ライフスタイル
アウトドア
2019/4/29 20:00

ロングライドに欠かせない! 安定感抜群の自転車用スマホホルダー5選

スポーツ自転車を楽しむとき、走行ルートを記録したりマップを確認したりと、スマホの出番は多いですよね。しかし、スマホを使うたびにカバンやポケットから取り出すのが面倒、と思っている人も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、自転車用スマホホルダー。ハンドル部分に装着するだけでしっかりとスマホが固定され、使いたいときに自転車を停止させてサッと使うことができる便利アイテムです。そこで今回は、安定感抜群の自転車用スマホホルダー5選を紹介します。

 

目次

 

 


360度回転する自転車用スマホホルダー


VUP スマホホルダー


 

 

 

「VUPスマホホルダー」は、360度回転するので地図の確認などに最適。四隅からスマホを固定するため安定性があり、振動や衝撃で外れる心配がなく山道でも脱落しません。また、スマホホルダーがスマホの画面を遮らないので、画面確認や操作を妨げることもありません。

 

医療用規格のシリコン素材を採用し、抜群の弾力性と高い強度が特徴。腐食に耐え、汚れても水洗い可能でいつでも清潔に保つことができます。ユーザーからは「適度な締め付け感で相当な段差があってもiPhoneが落下せずに固定される」、「着脱も簡単」と高評価が寄せられています。

【詳細情報】
対応サイズ:4〜6.5インチ

 

 


コスパ最強の自転車用スマホホルダー


TaoTronics 自転車ホルダーTT-SH013


 

 

 

「TaoTronics自転車ホルダー TT-SH013」は、タフな環境下でも使用するデバイスをしっかり固定して保護します。主にスマートフォンを保持するために設計されており、幅5cmから10cmまでのデバイスに対応します。

 

調整ノブ付きのクランプは自転車だけではなく、ベビーカーや料理台にも使用可能で、一つのリリースボタンでデバイスの固定を調整できます。ユーザーからは「この値段でしっかりホールドしてくれる!」などコスパを評価する声が多数寄せられています。

【詳細情報】
対応サイズ:幅5〜10cm

 

 


スタイリッシュなデザインが人気の自転車用スマホホルダー


Bone シリコン製 スマホホルダー


 


 

世界的に権威のある“iFデザイン賞2016”を受賞した「Boneスマホホルダー」。洗練されたデザインがあなたの自転車をドレスアップしてくれます。シリコン製で水洗いもOK。AndroidやiPhone 5、iPhone 7 Plusとさまざまなサイズのスマホに対応します。

 

工具を一切使わずに数秒で簡単に取り付けができ、また数秒で取り外しができます。バイクに付けていないときはスマホスタンドとしても使用可能。ユーザーからは「ホールド感と色が◎」、「自転車で転倒しましたが、iPhoneは自転車から外れず無事でした」といった声も。

【詳細情報】
対応サイズ:4〜6インチ
カラー:ダークブルー・パープル・ブラック・ルミナス・レッド

 


モバイルバッテリーが搭載された自転車用スマホホルダー


ROMOSS 自転車ホルダー


 


 

 

スマホホルダーだけではなく、携帯に充電できるモバイルバッテリーも搭載しており、スマートフォンの電池切れも心配なし。バッテリーをホルダーから取り外せるので、別々に利用することもできます。

 

10000mAhの大容量モバイルバッテリーは、2.1Aの出力で、複数回の急速充電が可能。自転車に乗りながらでもUSBコードを接続するだけで充電できます。伸縮性の高いシリコン素材を採用し、Android、iPhoneのさまざまな機種に対応可能です。

【詳細情報】
対応サイズ:4〜5.5インチ

 

 


フレームバッグ型の自転車用スマホホルダー


フレームバッグ 自転車携帯ホルダー


 

 

 

フレームバッグがついているので、ちょっとした荷物も収納できる優れもの。ケース表面は高い透明度を誇る高品質PVC素材で、スマホを装着したままフリックもスワイプも可能です。特にスマホでナビゲーションを使用する際もストレスはありません。

 

マジックテープの三箇所をハンドルにしっかり固定するだけで、装着は簡単。強力な粘着テープなので揺れることなく、落ちる心配もありません。サンバイザー付きで強い光の反射を防いでくれるので、晴天の日でも画面が見やすい点も好評です。

【詳細情報】
サイズ:18×11×8cm
重量:150g

 

目次に戻る

 

 

TAG
SHARE ON