"
ライフスタイル
2022/5/5 14:45

水道水型ウォーターサーバーのメリット・注意点とは?種類別におすすめ6社も紹介

水道水直結ウォーターサーバーとは?おすすめからメリット・注意点まで解説

自宅で美味しく安全な水を飲みたいと、ウォーターサーバーの契約を検討している人もいるでしょう。

水道水を使うウォーターサーバーは、ボトルの注文や交換が不要なため、比較的手間が少なく低コストでウォーターサーバーを利用できるのが魅力です。

男性
今回は水道水型ウォーターサーバーの種類や、メリット・注意点を解説していきます。
水道水型ウォーターサーバーの種類

また、種類別におすすめの水道水型ウォーターサーバー6社の情報もご紹介します。

この記事を読めば、自宅に合ったウォーターサーバーを契約できますよ。


ハミングウォーター(flows)

エブリィフレシャス(mini)

ウォータースタンド(ネオ )
初期費用出荷手数料:2,200円0円0円
月額料金3,300円3,300円3,300円
フィルター交換(費用)6ヶ月に1回(無料)6ヶ月に1回(無料)6ヶ月に1回(無料)
使用できる水の温度・冷水:6~10℃
・温水:80~90℃
・冷水:5~10℃
(ECO冷水:約10~15℃)
・温水:80~85℃
・冷水:5~8℃
・温水:85℃~93℃

※すべて税込

この記事でわかること

水道水型ウォーターサーバーとは

アイコン

水道水型ウォーターサーバーは、家庭の水道から出る水をろ過・浄化することでよりおいしく安全な水にするものです。

内蔵されたフィルターによって水道水に含まれる不純物を取り除きます。

業者から購入(レンタル)するのはウォーターサーバー本体のみで、毎月の支払いは定額です。

女性
その他の費用は水道代だけで済むため配送式ウォーターサーバーよりもコストを抑えられ、水の消費量もあまり気にせず使えます。

水道水型ウォーターサーバーには2つの種類がある

アイコン

水道水型ウォーターサーバーと呼ばれる製品には、大きく分けて2つの種類があります。

水道水型ウォーターサーバーの種類

それぞれの特徴は以下のとおりです。

水道水補充型水道直結型
補充方法内蔵タンクに水道水を直接注ぐ補充不要
工事の有無
設置場所どこでもキッチン周辺などの蛇口付近
手入れの楽さ
(タンクを外して洗う)

(本体や出水口の拭き掃除のみ)

2種類の製品にどんなメリット・注意点があるのか、またそれぞれどんな人に向いているのかチェックしていきましょう。

水道水補充型

水道水補充型ウォーターサーバーは、水の補充方法以外は宅配型ウォーターサーバーと同じ感覚で利用できます。

設置場所は必ずしも蛇口の付近である必要はなく、リビングや寝室など家の中のどこでも好きな場所に置いて水を飲めます。

男性
ウォーターサーバー本体を購入(レンタル)するだけで、導入にあたっての工事も不要ですよ!

注意点は、タンク内の水がなくなったら都度補充が必要であることです。

本体の清掃やフィルター交換が必要であることも、水道直結型ウォーターサーバーと比べたときの注意点といえますが、こちらは補充作業のように頻繁に行う必要はないためさほど苦に感じないかもしれません。

水道水補充型ウォーターサーバーは、水の使用頻度があまり高くない人や、蛇口から離れた場所にウォーターサーバーを置きたい人におすすめです。

<水道水補充型ウォーターサーバーのメリット>

  • 場所を選ばず、家のどこにでも置ける
  • 設置工事が不要
<水道水補充型ウォーターサーバーの注意点>

  • 本体の清掃やフィルター交換にやや手間がかかる
  • タンク内の水がなくなったら都度補充作業が必要

水道直結型

水道直結型ウォーターサーバーは、家庭の水道とウォーターサーバー本体を直接繋げる仕組みになっています。

蛇口をひねれば自動的にタンクの中に水が補充されるため手間がかからないのが魅力です。

ただし、設置には専門業者による工事が必要で、初期費用として工事費が発生します。その性質上、ある程度蛇口に近い場所にしか置けない点にも注意が必要です。

水道直結型ウォーターサーバーは、水の使用頻度が高い人や、本体の清掃・フィルター交換作業が面倒に感じる人におすすめです。

<水道直結型ウォーターサーバーのメリット>

  • 補充作業が不要
  • 清掃は定期的な拭き掃除のみでOK
<水道直結型ウォーターサーバーの注意点>

  • 設置にあたり工事が必要で、工事費がかかる
  • 蛇口にある程度近い場所にしか置けない

【水道水補充型】おすすめのウォーターサーバー4社

アイコン

ここからは、おすすめの水道水補充型ウォーターサーバー4社の情報をご紹介します。

はじめに、各社の基本情報をまとめてチェックしましょう。


ハミングウォーター(flows)

エブリィフレシャス(mini)

スノーアルプス(浄水型サーバー)

シャインウォーター(リング)
初期費用出荷手数料:2,200円0円送料事務手数料:2,200円0円
月額料金3,300円3,300円3,280円3,630円
契約期間2年3年2年1年
工事不要不要不要不要
フィルター交換(費用)6ヶ月に1回(無料)6ヶ月に1回(無料)6ヶ月に1回(無料)3ヶ月に一度
不純物ろ過率80%以上非公表非公表80%以上
使用できる水の温度・冷水:6~10℃
・温水:80~90℃
・冷水:5~10℃
(ECO冷水:約10~15℃)
・温水:80~85℃
・冷水:5~8℃
・温水:85℃~93℃

※すべて税込

それぞれどんな魅力があるサービスなのか、どんな人に向いているのかを解説していきます。

ハミングウォーター(flows)

【ハミングウォーター(flows)の基本情報】

サーバー購入/レンタルレンタル
フィルターの種類2種類
初期費用出荷手数料:2,200円
月額料金3,300円
契約期間2年
工事(費用)不要
フィルター交換(費用)6ヶ月に1回(無料)
不純物ろ過率80%以上
使用できる水の温度水温6~10℃、 湯温80~90℃
機能・UV殺菌機能
・エコモード機能
・チャイルドロック機能
・再加熱機能
サイズ幅26cm、奥行37cm、(設置面奥行33cm)、高さ120cm
解約金16,500円

※すべて税込

ハミングウォーターは、インテリアになじむスタイリッシュなデザインが特徴的なウォーターサーバーです。

幅・奥行きは非常にコンパクトな設計で置き場所を作りやすく、水の温度にかかわらず注ぎ口は1つでわかりやすい仕様になっています。

家族など複数人での利用を考えており、出水以外の機能の充実も求めたい人におすすめです。

エブリィフレシャス(mini)

【エブリィフレシャス(mini)の基本情報】

サーバー購入/レンタルレンタル
フィルターの種類非公表
初期費用0円
月額料金3,300円
契約期間3年
工事(費用)不要
フィルター交換(費用)6ヶ月に1回(無料)
不純物ろ過率非公表
使用できる水の温度冷水:5~10℃ (ECO冷水:約10~15℃)
温水:80~85℃ (ECO温水:約70~75℃)
機能・クリーン機能
・省エネ機能
サイズ幅:250mm
奥行:295mm
高さ:470mm(フタを開けた高さ:670mm)
解約金1年以内:22,000円
2年以内:16,500円
3年以内:11,000円

※すべて税込

エブリィフレシャスは、場所を選ばず卓上にも置きやすい省スペースを実現したミニサイズのウォーターサーバーを提供しています。

部屋の中のちょっとした隙間を有効活用でき、キッチン周りにも置きやすいのが魅力です。

さらに初期費用0円で契約でき、月額料金も比較的安いため低コストを重視したい人におすすめです。

スノーアルプス(浄水型サーバー)

スノーアルプス(浄水型サーバー)

【スノーアルプス(浄水型サーバー)の基本情報】

サーバー購入/レンタルレンタル
フィルターの種類3種類
初期費用送料事務手数料:2,200円
月額料金3,280円
契約期間2年
工事(費用)不要
フィルター交換(費用)1年に1度(無料)
不純物ろ過率非公表
使用できる水の温度冷水:約6℃〜10℃
温水:約80℃〜90℃(エコモード温水:62~68℃)
機能・UV
・温水誤操作防止
・エコモード
サイズ高さ117.5cm×横27.2×縦32.7cm(貯水タンクを含む)
解約金19,800円(2年未満の場合)

※すべて税込

スノーアルプスの浄水型サーバーは、女性にとって”ちょうど良い”デザイン・システムを追求した製品です。

多くの日本人女性が使いやすい高さと角度を強く意識したデザインになっており、楽な姿勢で操作できます。

交換は1年に一度で済む高寿命なフィルターと大容量タンクにより、手間も少なく使えるウォーターサーバーです。

シャインウォーター(リング)

シャインウォーター(リング)

【シャインウォーター(リング)の基本情報】

サーバー購入/レンタルレンタル
フィルターの種類1種類
初期費用0円
月額料金3,630円
契約期間1年
工事(費用)不要
フィルター交換(費用)3ヶ月に一度
不純物ろ過率80%
使用できる水の温度温水:約85℃
冷水:約5℃
再加熱時の温水:約90℃
機能・タッチパネル搭載
・エコモード
・チャイルドロック
・再加熱
サイズ高さ115.0cm×横幅30.0×奥行34.4cm
解約金14,300円

※すべて税込

シャインウォーターリングは、タッチパネルによって直感的な操作ができるウォーターサーバーです。

チャイルドロック機能も標準搭載しており、誰でも簡単かつ安全に利用できるシステムになっています。

1日の使用量目安が非常に多いため、さまざまな用途で利用したり、オフィスなどで多数の人に提供したりする目的で考えている人におすすめです。

【水道直結型】おすすめのウォーターサーバー2社

【水道直結型】おすすめのウォーターサーバー2社

続いて、水道直結型ウォーターサーバーのおすすめ2社の情報をご紹介します。

それぞれの基本情報を比較しましょう。


ウォータースタンド(ネオ)
ウォータースタンド(ネオ)
楽水(ピュレスト)
初期費用0円13,200円
月額料金3,850円3,278円
契約期間1年3年
工事(費用)必要(9,900円)必要(13,200円~)
フィルター交換(費用)6ヶ月に一度(無料)セディメントカーボンフィルター:6ヶ月ごと
ウルトラフィルター:12ヶ月ごと
ポストカーボンフィルター:18か月ごと

交換無料

不純物ろ過率80%非公表
使用できる水の温度冷水:5~8℃
温水:85℃~93℃
冷水:約 5℃/8℃/12℃
(2020年モデルは約 5℃/7℃/9℃)
温水:約 90℃/95℃

※すべて税込

この2社がそれぞれどんな人に向いているのかを詳しく解説していきます。

【水道直結型】おすすめのウォーターサーバー2社

ウォータースタンド(ネオ)

【ウォータースタンド(ネオ)の基本情報】

サーバー購入/レンタルレンタル
フィルターの種類3種類
初期費用0円
月額料金3,850円
契約期間1年
工事(費用)必要(9,900円)
フィルター交換(費用)6ヶ月に一度(無料)
不純物ろ過率80%
使用できる水の温度冷水:5~8℃
温水:85℃~93℃
機能・自動節電モード
・チャイルドロック機能
サイズ幅260×奥行505×高さ500mm
解約金6,600円(1年未満で解約の場合)

※すべて税込

ウォータースタンド(ネオ)は、コンパクトな設計でキッチン周りの限られたスペースにも置きやすいウォーターサーバーです。

基本は水道直結型ですが、サブタンクつきの専用台「エコサーバー」を用いれば水道水補充型に近い使い方もできます。

いつでも切り替えができるため、水道水補充型と水道直結型で迷っている人におすすめです。

楽水(ピュレスト)

楽水(ピュレスト)

【楽水(ピュレスト)の基本情報(ライトプランの場合)】

サーバー購入/レンタルレンタル
(165,000円で購入も可)
フィルターの種類3種類
初期費用13,200円
月額料金3,278円
契約期間3年
工事(費用)必要(13,200円~)
フィルター交換(費用)セディメントカーボンフィルター:6ヶ月ごと
ウルトラフィルター:12ヶ月ごと
ポストカーボンフィルター:18か月ごと

交換無料

不純物ろ過率非公表
使用できる水の温度冷水:約 5℃/8℃/12℃(2020年モデルは約 5℃/7℃/9℃)
温水:約 90℃/95℃
機能・タッチパネル搭載
・エコモード
・クリーン機能
・チャイルドロック機能
サイズ高さ1050mm × 幅320mm × 奥行350mm
解約金残り契約月数×月額料金の40%+撤去費用+サーバー返送費

※すべて税込

楽水(ピュレスト)は、同機能でサイズを2種類から選べるウォーターサーバーを提供しています。

こちらも給水タンク式での利用が可能で、別途費用を支払えば水道直結型への切り替えもできます。

ボタンひとつで作動するクリーン機能がついているため、手間をかけずに清潔な状態を保ちたい人におすすめです。

水道水型ウォーターサーバーの7つのメリット

アイコン

水道水型ウォーターサーバーにおける7つのメリットは以下のとおりです。

これらのメリットを、宅配型ウォーターサーバーや浄水器のシステムと比較したうえで詳しく解説します。

水道水の不純物をきちんと除去してくれる

ウォーターサーバーを利用するからには、水道水に含まれる不純物は極力除去してより安全な水を飲みたいものです。

ここで各社が掲げているフィルターの不純物ろ過率に注目してみると、「80%」という値が多いことがわかります。

男性
20%も不純物が残っているとなると性能があまり高くないように感じてしまいますが、実際の除去率は100%に近いことが多いのです。

これは「家庭用品品質表示法」に則った表記で、不純物を80%以上除去できているものに関しては一律で「除去率80%」と記すように定められているという事情があります。

80%という表記は、実際のところ80%~99.9%の間という意味になることを念頭に置いて各社を比較しましょう。

水を注文しなくて良い

水道水型ウォーターサーバーは、家庭の水道から出る水を使用します。

宅配型ウォーターサーバーと違い、水が入ったボトルをその都度注文する必要はありません。

いつでも補充ができ、ストックを切らして使えなくなる心配もなく便利です。

ボトル交換の手間がかからない

水道水補充型のウォーターサーバーは、内蔵タンクに水道水を直接注ぐことで水の補充ができます。

女性
水道直結型ウォーターサーバーなら、蛇口をひねればすぐにきれいな水が出てくるからさらに手軽ですよ!

宅配型ウォーターサーバーの場合、一般的にボトルの設置場所はウォーターサーバー本体の上部にあります。

特に女性や子ども、お年寄りの人などが利用するときは、大容量の水が入った重いボトルを高く持ち上げて交換するのは大変に感じるかもしれません。

水道水型ウォーターサーバーは水の補充の手間が少なく、どんな人でも手軽に利用できます。

ボトルを置いておくスペースが必要ない

宅配型ウォーターサーバーの場合、ストックのボトルを保管しておくスペースを作らなければなりません。

大きなボトルをある程度まとめて注文すると、それだけで部屋の一角を占拠してしまうこともあります。

水道水補充型のウォーターサーバーは、タンク内の水がなくなったらその都度水道から出る水を汲んで補充できます。

水道直結型ならそもそも補充作業自体が不要です。

水道水型ウォーターサーバーは、省スペースという点でも優秀です。

比較的料金が安め

水道水型ウォーターサーバーは、水自体を購入する宅配型ウォーターサーバーよりも比較的安く利用できます。

宅配型ウォーターサーバーの利用にかかる料金は、サーバー代・ボトル代込みで月4,000円前後であるのに対し、水道水型ウォーターサーバーの料金相場は月3,000円ほどです。

水道水型は水の残量を気にせず使えるため、日々の水の使用量が多い人ほどお得に利用できます。

飲む以外にも、幅広い用途で使いやすい

水道水型ウォーターサーバーから出る水は、どれだけ使っても水道代以外の費用はかかりません。

水の使用量にかかわらず毎月のウォーターサーバー料金は固定であるため、そのまま飲む以外の用途にも気軽に水を使えます。

女性
キッチンの周辺に設置しておけば料理でも便利ですね!

