ライフスタイル
2016/5/29 18:00

渋谷駅にCPライン導入! 「色彩心理」が人の心にもたらす効果とは?

JR東日本が、渋谷駅に安全対策として「CPライン」を導入することを発表しました。この「CPライン」とは、電車のホームの先端部分にほどこされた、赤やオレンジの線のこと。色彩心理学「Color Psychology=CP」を活用した、乗客の転落防止対策だそうです。泥酔や歩きスマホなどで注意が散漫になっている乗客に、「危険」を示す赤やオレンジで訴え、ホームからの転落を未然に防ぐことが狙いです。色による心理効果というのは、大きいものなのでしょうか?

c20160529-s3
写真:奴賀義治/アフロ

色彩心理は「暖色系」と「寒色系」を使い分ける

色彩心理学によれば、色が人の感情や行動に与える影響は非常に大きく、主に、次の2つの方向性を持っているとしています。

・暖色系の色彩(赤、黄、オレンジなど):「心地よさ」「温かみ」から、「敵意」「怒り」まで「熱を帯びた感情」とリンク

・寒色系の色彩(緑、青、紫など):「冷静」「落ち着き」から、「寂しさ」まで「クールな感情」とリンク

 

活用する際には、引き起こしたい感情とリンクさせ、暖色系や寒色系を使い分けるのだそうです。

 

 

色彩心理を活用している4つの事例

日本では、2005年に奈良県が「青色防犯灯」を設置。その後、全国へと広がりを見せています。またスコットランドのグラスゴー市でも同様に、犯罪の多い地区に青いライトを設置し、犯罪率の減少に一役買っているそうです。青色の理由は、人の心を穏やかに落ち着かせる効果があるとされるからです。“青効果”で言えば、駅にある青いライトもそうです。

 

東京都内の山手線をはじめとする駅のホームに青色LEDが取りつけられているのを見たことがある方もいるでしょう。あれは、JR東日本による飛び込み自殺を防止するための対策です。

 

 

また、薬のプラシーボ効果(薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かうこと)でも、色彩心理についての興味深い報告があります。ある調査によると、「刺激剤」には暖色系の錠剤、「鎮静剤」には寒色系の錠剤を用いた方が、飲む側が「これは効く!」と感じやすいのだそうです。確かに、プラシーボ効果は、思い込みの力が病状を変化させるので、色が与えるイメージというのは、大切なのかもしれません。

 

さらに、サッカーのユニフォームの色も、勝敗に関係しているのだとか。イギリスでは、ここ70年ほど、赤いユニフォームのチームがリーグで上位になる傾向が続いているそうです。また、ゴールキーパーが赤いユニフォームを着ていると、ペナルティーキックを阻止する確率が高まることもデータとして出ており、サッカーに関しては“赤効果”がよく言われているようです。

 

その心理を、「赤は力強い印象をプレーヤー本人と周囲にもたらすからだ」とか、「信号と同じく“阻止するパワー”があるからだ」とか……。ヨーロッパのサッカー熱はものすごいですから、このようなリサーチも頻繁に行われているのでしょう。

 

もっと身近なところでは、ネットショッピングなどがその典型例でしょう。お店は、購入者の心理を考えて、ホームページの配色をほどこしたりしています。

 

たとえば、お客さんの注意を引きたいときには黄色、目玉商品やセール品などは赤、安全と信頼を伝えるための青、健康的なイメージには緑、など。なんとなく乗せられて(?)買ってしまったという経験、きっと多くの方がしていると思います。色が持つパワー、侮れませんね。

 

パプリカ味が青パッケージ!? 色彩心理は文化の違いで変わることも

しかし、色彩心理は、どの人にも同じように作用するわけではないのも事実。とくに、文化、年齢、性別、時代などの影響を受けやすいようです。筆者は、海外暮らしが長いので、文化による色彩心理の違いを感じることがあります。例えば、ポテトチップス。オランダのスーパーのスナックコーナーには、青パッケージのものがたくさん並んでいます。

 

共通するのは、すべて「パプリカ味」ということ。どうでもいいことかもしれませんが、普通、“パプリカ味=赤”ではありませんか? あのLay’sのポテトチップスだって、他国では赤パッケージに入れて売っているのに、なぜか、オランダでは青。その方が売れるからなのでしょうが、色彩心理は、その文化も理解しないといけないみたいですね。

 

citrusのトップページはコチラ

 

著者プロフィール
佐藤めぐみ

Nzg4MWY2OGM2OTExYzVi

子育て心理学が専門のAll About子育てガイド。オランダ在住。 育児相談室「ポジカフェ」主宰&育児コンサルタントとして、ママ向けのストレス管理、叱り方のノウハウをお伝えするため日々活動中。 著書: 「子育て心理学のプロが教える 輝くママの習慣」(あさ出版) 、「パリママの 心豊かに生きるシンプルなヒント」(アルマット) 、「叱るときのイライラがなくなる! 佐藤めぐみのポジカリメソッド」(All About Books) 公式サイト:http://megumi-sato.com/

育児コンサルタント・佐藤めぐみのポジカフェ:http://satomegumi.hatenablog.com/

TAG
SHARE ON