ライフスタイル
2022/5/1 10:45

Looopでんきの評判は? 口コミをもとに実際のメリット・デメリットを徹底解説

looop電気 

電力自由化を受けて、自宅の電力会社を見直そうと考えている人は多いはずです。

数多く存在する電力会社の中から、Looopでんきの評判が気になるという人に向けて、本記事では主に評判・口コミをベースにしたLooopでんきのメリット・デメリットをまとめています。

男性

サービスの特徴や料金プラン、キャンペーン内容を踏まえたうえで、Looopでんきの評判や口コミを見ていき、利用に向いている人をご紹介しますよ!

Looopでんきの恩恵があまり受けられない一人暮らしやクレジットカードを持っていない人に向けて、ほかのおすすめ新電力会社も紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

契約・解約手順やよくある質問もまとめているため、本記事を最後まで読めばLooopでんきを契約すべきかどうかを判断できるでしょう。

Looopでんきとは?

Looopでんきは、株式会社Looopが運営している新電力です。

東日本大震災のあと、被災地でのボランティアとして太陽光発電を設置し、それをきっかけに誕生した会社です。

女性

そのため、自然エネルギーに関するさまざまな事業を行っているんですよ!

基本料金が0円に設定されているので、乗り換えることで電気料金が下がる可能性が大きいでしょう。

多くの電力会社と同じく、電気料金は従量課金制ですが、月々の電力使用量に関係なく、エリアごとに一律の従量料金です。

男性

シンプルな仕組みでわかりやすいのが特徴の新電力ですね。

Looopでんきのサービスの特徴

Looopでんきはどのような電力供給サービスを行っているのかをまとめました。

【Looopでんきの特徴】
公式サイトURLこちら
基本料金0円
対応エリア北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄
オール電化プランあり
セットプランLooopでんき+ガス
解約時の違約金の有無なし
支払い方法クレジットカード払い

電気料金が下がっても、品質が落ちることはないので安心してください。

これまでと同じ送電網を使って電気が供給されるので、工事の必要はなく、切り替え費用も無料です。

女性

光熱費を下げるだけでなく、Looopでんきを使うことで地球に優しい再生可能エネルギーや自然エネルギーを身近に感じることができて、環境への関心も高まりそうね!

自然エネルギーをベースにした各種セット割もあるので、自宅の設備に応じて割引サービスを活用しましょう。

Looopでんきの料金プラン(東京電力エリアの場合)

東京電力エリアの場合を例にとって、Looopでんきの料金プランを解説していきます。

Looopでんきには「おうちプラン」と「ビジネスプラン」がありますが、今回は一般家庭向けのおうちプランを解説します。

【おうちプランの料金】
基本料金従量料金
0円26.4円

※表示はすべて税込

Looopでんきのおうちプラン(東京電力エリア)は、東京電力従量電灯B相当です。

契約アンペア数が5A~60Aであればおうちプランに該当しますが、それ以上であればビジネスプランを契約しましょう。

基本料金が0円で、あとは使った分だけの電気料金を支払うというシンプルな仕組みですね!

男性

使用電気量や使用した時間帯によって従量料金が変わることはないので、自分で電気代を算出する際に、楽に計算できます。

「おうちプラン」「ビジネスプラン」のほかにも、ライフスタイルに合わせて、再生可能エネルギー利用を続ければ続けるほど安くなっていく「再エネどんどん割」や、オール電化住宅向けの「スマートタイムプラン」が用意されています。

Looopでんきで行っているキャンペーン(2021年9月時点)

2021年9月時点では、キャンペーンを行っていません。

女性

期間限定でお得なキャンペーンを実施することもありますよ!

キャンペーンを利用してLooopでんきを申し込みたい人は、公式サイトをこまめにチェックしておくといいでしょう。

【Looopでんき公式サイト】はこちら

【結論】Looopでんきの評判・口コミ「安くてわかりやすいが一人暮らしだと高くなりがち」

結論から言うと、Looopでんきの評判や口コミの中で一番印象に残ったのは「安くてわかりやすいが一人暮らしだと高くなりがち」というものでした。

使用電力が少ない一人暮らしだと、従量料金が一律単価であるLooopでんきでは高くなってしまう可能性が高いです。

逆を言えば、使用電力が多い家庭ではお得に電気を使えるということです。

男性

オール電化住宅向けのプランも展開されているので、Looopでんきがお得になる家庭も多そうですね!

契約前に、自分が普段使っている電力使用量を把握しておき、「自分にとってLooopでんきは本当に安くなる電力会社なのか」を見極めることが大切です。

Looopでんきの悪い評判・口コミ

電力自由化が始まってから、電力会社を乗り換える人が増えています。

ただ、以前は電力会社を乗り換えるなんて考えられなかった時代でした。

女性

今より安い電力会社に乗り換えようと思っても「事前にリサーチしてユーザー評価を知らなければ安心して乗り換えられない」という人も多いのではないでしょうか。

ここからは、Looopでんきの悪い評判をTwitterなどの口コミを交えて紹介していきます。

ユーザー評価を正しく把握するためには、良い評判よりも悪い評判を知っておくことが大切です。

ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしで利用すると既存の電力会社よりも料金が高くなる可能性がある

基本料金が設定されている電力会社では、従量料金が使用する使用電力量ごとに異なります。

Looopでんきは基本料金が0円なので、従量料金が何kWh使っても一律料金です。

そのため、120kWh以下で生活できる一人暮らしなどは、電気料金が高くなってしまう可能性があります。

【東京電力とLooopでんきの料金差】
東京電力Looopでんき料金差
電気利用量120kWhまで19.88円26.4円+6.52円
121kWh~300kWh26.46円-0.06円
301kWh以上30.57円-4.17円

※表示はすべて税込

120kWh以下での1kWhあたりの単価は東京電力のほうが6.52円も安いので、電気をあまり使わない人には向いていないことがわかります。

男性

たとえば、月の使用電気量が100kWhだった場合、東京電力では従量料金が1,988円ですが、Looopでんきでは2,640円と東京電力よりも割高ですね。

Twitterにて「Looopでんき 一人暮らし」というキーワードで検索した結果、以下のような口コミを見つけました。

でんきの話。東京電力圧勝。

アパート一人暮らしで、Looopでんき、楽天でんきを利用しました。結果、東京電力が断トツ一位で安かったです。#同じアパートに5年住んでの結論でしかも今年からエアコン利用してるのに安いってどういうことだ

— マーシャ@ソロウェる (@r1200gsJAPAN) August 27, 2020

一人暮らしで日中はほとんど電気を使っていない人などは、月々の電力使用量が120kWH以下になりがちです。

少ない電気使用量であれば、基本料金を支払ってでも、従量料金が段階的なものを選んだほうが月々の電気代は安くなります。

ポイント制度や各種サービス・特典がない

新電力を調べてみると、多くの電力会社でポイント制度を導入していることがわかります。

Looopでんきにはそういったポイント制度がないので、いくら電気を使っても電気料金以外で得する要素はありません。

女性

各種サービスや特典もないなら、「Looopでんきを利用すれば○○が付いてくる」といった付加価値を求めたい人にとっては物足りなく感じるんじゃないかしら。

Twitterにて「Looopでんき ポイント」というキーワードで検索した結果、以下のような口コミを見つけました。

楽天でんきよりLooopでんきのほうが電力単価では安いのがわかったが、期限がある楽天ポイントを電気代へ回せるってのがあってやっぱ楽天電気かな

— NEXTAltair (@NEXTAltair) February 19, 2021

ポイントを利用することでさらにお得になれるサービスは、ユーザーにとって大きな魅力です。

2つの電力会社で迷っている状態で「ポイント制度あり」と「ポイント制度なし」だと、「あり」を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

Looopでんきはその分料金を安く設定していますが、天秤にかけたときにポイントを選ぶ人がいることも事実です。

支払い方法はクレジットカードのみ

Looopでんきの支払い方法は、クレジットカードのみです。

そのため、「支払い方法を口座振替にしたい」と希望する人には大きなハードルとなるでしょう。

男性

クレジットカードを持っていなかったり、持っているけれどあまり使いたくなかったりする人はLooopでんきとの契約を諦めてしまうかもしれませんね。

Twitterにて「Looopでんき クレジットカード」というキーワードで検索した結果、以下のような口コミを見つけました。

新電力のLOOOPでんき、料金は一番安いようですが、支払がクレジトカードのみ。特に注意すべきなのは、クレジットカードの有効期限。期限切れで更新の際に、LOOOPでんき側でも手続きが必要な模様。

— イザヤ2 – Izaya2nd (@Izaya2nd) March 29, 2019

クレジットカードには有効期限があるので、更新する際には「Looopでんき ご契約者さまマイページ」での変更手続きが必要です。

カードでの支払いができなかった場合は、指定の口座に振り込まなければならなくなるので、クレジットカードの有効期限についても気を配っておきましょう。

電気だけの利用の場合はほかにお得な新電力会社が存在する

電気だけを利用するのであれば、基本料金が同じ0円で従量料金がLooopでんきよりも安く設定されているほかの新電力会社がおすすめです。

たとえば「あしたのでんき」の料金と比較してみましょう。

【Looopでんきとあしたのでんきの料金差】
Looopでんきあしたのでんき料金差
基本料金0円0円
従量料金26.4円26.00円-0.4円

※表示はすべて税込

0.4円差というと、ほんのわずかな差に感じます。

女性

でも、一般的な4人世帯で月400kWh使ったとすると、Looopでんきでは月の電気代が10,560円になるのに対し、あしたのでんきでは10,400円ですね。

月々160円の差があり、年で換算すると1,920円の差ができます。

月々の差は小さく感じるため、「この程度ならいいか」と考える人がいるかもしれませんが、電気は一生使っていくものなので、少しでも安いものを選んだほうがお得です。

Looopでんきの良い評判・口コミ

アイコン

Looopでんきの良い評判も見ていきましょう。

Looopでんきは、関東エリアの女性が選ぶ新電力ランキングで「価格満足度」「サービス満足度」において第1位を獲得しています。

自分にとって「満足できる電力会社なのか」を知るための参考にしてみてください。

料金プランがシンプルなので初めての電力会社乗り換えでも安心

Looopでんきでは、「電力のプランは複雑で難しそう」だと不安に思っている人でも安心して乗り換えられる、シンプルな料金プランを展開しています。

契約電流アンペア数にかかわらず、基本料金が一律0円なのが大きな特徴です。

さらに、従量料金も使用電力量によって段階的になっておらず、一律単価が決まっています。

男性

「アンペア」や「ワット」という言葉を聞きなれていない人にとっては、複雑な料金プランだと理解が大変ですよね。

Looopでんきのシンプルな料金体制は、電力会社乗り換え初心者でも理解しやすく、安心できるでしょう。

解約金・違約金0円なので気軽に変更が可能

Looopでんきを契約して、もしも「自分のライフスタイルとは合わない」と感じても、解約金や違約金が0円なのですぐに他社へ乗り換えられます。

女性

解約金・違約金があると「解約したくてもできない」という期間ができてしまうので、ストレスや後悔を感じる人も多いのではないでしょうか。

失敗のないように慎重に選んだとしても、いざ使ってみたらあまりよくなかった、ということはあり得るので、解約費用がかからないことは大きなメリットです。

さまざまなセット割があり、適用できればさらに安く利用できる

Looopでんきは自然エネルギーに重点を置いている会社なので、さまざまなセット割があります。

【Looopでんきのセット割】
セット割名適用条件割引額
ガス割電気+ガス-0.4円
ソーラー割太陽光発電システムで発電した電力をLooopへ売電-1円
ソーラー割LLooop Solarを購入し、発電した電力をLooopへ売電-1円
Looopでんち割Looopでんち(蓄電池)を購入-3円
EV割EVを所有していて、自宅(戸建て)に充電器を設置している-1円

Looopでんち割とEV割は併用できませんが、すべてを活用すると最大5.4円割引が可能です。

得をするだけでなく、自分自身が自然エネルギーに関心を持ち、地球に優しい生活をはじめるきっかけになるかもしれません。

オール電化向けのプランがある

最近はオール電化住宅が増えてきているので、オール電化向けのプランがあることは大きなポイントです。

Looopでんきのオール電化向けプランは「スマートタイムプラン」で、おうちプラン同様、基本料金と解約金が0円です。

<スマートタイムプランの特徴>

  • 1年の中で最も太陽光発電効率が良い、春と秋の昼間の料金単価が安い
  • 夜間の料金単価が安い
【スマートタイムプランの料金】
タイム季節時間帯従量料金
スマートタイム春・秋:昼間10:00~16:0017.5円
ピークタイム夏・冬:朝夕8:00~18:0037.5円
リビングタイム春・秋:朝夕6:00~10:00/16:00~22:0027.5円
夏・冬:平日朝夕6:00~8:00/18:00~22:00
夏・冬:土日祝昼間6:00~22:00
ナイトタイム通年夜間22:00~6:0020.5円

