ライフスタイル
英語
2019/7/27 15:00

揚げ物をするときに使う「バッター液」の“バッター”の意味って?

お家で揚げ物をされる方はよくご存じだと思いますが、揚げ物をするときに使う「バッター液」ってありますよね。この「バッター液」って、なぜこんな名前なのか疑問に思ったことはありませんか?

 

今回は、バッター液とは何か?と、バッター液の名前の由来を紹介します!

 

「バッター液」とは?

「バッター液」とは、とんかつなどのフライ(揚げ物)を作るときに使う、小麦粉・卵・水(または牛乳)などを混ぜた衣の生地のことです。

White Cake Batter

普通、揚げ物を作るときには、まず食材に小麦粉をつけて、卵にくぐらせて、そしてパン粉をつける…といった手順ですが、これが結構面倒だったりしますよね。

 

ですが、バッター液を使えば、食材をバッター液にくぐらせてからパン粉をつけるだけ、という手軽さでしかも美味しくサクサクに揚がることから、レシピでもよく目にするようになりました。

 

そんなバッター液ですが、名前の「バッター」って何なのでしょうか?

 

「バッター液」は英語で “batter”

「バッター液」とは何も日本だけに存在するものではありません。英語には “batter” というものがあります。”batter” とは、

 

a mixture of eggs, milk and flour used in cooking to cover food such as fish or chicken before you fry it, or to make pancakes
(オックスフォード現代英英辞典)

 

魚や鶏肉などを揚げる前に、その表面を覆うために使う「卵・牛乳・小麦粉を混ぜたもの」ということですね。つまり「バッター液」は “batter” なんです。

 

ニュージーランドではフィッシュ&チップスが有名ですが、その「フィッシュ(魚のフライ)」には “batter” が使われています。魚を “batter” にくぐらせてから揚げるのが一般的です↓

fish and chips

“batter” は「バッター液」ですが、”battered ○○” で「バッター液をつけて揚げた○○」みたいにも使われます。例えば、”battered fish” は上の写真ような魚を指します。

 

バッター液にビールを使うとサクッと揚がって美味しいので、”beer battered fish” なんかも人気ですよ。

 

ちなみに、揚げる前の天ぷらの衣も英語では “tempura batter” で、上で紹介した辞書の定義にもあったように、パンケーキの生地も英語で “batter” と呼びます。ただし、液状ではないパンやピザなどの生地は “dough” で、”batter” ではありません。

 

“batter” の発音は「バッター」ではない

ここからは私が個人的に「気になること」の話です。

 

それは何かと言うと「バッター液」という呼び方です。

 

英語の “batter” の発音は /ˈbæt.ər/ なので「バッター」のように小さい「つ」は入りません。

 

これは野球の打者の「バッター」も同じです。スペリング・発音ともに同じ “batter” なので、英語で「バッター」と言うと通じません。

 

また、食べる「バター」は “butter” で発音は /ˈbʌt.ər/ なので、しっかり発音しないと”batter” と言ったつもりが “butter” と聞こえてしまうこともあります(私は “tempura batter” がどうしても通じなかった経験があります…)。

 

「バッター液」「天ぷらの衣(の生地)」「パンケーキの生地」「(野球の)バッター」を英語で伝える際には、発音も意識してみてくださいね。

 

“batter” と “butter” の発音の違いは、アメリカ英語ですがこちらの動画が参考になると思います。

 

【URL】
活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン
「日刊英語ライフ」 https://kiwi-english.net/