ライフスタイル
アウトドア
2018/10/16 19:00

キャンプ初心者以上、中級者未満向け! テントサイト内をワンランクUPさせる定番ギア・定番用品5選

暑からず寒からずの10月を迎え、キャンプを楽しむには一番の季節がやってきた。日本オートキャンプ協会の発表によると、2017年度のオートキャンプ参加人口は、前年比1.2%増の840 万人と5年連続で増加しており、とりわけ11~3月までの冬季利用が著しく増加している。キャンプギアの多様化や品質向上により、「ぜひ使ってみたい!」とユーザーに思わせるアイテムが増えたことも、その要因のひとつといえるだろう。となると、今年は存分にキャンプを楽しもうと、ギア・用品を探している人も多いはずだ。

 

 

今回は、「何度かキャンプを体験して、最低限必要なものは揃えたけれど…」という初心者以上中級未満のキャンプ初級者にオススメしたい、プラスアルファで活躍する便利ギアをピックアップした。自分好みのアイテムを徐々に増やして、秋キャンプを存分に楽しもう!

 

[01]

4つのパネルが独立したマルチパネルのLEDランタン

コールマン

クアッド マルチパネルランタン

実売価格1万5599円

24個のLEDで最大800ルーメンの明るさを発揮するLEDランタン。マグネット式で簡単に取り外しできる4つの発光パネルを備え、パネルを外しても本体のみでも発光する。パネルは「引っ掛ける」「立てる」「くっつける」「持ち歩く」など様々な使い方ができ、トイレに持っていったり、読書灯として最低限の灯りを確保したり、個々に活用できる点が最大の魅力。

 

<注目ポイント>

・個々に持ち歩き可能な4分割パネル

・USBポート付きでモバイルなどの充電もOK

・2泊3日のキャンプでも余裕の点灯時間

USBポート付きなので、スマートフォンやラジオなどの充電にも対応。電源は乾電池式で、コンビニなどですぐ買えるからコンセットがなくても安心だ。コンパクトなサイズながら十分な明るさで照らすマルチパネルランタンは、キャンプだけでなく災害など緊急時の灯りとしても活躍してくれるので、一家に一台備えておきたいアイテムだ。

 

[編集部員が実際に使用したレビュー]

2018年のTINY GARDEN FESTIVALで使用。こちらキャンプフェス的なイベントだが、テントサイトは雑草が膝丈ぐらいまであって、夕方以降は非常に足元が見づらいのが特徴。特にテントやタープのロープが見づらくなる。こうした足場の悪いキャンプ場でも本製品ならしっかりと足元を照らしてくれて、安心して移動できる。

 

一緒に行った家族、友人から最も好評だったのがデザイン。スタイリッシュだけどギア感あふれるデザインで、最新のキャンプを楽しんでいる感を味わえる。続いて好評だったのが、使い勝手的にはパネルが取り外せるので、イスの飲み物入れにラフに入れておけるのが気楽だった。

 

IPX4対応なので水しぶき程度ならへっちゃらだ。 ちょっと驚いたのは、アルカリ単一形乾電池を4本または8本使用すること。単一形、久々に買った。ヘビーユースするなら充電式電池を使ったほうがお得だ。

 

[02]

テーブル上でBBQができる卓上グリル

コールマン

フォールディングクールステージ テーブルトップ グリル

実売価格5227円

テーブルの上でBBQが楽しめるコンパクトなグリル。コンロ下に熱がたまりにくく、テーブルを囲みながら焼肉感覚でBBQができるのが魅力。低重心で安定感があるので、子どもがそばにいても安心。赤くオシャレなボディがBBQをさらに華やかに演出してくれる。

 

<注目ポイント>

・テーブルの上でも使えるコンパクトなボディ

・折りたたみ式で設営も簡単

・収納ケースで持ち運びも楽々

ボディはメッシュ仕様で風通しも抜群。炭置きにはコールマンのランタン型をした風穴が開けられ、デザイン性と実用性を兼ねたディテールがさりげないアピールポイントに。本体はフラットに折りたためる設計で、収納時の場所を選ばない。専用のキャリーバッグも付属し、持ち運びも楽チンだ。少人数で楽しくBBQをするならぜひクルマのトランクに追加しよう!

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON