ライフスタイル
英語
2020/2/22 17:15

“go to hospital” はあまり使わない? 「病院に行く」のナチュラルな英語表現

風邪で熱が出たり、咳が止まらなかったり…と、人にもよりますが「病院に行く」ということは、それほど稀なことではないですよね。

 

時には「風邪っぽいので病院に寄ってから行きます」と会社に連絡したり、体調が悪そうな人に「病院に行ってきたら?」と声をかけることもあると思います。

 

でも、この一見なんの変哲もない「病院に行く」という表現。日本人が結構引っかかってしまう表現でもあるんです。ちょっと言い方を変えるだけで、もっともっと自然になりますよ。

 

「病院に行く」は英語で?

「病院」を意味する英単語は誰でも知っていますよね。そう、”hospital” です。そして「行く」は、これまた皆さんご存じ “go” です。

 

簡単すぎて、そもそも「病院に行く」を英語でなんて言うのかと悩むこともないかもしれません。

 

では、あなたが風邪をひいたとしましょう。「昨日、病院に行きました」は英語で何て言いますか?

 

I went to hospital yesterday.

I went to the hospital yesterday.

 

が思い浮かんだ方、実はこれらはあまりナチュラルな表現ではないんです。

 

“hospital” の意味とは?

まずは “go to hospital” と “go to the hospital” の違いですが、”the” がないのがイギリス英語です。アメリカ英語では “the” が入ります。

 

でも、そもそも私たちが日常的に使っている「ちょっと病院に行ってくる」というような場合に “hospital” は使わないのです。

 

“hospital=病院” で間違いではないのですが、病院は病院でも、手術ができたり入院施設があるような大きい総合病院が “hospital” なんです。

 

ニュージーランドの首都には、”hospital” と呼ばれる病院はいくつかしかありません。

 

その代わりに、”medical centre” と呼ばれる病院がいくつもあり、まずはそこで自分のかかりつけのGP(general practitioner:何科でも診るホームドクター)に診てもらいます。そして、そこから紹介状を書いてもらって行くのが “hospital” というイメージです。

 

アメリカではGPのことを “family doctor” などと呼ぶようですが、基本的にこのようなシステムは同じだと思います。

 

なので “I went to (the) hospital” と言うと「えっ、どうしたの??」とビックリされるかもしれません。

 

ナチュラルな「病院に行く」の英語表現

では、風邪などのちょっとした時の「病院に行く」は、どう言えばちゃんとしたニュアンスが伝わるのでしょうか?

 

それは、”see a doctor” です。「病院に行く」ではなく「医者に会う」と表現するんですね。例えば、

 

I’m going to see the doctor this morning.
今日の午前中に病院に行きます

You should see a doctor.
病院に行った方がいいよ

 

のような感じですね。他には、”go see a doctor” や “go to the doctor” なんていう言い方もありますが、いずれも意味は同じです。そして、この “go to the doctor” を使った、

 

Have you been to the doctor?
病院にはもう行ったの?

 

も覚えておくと使う機会の多い表現です。

 

普通は予約して病院に行くので、”have a doctor’s appointment” とも言いますよ。病院の予約をしたい場合には、

 

I’d like to make an appointment (with Dr◯◯).

I’d like to see a doctor.

 

などでOKなので、英語で病院を予約する際に役立ててみてくださいね。

 

【URL】
活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン
「日刊英語ライフ」 https://kiwi-english.net/