ライフスタイル
英語
2018/1/27 15:00

【英語コラム】「インフルエンザにかかった」って英語でなんて言う?

冬になるとやって来るのが、インフルエンザ。先日、インフルエンザの流行が拡大してきていると厚生労働省から注意喚起があったとニュースになっていましたね。今月(1月)の下旬から2月にかけてピークが予想されるそうです。

 

インフルエンザや風邪は、どれだけ注意していても感染してしまうことってありますよね。そこで今回は、インフルエンザにかかってしまったり、風邪をひいた時によく使う表現をまとめてみました。

 

「インフルエンザ」「風邪」を英語で

「インフルエンザ」は英語でもそのまま “influenza” です。でも、ちょっと長ったらしいので、短縮バージョンの “flu” と言うことが多いです。

 

そして、普通の「風邪」は “cold” です。

 

ちなみに、”flu” は “the flu” のように “the” が付きます(イギリス英語では冠詞なしで “flu” になることもあります)。それに対して “cold” は、”a cold” となることが多いです。

 

なぜ「インフルエンザ」は “the flu” で、「かぜ」は “a cold” なのでしょうか?

 

これは、インフルエンザの場合は特定のウィルスなので “the” になって、風邪の場合は色々な症状があって総合的に「風邪」という特定のウィルスではないので “the” ではなく “a” になると聞いたことがあります。

 

「インフルエンザになる、かかる」を英語で

では、次はよく使いそうな「インフルエンザにかかった」「インフルエンザになる」という表現を見てみましょう。

 

よく使われる動詞は “have / get / catch” です。イギリス英語では “have got” もよく使われますよ。

 

I caught the flu.
I got the flu.
インフルエンザになりました

I have the flu.
I’ve got the flu.
私はインフルエンザにかかっています

I might have caught the flu.
インフルエンザにかかったかもしれない

 

そして、私の周りの人は “come down with 〜(〜にかかる)” というフレーズを使うことも多いです。

 

My son has come down with the flu.
息子がインフルエンザにかかりました

I think I’m coming down with the flu.
インフルエンザにかかりかけているみたいです

 

「風邪」の場合は、上で紹介した表現の “the flu” を “a cold” に置き換えるだけでOKです!

Electronic thermometer

そして、インフルエンザ(や風邪)にかかった場合には、こんなフレーズも役に立つかもしれません↓

 

I’ve been in bed with the flu.
インフルエンザでずっと寝込んでいます

I’ve been off work with the flu for three days now.
インフルエンザで3日間仕事を休んでいます

My child’s school is closed because of a flu outbreak.
子どもの学校がインフルエンザで学校閉鎖になった

I got the flu from my child.
子どものインフルエンザがうつりました

I’ll stay at home because I don’t want to pass this on to you.
I’ll stay at home because I don’t want you to catch it.
I’ll stay at home because I don’t want to give you my cold.
あなたにうつしたくないから家でじっとしてるよ

 

「インフルエンザの予防接種」を英語で

インフルエンザが流行り出す前に「予防接種」を受ける人もいると思います。

 

では「インフルエンザの予防接種」って英語で何て言うのでしょうか?

 

そのまま英語にすると “influenza vaccination” ですが、日常会話ではこんな表現がよく使われています。

 

flu shot
flu jab
Have you had a flu shot?
インフルエンザの予防接種受けた?

I got a flu jab yesterday.
昨日インフルエンザの予防接種を受けた

 

“shot” や “jab” は「注射」「予防接種」のカジュアルな言い方ですが、口語ではよく使われます。

いろんな「インフルエンザ」

以前に動物のインフルエンザがニュースになったこともありましたよね。

 

「豚インフルエンザ」は英語で “swine flu”、「鳥インフルエンザ」は “avian flu / bird flu” と言います。

 

では、”man flu” というのを聞いたことがありますか?

 

これは本当のインフルエンザではなく、主に男性に対して使われるのですが、風邪などのほんのちょっとした体調不良なのに大げさに重病のようにしんどがっている時に使われます。

 

“He’s got man flu again!” みたいな感じですね。

 

みなさん、本当のインフルエンザにはくれぐれもお気をつけください!

 

【URL】
活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン
「日刊英語ライフ」 https://kiwi-english.net/