ライフスタイル
アウトドア
2019/2/10 21:00

春までもう少し。キャンプナイトを彩る「イルミネーションライト」の薦め

手軽にできる日帰りキャンプもいいですが、せっかくテントを張って泊まるならアウトドアならではの空間演出も楽しみたいもの。特に、夜になると自然の中では真っ暗になりますが、イルミネーションライトでテントを飾り付けるだけで一気に雰囲気のあるオシャレな空間に早変わりします。本記事では、テントに飾りつけるだけでアウトドア気分を盛り上げてくれるイルミネーションライトをご紹介します。

 

目次

 


ランプシェードのデザインがレトロな雰囲気を演出


Cerdeco イルミネーションライト ランプシェード形

 

 

レトロな雰囲気を醸し出すランプシェードタイプのライト。多機能リモコン付きで、タイマー設定や明るさ調整、8種の点灯モードが用意されています。購入者からは「点灯パターンが色々あるので、その時々のシーン、例えば誕生日会やハロウィンなら点滅、焚き火でまったりなら点灯などと使い分けられていいと思います」という声も。浸水は避け、コントローラーとプラグ部に関しては水に濡れないように注意が必要。

【詳細情報】
サイズ:【長さ】3m×12cm、【球の直径】6×5.5×6cm
使用電源:単3電池×3本(別売)

 


昼と夜とで違う表情を楽しめるガーランド


コールマン ライト ガーランドストリングライト フォリッジ/ピンク 2000022289

 

 

昼はピンク色のフラッグとして、夜はキャンプサイトを照らすライトになるガーランド。多くのテントが立ち並ぶテントサイトで、自分のテントを見つけるための目印としても最適です。常時点灯、点滅の切換が可能で、防水性能は雨や水しぶきに耐えるIPX4対応。購入者からは「キャンプの雰囲気がおしゃれになり、参加者のみんな(特に女子の)うけがよかったです」という声も。

【詳細情報】
サイズ(約):【本体】12×12cm、【コード】3m(全長)
重量(約):160g
連続点灯時間:約20時間
電源:単3形乾電池×3本(別売)

 


テントを15色に彩るロープ型LEDライト


Luminoodle COLOR 1.5m

 


 

15色のカラーバリエーションと4種類の発光モードで、明るく広範囲を照らすことができるロープ型防水LEDライト。点灯モードは「常時点灯」「マルチカラーフェイド」の2種類の切り替えが可能です。明るさは8段階で調整でき、最大輝度は450ルーメンと明るさも十分。手元のビルトインコントローラーやリモコンで操作できるほか、USBモバイルバッテリーやパソコンなどさまざまな電源から給電できるなど使い勝手も良いのが特徴です。

【詳細情報】
サイズ:1.5m
重量:133g
使用電源: USB typeA リバーシブル

 


どんな装飾とも馴染みやすいシンプルな球体ライト


COOLBOTANG 可愛くて小さなボールLEDイルミネーションライト 4m 40球 ウォームホワイト

 

 

暖かみのあるロマンチックな雰囲気を演出できる球体のLEDライト。シンプルなので、複数のイルミネーションライトとの重ね付けも楽しめます。機能は定常と点滅の2種類。防水性は雨と湿気程度に耐えるレベルです。「LEDの色が昔のサーカスやメリーゴーランドのような落ち着いた温かみのある電球色ですし、光量もいい意味で必要以上に明るいこともないので、とてもよい雰囲気になります」というユーザーの声も。

【詳細情報】
サイズ:【LED直径】18mm
使用電源:単三電池×3個 (別売)

 


ミニサイズになったコールマンのランタンが目を引く


Coleman(コールマン)ライト LEDストリングライト2 2000031280

 


 

キャンパーにはお馴染みのコールマンのランタンがミニサイズになってLEDライトに。時間の経過とともに徐々にライトの色が変わり、テントを彩ってくれます。レビューでは「キャンピングサイトがキラキラしてとてもよかったです」「ランダムカラーに点灯し、遠くから見ても目立つし綺麗でした」「テント周りにつけるとインスタ映えします」と高い支持を集めています。

【詳細情報】
サイズ(約):【ランタン】直径4×7cm×10個、【コード】2.8m
重量(約):290g
連続点灯時間:約24時間
使用電源:アルカリ単三形乾電池×3本(別売)

 

目次に戻る