ライフスタイル
2018/3/3 15:00

もちもち、サクサク、とろーり、ネバネバ――いろんな「食感」を英語で言えますか?

日本語には擬音語・擬声語がたくさんあります。そして、日本語では「食感」を擬音語で表すことが多いですよね。サクサク、カリカリ、ふわふわなど日本語なら簡単に表現できる「食感」も、英語で表現するとなると急にハードルが上がります。

 

例えば「クリスピー(crispy)」って最近、日本でもよく耳にしますが、どんな食感のことを言うんでしょうか?”crunchy” と似ている感じがしますが、どう違うんでしょうか?

 

今回は、この2つをはじめとした「食感」や「食べ物の質感」の英語表現を紹介します。

 

「食感」って英語で何て言う?

具体的な食感を紹介する前に、まずは「食感」自体を英語でどう表すのか見てみましょう。

 

「食感」は英語で “texture” と表されることが多いです。

 

the way that a food or drink feels in your mouth(Merriam-Webster Learner’s Dictionary)

 

“texture” は手で触った触感を表しますが、それが口になると「食感」になるんですね。

 

“crispy/crunchy/silky/creamy/smooth texture” など、まだまだ他にもありますが、こんな感じで使われます。

 

では次に「サクサク」「ふわふわ」など、具体的な食感の英語表現を見ていきたいと思います!

 

“crispy” は「パリパリ」「サクサク」

日本でも「クリスピー」という名前がついたお菓子があるので、何となく分かっている方も多いと思います。

 

フライドチキン、ピザ生地などは「クリスピー」と表現されることがありますが、英語でも “crispy” や “crisp” は「サクサク」「パリパリ」した食感を表す時に使われます。

 

オックスフォード新英英辞典には “crispy” の定義はこう書かれています。

 

(of food) having a firm, dry, and brittle surface or texture

 

「乾燥していてもろい(崩れやすい)」がポイントです。

 

“crispy” や “crisp” は上に挙げた以外にも、ポテトチップ、クラッカー、トースト、サクッと揚がった天ぷらや揚げ物の衣などの、比較的層が薄いものの食感を表す時に使われます。

 

イギリス英語圏のニュージーランドではポテトチップスのことを “crisps” と呼びます。

 

ちなみに、”crisp” はパリッとしたリンゴや紙、そして寒さの種類を表す時にも使われます↓

■Coldの代わりに使える「寒い」の表現5選|1分英語

 

“crunchy” は「バリバリ」「ボリボリ」

次は “crunchy” です。どんなものが「クランチー」なのでしょうか?

 

一番想像しやすいのは、アイスクリームかもしれません。

 

砕いたアーモンドがごろごろ入ったチョコでコーティングされたアイスクリームなどに、よく「クランチー」や「クランチ」という表現が使われていますよね。

 

ポリポリしている食感は “crispy” とちょっと似ている気もしますが、ちょっと違います。

 

“crunchy” は、もっと「ボリボリ」「バリバリ」という音が出る、噛み応えのある食感を表す単語です。

 

なので、よく “crunchy” で表現されるものと言えば、ナッツ類・グラノーラのようなシリアル・分厚くて噛むとゴリゴリ音がしそうなクッキー、さらに新鮮な野菜などが挙げられます。

toasted muesli

“crispy” が薄いサクッとした、噛んだらすぐに崩れるものに使われるのに対して、”crunchy” は歯ごたえのある、噛んだら大きな音がする食感を表します。

 

「ふわふわ」「もちもち」は英語で?

「ふわふわ」も日本語ではよく使われますよね。

 

単に柔らかいものは “soft” でもいいですが、ふんわりした食感のパンケーキや、ふわふわのメレンゲなど、空気を含んでふわっとした食感のものは英語で “fluffy” と表します。

 

“fluffy” という単語は、毛がふわふわのウサギや犬・ぬいぐるみ、ふかふかの枕などにも使われます。そんな「ふわっと」「ふかふか」としたイメージが “fluffy” です。

 

では「もちもちした」は英語で何て言うのでしょうか?

 

「餅」自体、もともと英語圏の国にはないものなので「もちもち」は実は英語にしにくい表現なのですが、”chewy” が近いかもしれません。

 

“chew” は「噛む」という意味なので、たくさん噛む必要のあるハイチュウのようなソフトキャンディやモチモチした弾力のコシがある麺などにも “chewy” が使われることが多いです。

 

「とろーり」「ドロッとした」「ネバネバ」を英語で

次に「トロっとした」「ドロっとした」を見てみましょう。

 

卵の黄身が「トロっ」としているのは “runny” です。これは「固まっていない」というニュアンスの「とろっとした」を表します。

 

また、チョコレートフォンダンの中身がトロっとしたのは「(粘度の高い液体がゆっくり)流れ出る」という意味の “ooze” という動詞の形容詞 “oozy” などで表すこともあります。

 

そして、もっと粘度の高いスライム状の「ベタっ」「ねっとり」とした柔らかいものには “gooey” という表現が使われます。

 

特に甘いものによく使われ、キャラメルソースのようなものやSnickersなんかも “gooey” で表されることがあります。他にも、お菓子などの生地がちょっと半生のベタッとしたものにも “gooey” がよく使われます。

gooey cupcake innards

「ネバネバ」も日本食にはよく登場しますよね。

 

これは皆さんご存じかもしれませんが、納豆やオクラのネバネバには “sticky” がよく使われます。

 

「くっつく」という意味の “stick” から来ていて、まとわりつくカンジの「ネバネバ」は “sticky” と表されます。

 

必ずしも絶対ではありません

今回紹介した食感を表す単語は、絶対にこれが正解、というものではありません。

 

人によって “gooey” 度が高いものを “sticky” と呼ぶかもしれませんし、場合によっては “chewy” を使うこともあるかもしれません。

 

それは日本語でも同じですよね。人によって使う形容詞に少し違いがあったり、感じ方が違ったりします。

 

なので、英語には食感・質感を表すこんな言い方があるんだな、というぐらいで参考にしていただけたらと思います。

 

【URL】
活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン
「日刊英語ライフ」 https://kiwi-english.net/