お湯も使える

水道水をろ過・浄化するものとして浄水器がありますが、浄水器の機能はあくまでも水のろ過・浄化のみです。

水道水型ウォーターサーバーは、これに加えて簡単な操作で冷水・常温水・お湯を使い分けられる機能があります。

男性
冷蔵庫で水を冷やしたり、お湯を沸かしたりすることが多い人にはとても便利ですね!

水道水型ウォーターサーバーの3つの注意点

アイコン

水道水型ウォーターサーバーにおける注意点は以下の3つです。

こちらの注意点についても、宅配型ウォーターサーバーや浄水器と比較して解説します。

天然水は飲めない

水道水型ウォーターサーバーから出る水はあくまで水道水が元であるため、天然水とは異なります。

普通の水道水よりもおいしく安全な水ではありますが、より質の良い天然水を飲みたい人は宅配型ウォーターサーバーを利用してください。

停電時には使えなくなる可能性がある

形式にかかわらずウォーターサーバー全般に言えることですが、動作に電気を必要とする製品は停電時には水が出なくなってしまうのが大きな痛手です。

ただし中には停電時にも使えるよう、水を出すのに電力を必要としない製品もあります。

ウォーターサーバーに非常時の備えとしての役割も持たせたいと考えている場合は、停電時にも水を出せる製品を選びましょう。

ただし電力なしで水を出すことは可能な製品でも、ほとんどの場合平常時のように冷水やお湯を出すことはできない点には注意してください。

男性
ろ過・浄水のみを行う浄水器なら、ほとんどの製品は電力を必要としないため停電時にも使用できますよ。

災害用として備蓄できない

宅配型ウォーターサーバーのボトルのストックは、災害用の備蓄品としての役割を果たします。

水道水型ウォーターサーバーを利用する場合、災害時にはそのときタンクの中にある水しか残りがないため備蓄としては心もとないです。

万が一を見据えるなら、大容量のストックができる宅配型ウォーターサーバーを選んでおくと良いでしょう。

水道水型ウォーターサーバーの選び方は?確認すべき6つのポイント

アイコン

数多くある水道水型ウォーターサーバーの中から、自分に合った会社を選ぶために確認すべき6つのポイントについて解説していきます。

水道水型ウォーターサーバー選びで確認すべき6つのポイント

初期費用

ウォーターサーバーの契約には、初月の月額料金以外に初期費用がかかる場合があります。

事務手数料、配送料などは会社によって異なります。

レンタルの場合サーバー代は月額料金に含まれているのですが、ウォーターサーバー本体を購入する場合はサーバー代の支払いも必要です。

中には初期費用が一切かからない会社もあるので、契約時のコストを極力抑えたい人は初期費用無料のものに注目してみてください。

月額料金

ウォーターサーバーの契約にあたってもっとも気になるのは月額料金ではないでしょうか。

水道水型ウォーターサーバーの月額料金には、主にサーバー代・フィルター代・配送料が含まれています。

まれにフィルター代や配送料が別となっている会社もあるので、”月額料金”の額面だけで判断せず、利用にあたってかかる総額はいくらなのかをよく確認したうえで契約先を選びましょう。

サイズ

ウォーターサーバーを設置できるスペースが限られている人は、本体のサイズにも気を配る必要があります。

特に水道水補充型ウォーターサーバーは大型なものが多いので、契約前に本体の実寸値をチェックし、自宅に無理なく置けるか確認しておきましょう。

フィルターの種類・機能

水の質に特にこだわりたい人は、それぞれのサーバーに付随するフィルターの種類・機能にも注目しましょう。

どんな仕組みで水をろ過・浄化しているのか、フィルターが何種類あるのかは製品によって大きく異なります。

各社のWebサイトなどで情報を集め、自分が納得できる会社を見つけてください。

機能

ウォーターサーバーに備えられた出水以外の機能のうち、どれを重視したいかでも製品の選び方が変わります。

<ウォーターサーバーの主な機能>

  • 水温調節機能
  • 再加熱機能
  • チャイルドロック機能
  • 自動クリーニング機能
  • 省エネ機能

ウォーターサーバーとしての最低限の機能にプラスして求めたい機能は何か、必要ない機能は何かを見極めましょう。

解約金

ウォーターサーバーの契約期間を満たさずに途中解約すると、所定の解約違約金が発生することが多いです。

水道水型ウォーターサーバーの契約期間は会社ごとに異なりますが、おおむね1~3年です。

契約検討時には数年後のことまで想定し、無理なく契約を満了できそうな契約期間のものを選びましょう。

水道水型ウォーターサーバーの申し込み手順

アイコン

水道水型ウォーターサーバーをWeb上で申し込み、利用を開始するまでの大まかな手順を解説します。

より詳しい手続き方法・流れは会社によって異なるため、各社のWebサイトなどに記載の情報を確認してください。

    <水道水補充型ウォーターサーバーの申し込み手順>

  1. 申し込みをしたい会社のWebサイトにある申し込みフォームへアクセスする
  2. 画面の案内に沿って必要情報を入力、希望内容を選択する
  3. 申し込みが受理され次第、ウォーターサーバー本体が発送される
  4. 受け取り・設置を行って利用開始
    <水道直結型ウォーターサーバーの申し込み手順>

  1. 各社のWebサイトにある申し込みフォームへアクセスする
  2. 画面の案内に沿って必要情報を入力、希望内容を選択する
  3. 専門業者による設置工事を行う
  4. 利用開始

中には、街中の店舗で実際にウォーターサーバーを体験・試飲した上で、そのまま契約手続きができる環境を整えている会社もあります。

店舗で申し込みをする場合は、現地にいる専門スタッフの案内を受けて手続きを進めてください。

水道水型ウォーターサーバーに関するQ&A

アイコン

水道水型ウォーターサーバーに関するよくある質問とその回答をまとめました。

今回ご紹介した内容を簡単におさらいしましょう。

水道水型ウォーターサーバーの選び方は?

自分に合った水道水型ウォーターサーバーを選ぶために、よく確認しておきたいポイントは以下の6つです。

水道水型ウォーターサーバー選びで確認すべき6つのポイント

本記事内の「水道水型ウォーターサーバーの選び方は?確認すべき6つのポイント」では、これらのポイントについて詳しく解説しています。

水道水補充型のおすすめウォーターサーバーは?

水道水補充型のおすすめウォーターサーバーは、以下の4つです。

本記事内の「【水道水補充型】おすすめのウォーターサーバー4社」では、これらのおすすめウォーターサーバーの詳しいサービス内容や、どんな人におすすめできるのかを詳しく解説しています。

水道直結型のおすすめウォーターサーバーは?

水道直結型のおすすめウォーターサーバーは、以下の2つです。

【水道直結型】おすすめのウォーターサーバー2社

本記事内の「【水道直結型】おすすめのウォーターサーバー2社」では、これらのおすすめウォーターサーバーの詳しいサービス内容や、どんな人におすすめできるのかを詳しく解説しています。

まとめ

いつもの蛇口から出る水道水をろ過・浄化してよりおいしく安全な水が飲める「水道水型ウォーターサーバー」について、契約を検討中の人におすすめの会社や、自分に合った会社の選び方を解説しました。

毎月固定の料金と水道代だけで利用できる水道水型ウォーターサーバーは、宅配型ウォーターサーバーよりも経済的に使えます。

水道水型ウォーターサーバーには「水道水補充型」・「水道直結型」の2種類があり、それぞれのおすすめの会社は以下のとおりです。

数多くある水道水型ウォーターサーバーを比較検討する際、自分に合ったものを見つけるため確認すべきポイントは以下の6つです。

水道水型ウォーターサーバー選びで確認すべき6つのポイント

今回ご紹介した内容を参考に、自分に合ったウォーターサーバーを探してみてください。