ライフスタイル
英語
2018/4/21 15:00

「24時間 年中無休」を英語で「24/7」と表す理由――この“7”はどこからやってきたの?

日本には「24時間年中無休」のお店ってたくさんありますよね。近年では労働環境の見直しなどで減ってきてはいるものの、コンビニは「24時間 年中無休」の店がほとんどですよね。さらに、インターネットのオンラインショップなんかは基本的に「24時間 年中無休」だったりします。

 

そんな「24時間 年中無休」って英語で何て言うと思いますか? さらに「年中無休」「24時間営業」の個別の表現も紹介します!

 

「24時間 年中無休」は英語で何て言う?

最初に答えを言ってしまうと、英語では「24時間 年中無休」のことを、

 

24/7

 

と表現します。

 

でも、これってどうやって読むのでしょうか?

 

数字の「24」と「/(スラッシュ)」そして、数字の「7」です。

 

読むときは「/(スラッシュ)」は無視して数字だけをそのまま読みます。つまり、

 

twenty-four seven

 

です。たまに「24-7」と書かれている場合もありますが、意味も読み方も「24/7」と全く同じです。

 

では、なぜ「24時間 年中無休」が「24/7」になるのでしょうか?

 

「24時間 年中無休」が「24/7」になる理由

はじめの「24」は「24時間」、後ろの「7」は「7日間」を表しています。英語で言うと、

 

24 hours a day, seven days a week

 

ということですね。

 

日本語では「24時間 年中無休」や「24時間 365日営業」で休みが無いことを表しますが、英語では「24時間 週7日営業しています」のように、週で区切って表現します。

 

「24/7」の使い方

次は「24/7」をどんなふうに使うのかを見てみましょう。

 

例えば「あのお店、24時間年中無休だよ」は「24/7」を使うと、

 

They’re open 24/7.

The store is open 24/7.

 

というふうに言えます。また、24時間365日電話を受け付けるお客様サービスは “24/7 customer service”なんていう言い方もします。その他にも、

 

Our customer service team is available 24/7.
カスタマーサービスは24時間 年中無休です

ATMs are available 24/7.
ATMは24時間 年中無休で使えます

The petrol station is open 24/7.
そのガソリンスタンドは24時間 年中無休です

 

なんていうふうに、休みがないことを「24/7」で表せますよ。

seven eleven

ちなみに、セブンイレブンはできた当初、朝7時から夜11時までの営業だったそうです。それが今では24時間営業なので、”seven eleven is open twenty four seven” となります。

 

“24/7 (twenty-four seven)” にはこんな意味も

“24/7(twenty-four seven)” は、営業時間を表す以外にも、実はこんな意味もあるんです↓

 

all the time

 

「いつでも」「ずっと」「しょっちゅう」という意味ですね。例えば、

 

We’re together 24/7.
僕たちはいつも一緒にいる

She is on her phone 24/7.
彼女はずっと携帯ばかりいじっている

She talks about her boyfriend 24/7.
彼女は彼氏のことばかり話している

No Parking 24/7
いつでも駐車禁止
(正式な道路標識では “at all times” が使われることが多いです)

 

のように使います。ただ「24/7」はとてもカジュアルな表現なので、論文や作文には使えないので注意してくださいね。

 

「年中無休」は英語で何て言う?

ちなみに「24時間 年中無休」ではなく、単なる「年中無休」はこんなふうに表せます↓

 

They’re open 7 days a week.

They’re open all year round.

They’re open every day.

 

【URL】
活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン
「日刊英語ライフ」 https://kiwi-english.net/