ライフスタイル
アウトドア
2019/6/30 18:00

キャンプで使う? インテリアに使う? 二刀流な「自立式ハンモック」4選

自然の中でハンモックにすっぽり包まれてゆらゆら揺れる感覚は、アウトドアの醍醐味の一つ。ハンモックは野外では立木の間などに吊して使用するのが主流ですがし、ハンモックを吊るす場所が思うように見つからないことも多いですよね。

 

そこでおすすめなのが、場所を選ばずに設置できる自立式のハンモックです。最近では折りたたむことができて、キャンプやビーチにも最適な自立式のハンモックも多く発売されています。そこで今回は、どこでも手軽にハンモックを楽しむことができる自立式のハンモック4選を紹介します。

 

目次

 


ファニチャーとしてもおすすめ


FIELDOOR 自立式 折りたたみハンモック


 


 

折りたたむことができ、移動に便利な収納バッグが付属するハンモック。いつでもどこでも手軽に設置することができるので、憧れだったハンモック生活を簡単に楽しむことができます。インテリアにも馴染むデザインで、ファニチャーとしてもおすすめ。部屋以外に、ベランダやテラスなどに移動して使っても◎。ユーザーからは「毎日使用しても1年以上は使える」、「しっかりした作りで安心して使えます」といった声があがっています。

【詳細情報】
サイズ(約):ロックアーム位置(上)/幅255×高さ102×奥行74cm、ロックアーム位置(下)/幅218×高さ112×奥行74cm
重量(約):8.5kg
カラー:ダークブラウン×ダークブラウン・ダークブラウン×ホワイト・ホワイト×ダークブラウン・木目調×ダークブラウンネット・木目調×ホワイトネット
耐荷重:200kg

 


ロングタイプの自立式ハンモック


ポータブルやわらかハンモック


 

 

 

最大幅約2.5mのワイドなスタンドで身長の高い方でもゆったり使える、ロングタイプのスタンド付きハンモック。組み立て不要で届いたその日から使えます。ハンモックに使用している生地は、メッシュ生地の中でも特に目が細かく、肌触りの良い生地を2枚重ねでふんだんに使用。すっぽり包まれるような感覚を楽しむことができます。ハンモックの生地はこだわりのカラーで独自に染め上げてあります。ユーザーからは「キャンプ用に購入したが、あまりの使いごこちの良さに自宅でも使用している」といった声も。

【詳細情報】
サイズ:250×92×78cm
重量(約):8kg
カラー:アイボリー×ネイビー・ブラウン×アイボリー・ブラウン×ネイビー・ペールオレンジ × ブラウン・マリンブルー × ブラウン
耐荷重:250kg(スタンド部分)

 


3wayで使える自立式ハンモック


GROOVY OUTSTYLE 自立式ハンモック


 

 

リビングでのハンモックにソファー代わりのハンモックチェア、雨天時のハンガーラックや物干しという、シーンに合わせてさまざまな使い方ができる自立式のハンモック。室内に限らず海やキャンプなどのアウトドアにもおすすめ。持ち運びも簡単です。

 

カラーは、アウトドアやビーチにぴったりの鮮やかなレインボー、北欧の伝統的なデザインをモチーフにしたかわいい柄のコルミオ、リビングにインテリアとしてもマッチするブラウン。3種類のハンモックそれぞれにハンモックチェア専用のナチュラルなベージュネットが付属します。

【詳細情報】
サイズ:ハンモック使用時/114×80×86cm
重量(約):10kg
カラー:レインボー・コルミオ・ブラウン
耐荷重(約):330kg

 


ゆとり空間設計が魅力


Vivere 全米が愛したハンモック レギュラーサイズ


 


 

Vivereハンモックは業界初の”ゆとり空間設計”を採用し、大人2人がすっぽり包まれるビッグサイズが特徴。寝返りを打ちながら安定した寝ごこちを得ることができます。ハンモックの生地は使う人の体重や人数により沈みかたが異なるため、ここち良い高さと傾きを選べることが重要。Vivereハンモックは生地をかける位置を12段階に調整が可能で、生地をかける位置をずらすだけで心地よいハリとか傾きが得られます。ハンモックの生地にも徹底的に肌触りと耐久性を追求し、上質コットンの織込み製法を採用しました。

【詳細情報】
サイズ(約):250×112×122cm
カラー:トロピカルカラー・デザートムーンカラー
耐荷重:200kg

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON