ライフスタイル
英語
2019/1/27 15:00

「食パン」「パンの耳」って英語でなんて言う?

あなたはごはん派ですか?それともパン派ですか?

 

朝食に「食パン」を食べる人もいらっしゃると思いますが「食パン」って英語でどう言うのでしょうか?

 

また、言えそうで言えない「パンの耳」の英語表現や、日本とはちょっと違うニュージーランドの食パン事情もあわせて紹介します!

 

「食パン」を英語で言うと?

まずは「食パン」を英語で言ってみましょう。「食パン」を英語で言うとどうなるでしょうか?

 

bread

sliced bread

white bread:普通の白い食パン

wholemeal bread:全粒粉食パン(アメリカ英語では whole wheat)

toast bread:トースト用食パン

sandwich bread:サンドイッチ用食パン

 

“bread” はパン全体を指す単語ですが、食パンのことを単に “bread” と言うことも多いです。

 

スーパーで売っているようなスライスされて袋に入った、いわゆる「食パン」を特に指して言う場合には “white bread” と呼ぶことが多いように思います。

上の写真を見て「枚数、多っ!」と思った方もいるかもしれませんね。

 

ニュージーランド・オーストラリアの一般的な食パンは日本の食パンとは全然違います。1枚が小さくて薄く、入っている枚数がとにかく多いです。「1斤」と言うより「1本」です。

 

トーストして食べるので “toast bread” と呼ぶこともありますよ。

 

また、”toast bread” と見た目がほとんど同じの “sandwich bread” も売られています。

 

日本のサンドイッチ用食パンは耳がカットされて白い部分だけパックされていますが、ニュージーランドやオーストラリアでは耳が付いていて、”toast bread” よりも若干薄切りというだけの、とっても微妙な違いです。

 

「パンの耳」を英語で言うと?

では「パンの耳」は英語でなんと言うのでしょうか?

 

「耳」なので、ついつい “ear” を使って “ear of the bread” みたいに言いたくなりますが、そうは言わないんです。

 

そもそも「パンの耳」と呼ぶようになったのは、耳は人間の顔の端にあるので「耳=ものの端っこ」を指しているそうです。そこからパンの端の部分も「耳」と呼ぶそうですよ。

 

英語では「パンの耳」の部分を、

 

crust

 

と呼びます。焼けて茶色くなっている外側のかたい部分が “crust” です。

 

先ほど上に載せた写真はオーストラリアで買った食パンですが、1本をスライスした時に出る端のスライスも入っているのが分かりますか?

 

日本のスーパーで売られているスライスした食パンにはこの部分は入っていないですよね。ただ、海外ではこれが入っていることが多く、この両端の部分のスライスは、

 

the heels

the end crusts

the end pieces

the end slices

the crusts

the ends

 

など、他にもいろんな呼び方があります。

 

「食パン1斤」「食パン1枚」「トースト1枚」の数え方は?

セブンイレブン - 金の食パン_009

最後に、食パン好きの人は日常的に使いそうな「食パン1斤」「食パン1枚」「トースト1枚」の英語での数え方をおさらいしておきましょう。

 

食パン1斤:a loaf of bread

食パン1枚:a slice of bread

トースト1枚:a piece of toast, a slice of toast

 

みたいに言います。

 

“bread” は “a bread” や “two breads” と言うことはできないので、焼けたスライスする前の大きなかたまりは “a loaf (of bread)” や “two loaves (of bread)” と数えます。

 

ただ、”a loaf” は大きさが決まっているわけではないので必ずしも「1斤」とはイコールになりません。

 

また、”loaf” は形にも決まりはないので、四角くて長いタイプも、円形でも楕円形でもスライスする前の大きな塊なら “loaf” です。

 

スライスしてある「食パン1斤」は “a loaf of sliced bread” と言えばいいですね。

 

さらに「トースト1枚、2枚」も “a toast” や “two toasts” とは言えないので、枚数を表現するときは “a piece/slice” や “two pieces/slices” のように言います。枚数を言わない場合には、

 

usually have toast for breakfast.

いつも朝食にトーストを食べます

 

のように言えばOKですね。

 

【URL】
活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン
「日刊英語ライフ」 https://kiwi-english.net/