ライフスタイル
2018/9/29 18:30

【アラフォー的フリマ活用術】メルカリで買ってヤフオク!で売ると儲かるのか

メルカリの普及とともに、「転売」がニュースで取り上げられる機会も増えました。そもそもメルカリ事務局は、メルカリで買った商品を著しく高い価格にしてメルカリ内で転売することを禁止しています。つまり、メルカリの中で物を回して儲けてはいけない、というわけです。でも実は、メルカリで買った物を他のサイトで売ることは禁止していないのです。

■超重要「メルカリとヤフオク!の違い」

メルカリで買った物をヤフオク!で売って利益を出す場合、ネックになるのが手数料です。ヤフオク!は落札金額の8.64%(特定カテゴリは別)が手数料として引かれるので、最低でもこの分を購入価格に上乗せした価格で売らないといけません。

 

ただヤフオク!の場合、送料はたいてい落札者が支払います。メルカリと違い、出品者の送料負担は考えなくてもいいのですが、逆に落札者が「送料分をプラスしても買いたいと思うかどうか」が重要。大前提として、そもそもヤフオク!で売れるのか?という問題もありますが、まずはヤフオク!で同じ商品が過去どのように取引されているか、調べることからはじめましょう。

 

■同じ商品でも1万3千円の差

私自身、メルカリで買った物をヤフオク!に転売したことはありません。でも、「これ、転売できるかも……」と思った経験はあります。父は記念切手のコレクターで、ヤフオク!やメルカリを使いこなしています。ある時、記念切手の中でも高価とされている切手を買う覚悟ができた父は、こう言いました。

 

「3万円まで出す」

 

つまり、父は1シート3万円もする切手を買おうとしていたわけです。そこで私はまず、ヤフオク!でその切手を調べてみました。確かに、3万円近くします。次にメルカリを調べると、なんと17,000円!「状態が悪いのでは…」と写真を見たところ、それほどダメージはなさそうです。50年以上前の切手らしく、新品同様というわけにはいきませんが……。

出品者の評価を確認し、父に写真と説明文を見せて「ゴーサイン」をもらいました。その場で購入。届いた切手は特に問題はなく、父も大満足でした。私はというと、「これだけの(価格)差があれば、じゅうぶん転売できるな……」と感じていました。

 

と同時に、「メルカリは物の価値をあまりわからない人が本当に処分目的で売っているのかもしれないな……」とも思いました。恐らく切手のことはまったく知らない出品者だったのでしょう。こんな掘り出し物を見つけられると、ヤフオク!でも転売できそうです。

 

■シーズンオフに買ってシーズン真っ盛りで売る

希少品以外も、転売できる可能性はあります。たとえば、服。季節をずらして購入し、シーズン真っ盛りで売るのです。

 

これも私の経験ですが、あるブランドのダウンジャケットを今年3月の終わりに買いました。ダウンを使わなくなるタイミングなので、値段は右肩下がり。9月初め時点での相場は、買値とあまり変わりませんでした。でも、これからダウンの季節。恐らく価格は上がっていくでしょう。そのブランドのダウンについて言えば、知名度の高さも手伝って、毎年冬場の取引価格は大きく下がりません。シーズン中は価格が安定しているので、適切なタイミングで売れば利益を出せるかもしれません。

 

ただ、こういった商品をコンスタントに見つけるには、けっこうな労力と時間が必要です。ここで紹介した体験談も、自分や自分の周りの人が興味を持った物から派生した結果なので、ほかに転売できそうな物はよくわかりません。

 

もしビジネスとして転売をするなら、コスト面の調整より、「商品を探す作業」が一番難しいポイントになると思っています。

 

【著者プロフィール】

フリマアプリ・ネットオークションの達人 川崎さちえ

ネットオークション暦14年。NHK「あさイチ」や日テレ「あのニュースで得する人損する人」などに出演し、経験に基づいた実践型のオークションの魅力を伝えている。最近はネットフリマにも挑戦し、独自のノウハウを構築中。

TAG
SHARE ON