ライフスタイル
英語
2019/3/16 15:00

“number(ナンバー)” の略はなぜ “No.” なのか?

「No.1」という表記って日本でもよく見かけますよね。例えば「売上No.1」「人気No.1」みたいな感じです。

 

この「No.」が「ナンバー(number)」の略ということは皆さんご存じだと思います。

 

では、なぜ「Nu.」ではなく「No.」なのか疑問に思ったことはありませんか?

 

“number” がなぜ “No.” になる?

“number” には見てのとおり、”o” というアルファベットは入っていませんよね。そうすると、”number” の略は「Nu.」が正しそうなのに、なぜ「No.」なのでしょうか?

 

実はこれには、ラテン語が関わっているんです。

 

ラテン語で「数」は “numerus” と表します。でも、そうするとやっぱり「Nu.」になりそうなものですよね。

 

実は「No.」は “numerus” の略ではなく、「数において、数の上で(in number)」を意味するラテン語 “numero” の略なんだそうです。(参考:ロングマン現代英英辞典)

 

“numero” の最初と最後のアルファベットをとって「No.」になった、ということです。

 

書き方は「No. 1」「No 1」「#1」

英語では「No.1」ではなく「No. 1」のように、ピリオドの後ろ(数字の前)にスペースを入れることが多いです。

 

イギリス英語では略語のピリオドを省略することが多いので、この「No. 1」も「No 1」のように書かれることがありますよ。

 

テニスの大坂なおみ選手が世界ランキング1位になった時や、コーチと契約を解消したニュースでも、

 

Naomi Osaka becomes World No 1

World tennis No 1 Naomi Osaka splits with coach Sascha Bajin

 

のような見出しになっていました。

 

また「no. 1」「no 1」のように “n” を小文字で書くこともまれにあります。さらに「Nº」や、下の写真のように「№」という表記も目にすることがあると思いますが、これらも “number” を略した記号です。

№ 5

ちなみに「No. 1」と書かれていても、読み方は “number one” です。読むときは省略しません。

 

ハッシュで「#1」のように表すことも

さらに「World’s #1」のようにハッシュ(#)で “number” を表すこともあります。ハッシュタグ(hash tag)の “hash(#)” ですね。

 

NZ’s #1 auction site

the #1 seller on eBay

‘Canada Ranked #1 Country In The World For Quality Of Life’

 

この場合は「#」と数字の間にスペースは入りません。

 

ちなみに、電話のキーパッドにも「#」ボタンがありますよね。日本語ではこれを「シャープ」と呼んで「シャープを押してください」のように言いますが、ニュージーランドでは、

 

Press hash.

 

と言います。これはイギリス英語なので、アメリカ英語では “pound key” と呼ばれます。

 

実はこのハッシュ(#)とシャープ(♯)は別物なんです。

 

よく見ると、線の傾き方が違いますよね。ハッシュは横線が水平で縦線が傾いているのに対して、シャープは横線が右上がりで縦線が垂直です。これらは違うものなのでご注意ください!

 

【URL】
活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン
「日刊英語ライフ」 https://kiwi-english.net/