ライフスタイル
2020/1/23 18:45

Tポイント、楽天スーパーポイントの攻略法解説! 多忙な人のための賢い「7大共通ポイント」活用術

いまやポイントはラクして貯める時代。重要なのは、普段の買い物などで効率良くポイントを貯め、有効に使うわずかな「コツ」です。今回は7大共通ポイントの「ポイ活」攻略法をまとめました!

 

 

「ポイ活」って何?

ポイントを上手に貯めて生活を豊かにする活動!

「ポイ活」は、ポイントを貯めたり使ったりして生活に役立てることを指します。クレジットカードの利用やポイントカードの提示でポイントを貯めたり、ポイントサイトやアプリでポイントを獲得したり、方法は様々です。

 

私が解説します

クレジットカード評論家

岩田昭男さん

クレジットカードやポイント還元システムに精通する専門家。本誌にて同氏監修の「クレカ『錬金』道場」を連載中。

 

ポイント還元を利用して頑張りすぎない「ポイ活」を

「キャッシュレス・消費者還元事業」の開始以来、ポイントの貯め方が変わりました。クレジットカード評論家の岩田昭男さんは、その変化を次のように説明します。

 

「現在、消費者還元事業のポイントに加え、カード会社やコード決済事業者も独自のポイント還元を実施。ポイントが手軽にどんどん貯まる状況になっています」

 

従来は“ポイ活”というと、ポイントサイトやアプリでポイントを稼ぐのが主流でした。ただ、月に数十万円もポイントを稼ぐには「友だち紹介制度」を使い、ブログやSNSを通じて多くの人をサイトに登録させ、ボーナスポイントを得る必要がありました。それは誰でもできることではありません。

 

「専業主婦なら空いた時間に内職感覚でポイントを稼ぐのも良いですが、会社勤めの人はその時間が取れません。それよりも、自分にとって使い勝手の良い共通ポイントを厳選し、キャッシュレス決済などで貯めるのが“イマ風ポイ活”と言えます。例えば楽天スーパーポイントは、楽天市場での買い物や、楽天カードでの支払いなど楽天サービスを使うほど貯まるのが大きな特徴です」(岩田さん)

 

岩田さんによると、今後のポイントバブルはまだまだ続きそうとのこと。

 

「2020年6月末の消費者還元事業終了後も、9月からはマイナンバーカード所有者に25%ポイント還元する『マイナポイント』がスタート。このポイントバブルはまだまだ続きそうです」(岩田さん)

 

各共通ポイントの「よりおトクに貯めて使う」裏ワザも含め、「ポイ活」を紹介していきます。

【ポイ活の心得】7大共通ポイントのおトクな使い方を知るべし!

「ポイ活」で貯めるポイントは、共通ポイントでまとめるのがおトク。コンビニやスーパー、飲食店などで幅広く使えて、直接共通ポイントが貯まる電子マネーやコード決済も多い。ここでは主要な7つの共通ポイントを紹介。特徴を把握し、自分のライフスタイルに合うものを活用しましょう。

 

よく使うポイントサービスの1位は「楽天スーパーポイント」

楽天市場での買い物や、楽天カード・楽天Edy・楽天ペイでの支払いなど、様々な方法で貯めやすい楽天スーパーポイントが利用度1位に。同じく利用シーンの多いTポイントが2位となりました。イオン系のWAON POINT(※1)や通信系のdポイントも、コンビニ、ファストフードなど幅広く利用できます。

※1:WAON POINTをそのまま利用できるのはイオングループの加盟店のみ。電子マネーWAONに交換すると、全国のWAON加盟店で利用できるようになります

[出典]MMD研究所が2019年5月16〜19日に行った「通信会社と利用ポイントに関する調査」より。通信大手6サービス(3キャリア、サブブランド、楽天モバイル各1000人)を利用している20〜69歳の男女6000人のうち、ポイントサービスを利用していると回答した5826人が対象。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON