ライフスタイル
アウトドア
2019/9/4 19:45

実はアウトドアアイテムの宝庫! アイリスオーヤマ広報が教える「秋キャンプお役立ちアイテム」5選

ソロキャンプが話題を集めるなど、アウトドア熱が高まる昨今。本格的なアウトドアシーズンを前に、アイテムの吟味を始めている方も多いのでは? そこで注目してほしいのが、アイリスオーヤマ。現在は家電メーカーとして有名になりましたが、同社はもともと生活用品のメーカーゆえ、アウトドアに使えるアイテムも数多く取り揃えているのです。というわけで、子どものころにはよく家族でキャンプをしていたという新入社員の広報女子・髙橋里奈さんに、アウトドアで使えるおすすめの製品を紹介してもらいました!

↑アイリスオーヤマの広報担当・髙橋里奈さん

 

オススメアイテムその1

悪路でも乗り上げて進むショピングキャリー用フレーム

まずはショッピングキャリー用フレームです。テントサイトと駐車場が離れているキャンプ場はまだまだ多くあります。バーベキュー施設に至ってはむしろ車の乗り入れができない場所のほうが多いくらい。そんなとき、荷物を運ぶためのキャリーカートが便利ですが、ホームセンターなどで売っているキャリーは車輪が小さく、芝生や砂利道などの未舗装路では使いづらいものでした。その点、今回紹介するアイリスオーヤマの「ショピングキャリー用フレーム 3輪タイプ」は、車輪が片側に3個ついているので、「石に引っかかったときでも乗り上げて進むことができ、段差でもいちいち持ち上げずにそのまま引いていくことができるので、悪路が多いアウトドアにも便利です」(髙橋さん)。

↑3つの車輪で悪路や段差もそのまま引けるショッピングキャリー用フレーム 3輪タイプ

 

フレームもガッチリ頑丈な作りで、重いバーベキューグッズがラクラク運べそう。価格は2000円(税別・アイリスプラザ価格・以下同)。このキャリーの合わせた保冷バッグ(下写真)も用意してあります。肉や魚など生鮮食品を運ぶのに便利で、アウトドアというより普段のショッピングで活躍しそう。価格は1980円です。

↑保冷バッグ(中央)。大型の車輪を一対搭載したキャリーもあります(写真左・1000円)

 

オススメアイテムその2

たくさんの具材を挟めるホットサンドメーカー

続いて紹介するのは「具だくさんホットサンドメーカー」。マンガやテレビドラマなどで紹介されたこともあり、ホットサンドメーカーがいま静かなブームに。アウトドアシーンでも、朝にホットサンドを食べるキャンパーも増えています。そんな背景を受けて同社では、2枚の食パンをそのまま焼くシングルタイプ(2780円)と、食べやすいように真ん中から2つに分けられるダブルタイプ(2980円)を用意しています。

↑具だくさんホットサンドメーカー。左がシングル、右がダブルタイプ

 

特徴の1つは、上下のプレートをつなぐ蝶番に幅があるので、大きな具材、たくさんの具材を挟めること。2つめは、食パンの耳の内側にあたる箇所にパンを抑え込む仕切りがあるので、たくさん具材を入れても上下のパンがしっかりとくっつき、ボロボロと落とさずにすむことです。「上下を取り外せるので、ミニフライパンとしても使用できます」(髙橋さん)。できるだけ荷物を減らしたいソロキャンパーにぴったりかも。

↑上下のプレートをつなげる蝶番部分に幅があるのでたくさんの具を挟んでもギュッと閉じられます

 

↑食パンの耳の内側に当たる部分の仕切りで2枚のパンがしっかりとくっつき、中の具がこぼれないよう工夫されています

 

↑上下のプレートを外してミニフライパンとしても利用できます

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示