ライフスタイル
アウトドア
2019/2/23 21:45

朝のコーヒーがキャンパーの至福!! キャンプに持って行きたいおすすめパーコレーター5選

キャンプの朝の一番の楽しみといえば、いつもの休日よりもかなり早い時間に起床して、澄み切った空気の中、のんびりと椅子に座ってすする熱いコーヒー。そんな時のコーヒーはインスタントでも美味しいものだが、キャンパーだけが味わえるこの至福の時間、焦らず、あえて手間をかけて、こだわりのコーヒーを淹れてみてはいかがだろうか。

 

 

コーヒーの淹れ方といえばインスタント、ドリップといろいろあるが、せっかくキャンプに繰り出したのならキャンプサイトでベテランキャンパーの多くが使っているパーコレーターをオススメしたい。パーコレーターで淹れたコーヒーを美味しそうに飲む姿に憧れながらも、パーコレーターを使ったことがない方は「使い方が難しい?」と二の足を踏んでいるかもしれない。が、実は淹れ方はいたって簡単。とはいえコツをつかむまでには少し時間がかかるので、まずは自宅で試してみるのがいいかもしれない。

 

パーコレーターは19世紀の前半にフランスで考案され、西部開拓時代のアメリカで普及した。フィルターやドリッパーは不要で、熱湯がろ過器を循環してコーヒーを抽出するというシンプルな構造となっている。そのため、器具の故障も少なく、手入れも簡単だ。

 

パーコレーターでの抽出方法

①コーヒーをセットする

本体(「クッカー」)からコーヒー豆をセットする「バスケット」とろ過器(「ストレーナー」)を取り出し、杯数分のコーヒー粉をバスケットに入れ、中蓋をかぶせる。コーヒー粉は、お湯と接触が長い抽出方法なので浅めの焙煎度合いのコーヒー豆を粗挽きに。挽き方が細かいとバスケットからコーヒー粉が落ち、粉っぽくなるので注意。

 

②お湯を沸かす

水を杯数分入れたクッカーを火にかけ、お湯を沸かす。一杯分の目安はコーヒー粉12gほどに対して、お湯は160cc程度。

 

③バスケットをクッカーにセット

クッカーのお湯が沸騰したら、一度火を消して、コーヒー粉の入ったバスケットとストレーナーをセットして、クッカーの蓋を閉じる。

 

④抽出してできあがり

今度は弱火にかけて抽出。4分くらいで、蓋の透明なツマミから見える抽出液の色が濃くなったらできあがり。抽出に時間をかけ過ぎると、酸化のため香りが失われたり、苦みや渋みが出てしまうので要注意だ。

 

コーヒー豆の焙煎度合いや、火加減、抽出時間によって味は大きく異なってくるので、いろいろ試して、自分に合った味を求め諦めずに探究しよう。こうした手間も、キャンプの醍醐味のひとつなのだ。あなたにピッタリのコーヒーの味を極め、キャンプ地で最高の朝を迎えましょう!

 

[01]

低価格、軽量、コンパクト、三拍子揃った入門編

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG

18-8ステンレス パーコレーター 3カップ

実質価格2759

 

コスパに優れたアウトドア用品を提供する、ビギナーにも人気の国産ブランド、キャプテンスタッグのリーズナブルなパーコレーター。340mlで2カップ分、540mlで3カップ分と少人数やソロキャンプで大活躍間違いなし。低価格、軽量、コンパクトと三拍子揃ったお手軽さもあり、パーコレーターを初めて購入するという方にもおすすめだ。

 

通常のパーコレーターは少量のコーヒーを淹れるのには向かないが、同商品はマグカップ1杯から淹れることができる。本体の外側に目盛りが付いているので、必要な量が分かりやすいだろう。また、ろ過器を外せば満水容量900mlのケトルとして、ティーバック用のポットとしても使用できる。

 

<注目ポイント>

  • 低価格、軽量、コンパクトの三拍子揃ったジャストサイズ
  • 少人数キャンプに適した入門モデル
  • ケトルやティーバック用ポットとしても使用可

 

[02]

家でも使いたくなる高級感溢れるデザイン

コールマン(Coleman

ステンレスパーコレーター3

実質価格4178

 

容量約1.3Lでコーヒー約5カップを1回で淹れることができる、ファミリーや大人数キャンプ向け。コールマンらしい安定したフォルムと高級感のあるデザインで、家庭でも普段から使用したくなる形状も魅力的。持ち手部分には、熱伝導率の低い天然木を使用している。

 

本体内部のストレーナー(ろ過器)もステンレス素材なので耐久性はバッチリ。家庭用の五徳でも安定するサイズだから、家庭でコーヒーを淹れたり、ポットとして利用してもいいだろう。本体外側に計量の目安になる目盛りが付いているが3カップからしかなく、つまり3カップよりも多い分量でコーヒーを淹れたい方向け。

 

<注目ポイント>

  • 人気ブランドならでの安定感と存在感
  • ファミリーや大人数キャンプに対応
  • 家庭でも使いたくなる高級感あるデザイン

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON