ライフスタイル
2016/9/11 17:00

転居、転校、転職が多い人は要注意!? 口が軽い人の見分け方

昔から“人の口に戸は立てられない”と言います。信用していた人に「ここだけの話」を広められてしまい、イヤな想いをしたことのある人も多いのでは? 人に話されて困ることは言わないのが一番。そうは言っても、内緒話をしたいときもありますよね。口の軽い人を見分ける方法はないものでしょうか。

20160911-a04 (1)

 

■仲良くなりたい相手には秘密を話す?

人はどうして「ここだけの話」を人に言ってしまうのでしょうか。秘密を共有したいから?それとも情報を持っている人間だと思われたいから? サービス精神?ケースによって理由は様々ですが、その根底に共通することが多いのが「相手との距離を縮めたい」という心理です。

 

<人との距離を縮めたい場合>

・コミュニケーションの量を増やす

・褒める

・共通点を探す

・自己開示をする(自分に関する情報を相手に話す)

 

といったことが増えます。今回、筆者が着目したのは「自己開示」です。特に男性は関係を開始するために自己開示をする傾向があり、女性は親しさを深めるために自己開示を行う傾向があります。これ自体は良いことだと思います。筆者はコミュニケーションの研究をしていますが、自己開示には確かに相手との距離を縮める効果があります。しかし自己開示をし過ぎるコミュニケーションスタイルの人は、話さなくていいことまで話してしまうことも多いですよね。

 

■転勤や転職が多い男性、寂しがり屋の女性は秘密を守るのが苦手?

ついつい自己開示をし過ぎるといったコミュニケーションスタイルは、人間関係を形成する機会(転居、転校、転職など)に多く遭遇してきた人に起こりやすい傾向があります。これだけで口が軽いかどうかを見極めることは到底できませんが、判断ポイントの一つとして筆者は下記に注目しています。

 

・転勤の回数

・転職の回数

・引っ越しの回数

・SNSなどに費やす時間

 

もちろん転勤が多くても、寂しくても、口が堅い人はたくさんいます。不快に感じる人がいたらごめんなさい。

 

■計算高くない人が危ない?

秘密を共有する行為には、相手との関係を縮める効果があります。しかし逆に関係を悪くしてしまうケースもあります。秘密を話すのと、胸にとどめておくのとでは、一体どちらがよいのでしょうか。

 

できるだけ小さなコストで大きな報酬を得ようとした場合、秘密を漏らして小さな利益を得るより、長期的な信頼や利益を得るために黙っていたほうが得です。

 

・長期的な損得計算をしない(できない)人

・損得よりもサービス精神で行動しがちな人

・社交的でおしゃべりな人

 

といった人たちも、口が滑りやすいと思います。

 

もし今後あなたが「信用していたのに、話されてしまった!」と憤ったときは、ぜひこのことを思い出してください。あなたが信用した相手は決して悪い人ではなく、むしろ計算高くない、サービス精神の旺盛な、明るく友好的な人ではないでしょうか? おそらく、そこに悪気はないはずです。

 

人の口に戸は立てられません。やはり、人に言われて困ることは話さないというのが一番のようです。

 

【著者プロフィール】

藤田尚弓

All About 話し方・伝え方ガイド。企業と顧客のコミュニケーション媒体を制作する株式会社アップウェブを経営。言語・視覚の両面から「伝わる」ホームページやパンフレットなどの制作を通し、日々コミュニケーションについて考察している。 趣味は「悪女の研究」。歴史上の悪女たちの言動や人を動かすアプローチに興味を持つ。 著者に「悪女の仕事術」「NOと言えないあなたの気くばり交渉術」「悪女の恋愛メソッド」がある。企業や大学などでの講演・研修実績多数。コメンテーターとしてバラエティ番組などにも多数出演している。

藤田尚弓オフィシャルサイト:http://www.naomi-fujita.com/