ライフスタイル
アウトドア
2019/1/16 17:30

今年こそキャンプで「キャリーカート」デビューしたい人のための編集部が選んだオススメ

テントやアウトドアテーブル、チェアにバーベキューコンロ。キャンプやバーベキューだと重い器具が多く、手持ちだと駐車場から離れたキャンプ地に運ぶだけで苦労するもの。ましてや家族分の荷物を運ぶために駐車場とキャンプ地を往復しては、レジャーを楽しむ前に疲れてしまいます。そこで今回は、アウトドア用品をまとめて積んで一気に運べるキャリーカートをご紹介。より快適なアウトドアが楽しめますよ!

 

目次

 

 


さまざまなシーンで重宝!コールマンの定番キャリーカート


コールマン(Coleman)アウトドアワゴン 2000021989

 


 

人気が高いコールマンの簡単収束型ワゴン。スムーズに移動できる大型タイヤはストッパー付き。両サイドにDリングが付いているので荷物の固定もできます。「運動会や、子連れで公園・プールなどのお出かけに大活躍しています」「道具はもちろん、重い野菜を収穫した時にも重宝しています」など、キャンプ以外で愛用しているユーザーも多数。

【詳細情報】
サイズ(約):106×53×100cm(使用時)
重量(約):11kg
耐荷重(約):100kg

 

 


耐荷重150kg!折りたたみ式大容量ワゴン


FIELDOOR ワイルドマルチキャリー【タフ】

 


 

耐荷重は150kgと、重い荷物も一度で運ぶことができる大容量! 大型タイヤを採用しているので、石の多い河原の道や砂浜など未舗装の移動もできます。また、耐久性のあるしっかりとしたスチールフレームに加え、収納部底部をカバーしているフレーム構造により簡単に折りたためる設計。レジャー時に備えて車内に置いておける頼もしいアイテムです。

【詳細情報】
サイズ(約):【本体】幅97×奥行62×高さ73.5~98cm、【かごの寸法】幅78.5×奥行47×高さ28cm
重量(約):11kg
耐荷重:150kg

 

 


重い荷物でも自在に運べるフレキシブルハンドルを採用!


DOPPELGANGER OUTDOOR フォールディングキャリーワゴン パープル ノーマルタイプ C2-97

 


 

テントやタープ、寝袋、カヤックなど、多くのアウトドアギアを一度に運べる大容量ワゴン。重い荷物も自在に運べるよう、ワゴンとの適切な距離を保ち、前後左右に舵をスムーズに操舵できるフレキシブルハンドルを採用しています。また、急な雨から荷物を守るトップシートを標準装備。普段は専用の収納カバーに収納し、ワゴン展開時にはワゴン内のポケットに収納できます。悪路の移動でも荷物の安定を確保できる床面強化のフロアマット付きです。

【詳細情報】
サイズ(約):幅950×奥行き530×高さ600mm
重量(約):12.8kg
耐荷重:100kg

 

 


安定性・静音性に優れたワイドホイールを採用!


クイックキャンプ ワイドホイールアウトドアワゴン QC-CW90

 


 

直径21cmのワイドホイールを採用。砂地や悪路でも地面を掴みやすくスムーズに移動ができます。ホイールの中央はラバーバンド仕様なので、アスファルトなどでの使用時も気になる音を抑えます。120Lの大容量と耐荷重は安心の100kgで、フレームに固定できる荷物用のゴムバンド付き。縦にも横にもコンパクトになる集束式で、収納状態でも自立するので便利です。

【詳細情報】
サイズ(約):【外寸】幅107×奥行55×高さ90cm、【荷台】幅89×奥行43×高さ32cm
重量(約): 11kg
耐荷重:100kg(静止重量)

 

 


車内を汚さず収納できる専用キャリーバッグ付き!


テントファクトリー キャリーワゴン TF-MXCW

 


 

収納部の容量は約100Lと大容量で、キャンピング用のテーブル、チェアなどの運搬に最適な折りたたみ式ワゴン。使った後は簡単に折りたためて、タイヤまでカバーできる専用のキャリーバッグで車内などを汚さずに収納できます。本体収納部カバーは取外し可能なので、汚れても丸洗い可能。ユーザーからは「重さと折りたたみがさっとできるか心配でしたが、女性でも説明も読まず開けて折りたたみができました」と扱いやすさを評価する声も。

【詳細情報】
サイズ:幅93×奥行51×高さ57cm
重量:9.8kg
耐荷重:80kg

 

目次に戻る