ライフスタイル
2018/7/28 18:00

「ゲリラ豪雨」や「落雷」から身を守るために知っておきたい3つの鉄則

夏になると頻度が増すゲリラ豪雨や落雷。もしも予想外に遭遇してしまったら、どうやって身の安全を確保すればよいのでしょうか? 傘を持って出かける降水確率の目安についてもご紹介します。

■「ゲリラ豪雨」「記録的短時間大雨」などから身を守るための情報収集のポイント

ゲリラ豪雨は気象庁が定める正式な気象用語ではなく、「強烈なにわか雨」「すさまじい夕立」といった状況を指す、マスコミやWebメディアが用いる大雨の表現のひとつ。

 

正確な事前予測が困難で、突然降り始めるため「ゲリラ」豪雨と呼ばれています。それでも雨が降り出す直前には、ゲリラ豪雨をもたらす「発達した積乱雲」による影響で「急に空が暗くなる」「冷たい風が吹き始める」「雷が発生する」「雹(ひょう)が降る」などの特徴を察知できる場合が多いため、これらの現象を感じたらすぐに安全な屋内に移動するようにしましょう。

 

一方、記録的短時間大雨情報が発表されたときは、該当する地域で土砂災害・浸水害・洪水害の発生につながる猛烈な雨が降っているということ。気象庁が発表する警報などについて改めて整理し、適切な避難ができるように準備をしておきましょう。

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「ゲリラ豪雨」と「記録的短時間大雨」は違う? 大雨から身を守る情報収集のポイント

 

■屋外イベントなどの際に気をつけたい「落雷」から身を守るための行動は?

落雷から身を守る最良の手段は、建物や乗り物の中へ避難することです。屋内にいれば基本的に雷の被害を受けることはほとんどありませんが、建物自体やその至近に落雷した場合、アンテナ・電線・水道管・外壁などを経由して感電する恐れが希にあるため、万全を期すのであれば、電化製品や天井から1メートル以上離れた部屋の中央に座っているのが安全です。

 

周囲に逃げ込める建物や乗り物がなく、短時間での移動も難しいという場合はどうすればよいのでしょうか。花火、バーベキュー、野外ライブ、屋外イベントに出かける予定のある方はぜひチェックしておきたい内容です。

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>各地で相次ぐ落雷! 雷から身を守るために最低限知っておきたいこと

 

■傘を持って出かけるべきなのは何%の降水確率から?

突然の雨に濡れたくないなら覚えておきたい降水確率と傘の関係。気象予報士は何%の降水確率で傘を持つのでしょうか?

 

「降水確率30%とは、予報区内で気温や風向き、湿度などの要素が過去のデータと同じ場合、過去は30%の確率で雨が降った」

 

ということになります。つまり、降水確率はあくまで「確率」を示したもので、強さや降る範囲、時間などは関係ないのです。

 

なお、降水確率は四捨五入した数字を使っているので、「降水確率0%なら絶対に雨が降らない」というわけではありません。厳密にいうと降水確率5%未満なので、雨が降ることもありえるのです。

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>気象予報士は何%の降水確率で傘を持つ? 数字に隠れた「雨のサイン」

 

【著者プロフィール】

citrus 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感のある情報をお届けします

TAG
SHARE ON