ライフスタイル
2016/5/1 11:00

電気で肉が美味くなる事実! 電気肉の正体はキルリアン写真だ!

月刊ムーから始まった電気肉

ネットの検索ワード上位に不意に現れ、一部で話題の「電気肉」。テレビでも日本テレビの『シューイチ』やニュース番組で取り上げられ、NHKの『ガッテン!』でも放電する肉の映像が流された。

 

肉に電気を流すとおいしくなるのだ。そんなバカな? と思うだろうが、これは事実。電気が流れることで、死後硬直が解除され、肉が軟らかくなる。さらに「うま味」も増す。欧米では、食肉加工の現場で普通に行われている処理方法だが、日本ではほとんど普及していない。

 

実際の食肉現場では通電するは数十ボルトだ。高電圧である必要はないのだ。しかしテレビで流れた電気肉の映像では、肉の周りに稲妻が走り、流れていたのは1万5000ボルトだ! ここに至るまでには私、川口友万の実験と感電の歴史がある。

↑高電圧で光る肉、それが『電気肉』だ
↑高電圧で光る肉、それが『電気肉』だ

 

あの光る肉に、何か感じたオカルト好きは正しい「ムー」読者である。実はあれ、キルリアン写真なのだ。1950年代、セミョン・ダビドビッチ・キルリアンとその妻、ヴァレンティナが開発した高周波によって生体から起きる放電を撮影する技術、それがキルリアン写真だ。

 

キルリアン夫妻は葉っぱの撮影中、葉が枯れていくにつれて放電が弱くなることに注目、生体エネルギー=オーラとの関連を指摘する。1970年代に超能力の研究で博士号をとったアメリカの臨床心理学者セルマ・モスが西側に紹介した。

 

当時のソ連は、国を挙げてスピリチュアルなムードに染まっていた。催眠状態にある人が食べたものの味を離れた場所で感じるテレパシー味覚や人間のエネルギーを集めて紙や木を磁気化させる研究が行われ、キルリアン写真もそのひとつとして国から研究予算が出ていたという。

 

電気肉がおいしくなる秘密、それは……?

↑右が電気肉、左が普通の肉。ほとんど差は見られないが、味は激変
↑右が電気肉、左が普通の肉。ほとんど差は見られないが、味は激変

 

電気肉の元を正すと、私が「ムー」でキルリアン写真の記事を書いたことに始まっている。2012年の春、月刊ムーの編集長から電話がかかってきたのだ。

 

「キルリアン写真って撮れる? ファントムリーフなんかを撮れないかと思ってさ」

 

キルリアン写真を世界的に有名にしたのが、ファントムリーフ現象だ。葉っぱの周りが発光するキルリアン写真を撮影したあと、葉っぱを半分に切断し、キルリアン写真を撮る。するとどうなるか? 常識で考えれば、半分に切った葉っぱが光るはずだ。それなのに! キルリアン写真に写るのは、なぜか元の葉っぱ全体の形をした発光なのだ。

 

葉っぱを切っても元の形に光る。撮影者は葉っぱの生体エネルギー=オーラが残っていて、それが写ったのだという。

 

キルリアン写真がトリックでも撮影ミスでもなかったとしたら、そしてオーラを写しているのだとしたら、それはこういうことを意味しているはずだ。

 

肉体が滅んでも、魂は残る。--それがキルリアン写真が注目された理由だった。

 

ともあれ、私は安請け合いした。

 

「キルリアン写真、できるんじゃないっすかね、人間が撮ってるんだし」

 

それから感電でビリビリしまくる日々が始まったわけだが、とにかく私はキルリアン写真の再現には成功した。その成果は「オーラ!」(双葉社)という写真集にもなっている。

 

そして昨年、漫画『決してマネしないでください。』(講談社)の作者、蛇蔵さんに会ったことから「肉に通電するとおいしくなる」ことを知り、その応用としてキルリアン写真のように肉をバリバリと放電させたわけだ。

 

肉が美味しくなる上に、さらにカッコいい! 電気肉と名づけて、みんなに見せびらかしていたらテレビがやってきたのだ。

 

ただの通電ではなく、キルリアン写真を撮ったら肉が美味くなる。それは、実は肉に残留している生体エネルギーと、キルリアン写真が映し出したというオーラに何か関係があるのか? そこをどう考えるかはみなさん次第である。

20160430moo1 (1)

『電気肉』は毎月第一日曜日、私がやっている東京・武蔵小山のバー『科学実験酒場』で体験できるので、味の変化を疑うなら、食べにきてほしい。(次回は5月8日)

(文/川口友万)

 

月刊ムー公式ウェブ「ムーPLUS」はコチラ

TAG
SHARE ON