で希釈されるからです。イヌが何時も鼻づらを地面にこすりつけるようにしているのはこのためです。もう一つの答えは嗅覚のメカニズムにあります。マクガン氏の主張は、嗅球の大きさを根拠としていますが、匂いを感じるため、実はもう一つの大事なファクターが必要です。

 

■人間がイヌより敏感になるにおいって…?

先天性の視覚障害を持って生まれた視力のない子供が、最新医学の恩恵で視力を獲得するケースがあります。しかし、小学校低学年くらいまでにこの手術を行わないと、「見えているはずなのに視えない」という現象が起こることが知られています。

 

では、「見える」という意識はどのように生まれるのでしょう。まず、視覚神経が網膜に映った映像を電気信号で脳(視覚野)に送ります。それを脳が画像処理し、ようやく映像として認識されます。「見えているのに視えない」現象は、視覚神経と脳(視覚野)が正常なのに、脳が電気信号を学習・画像処理できないため起こります。これと同じことが人間の嗅覚にも言えます。鼻にある嗅覚神経、脳(嗅覚野)がイヌや他の哺乳類と同じ性能でも、直立歩行したために匂いの学習が不十分なのです。学習のプログラムも匂いのデータベースも貧弱なため、結果として、イヌや他の動物より嗅覚の感度が低くなったのです。

 

結局人間はイヌに「勝てない」という結論になってしまいました。しかしガッカリすることはありません。人間だって、嗅覚でイヌに勝てることもあります。その辺りの電柱についたにおいをかぎ分けるのは、イヌに到底かないませんが、ワインや日本酒の香りをかぎ分ける能力、上質な料理の香りを感じる能力は人間の方が明らかに上です。

 

これは、先ほど述べた匂いの文化的「学習」の差です。人間とイヌの違いは、特定の匂いへの「学習」で生まれる感受性の差に関係しています。先のマクガン氏も、「人間にはにおいの痕跡をたどる能力があり、人間の行動状態と感情状態はともに嗅覚に影響される」と述べています。神様から与えられた嗅覚という能力を文化的「学習」で鍛えれば、もっと豊かな生活が送れるかもしれません。

 

【著者プロフィール】

大泉高明

東京農業大学、東京教育大学大学院でフェロモンを研究。全薬工業で天然の制癌剤を開発し、大和生物研究所でクマ笹医薬品の研究に携わる。医学博士。東京農業大学客員教授。蓼科笹類植物園理事長。日本家庭薬協会理事。著書に『笹離宮 蓼科笹類植物園の魅力』(主婦の友社)、『クマ笹エキスはこんなに効く』(宙出版)、『クマ笹で、気になるニオイをすっきり解消!』(主婦の友社)

TAG
SHARE ON