※表示はすべて税込

男性

深夜にお湯の沸き上げをするオール電化住宅では、ナイトタイムの料金が安く設定されているだけでも、大きなコスト削減につながりますね!

Twitterにて「Looopでんき スマートタイムプラン」というキーワードで検索した結果、以下のような口コミを見つけました。

固定費削減のため、
でんき事業者を見直しました。

シミュレーションで試算したところ、うちの場合はオール電化なので、夜間電力が安い「looopでんき」のスマートタイムプランが適していそうです。

— ちゃや🍀朝活3:00〜(皆を早起きにする人) (@chaya3am) January 1, 2021

固定費を削減するためには、今よりも安い料金設定の電力会社に乗り換えるのが有効です。

新電力の中にはオール電化対応プランがない会社があるので、オール電化住宅に住んでいる人にはLooopでんきがおすすめです。

サポート体制が充実している

Looopでんきを契約中に引っ越しなどの各種手続きが必要になったときは、コンタクトセンターに連絡すれば丁寧に対応してもらえます。

【Looopでんき コンタクトセンター】
電話番号受付時間
低圧0120-707-4549:00~20:00 年中無休
高圧0120-606-8619:30~17:30 平日

独立系新電力の中で全国No.1の供給数のため、安心感がある

Looopでんきは、大手ガス・通信関連会社・電力会社などの子会社ではありません。

このような独立系の新電力の中で、Looopでんきは経済産業省資源エネルギー庁による「電力調査統計」ででんき供給実績全国No.1を獲得しています。

女性

これだけ多くの人が利用していることは、品質やサービスが良好だという証といえますね!

電力会社の乗り換えは初めてだという人は、自分で電力会社を選ぶことに不安を感じるかもしれません。

こういった実績があると、安心して乗り換えられるでしょう。

評判・口コミから見る、Looopでんきの利用がおすすめの人

ここまで、Looopでんきに関する悪い評判と良い評判を、口コミを交えて紹介してきました。

それらを踏まえて導き出した、Looopでんきの利用がおすすめの人は以下のとおりです。

<Looopでんきがおすすめの人>

  • シンプルでわかりやすい料金プランがよい人
  • 自然エネルギーに興味があり、太陽光発電システムや蓄電池、EVなどが自宅にある人
  • オール電化住宅に住んでいる人
  • 多くの人が利用している電力会社に乗り換えたい人
  • 家族が多く、毎月の使用電力が多い人
  • クレジットカード払いでも問題のない人
男性

これらのポイントをチェックして自分に多く当てはまるようであれば、Looopでんきの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

Looopでんきの契約・解約手順

Looopでんきの契約方法はWebから簡単に行えます。

Looopでんきの契約手順

  1. Looopでんきの公式サイトにある「お申し込みフォーム」から申し込む電力会社から毎月受け取る「電気ご使用量のお知らせ」を手元に準備しておきましょう。
    申し込みの際に、ここに記載されている情報が必要です。
    クレジットカード情報の入力もあるので、事前に用意してください。
  2. Looopでんきが旧電力会社へ解約手続きを行う申し込みが完了したら、約1週間で解約手続きが始まります。
    自分自身での解約手続きは必要ありません。
  3. マイページおよびハガキにてLooopでんき供給開始日の案内が届く申し込みから約2週間で届きます。
  4. スマートメーターの取り付け工事を行う工事会社からスマートメーターの工事日に関する連絡が来ます。
    確定した日にスマートメーター等の工事が実施されます。
    工事費用は無料です。
  5. 利用開始事前に知らされている供給開始日からLooopでんきを使用します。

すでにLooopでんきを契約していて、「乗り換えるために解約したい」と考えているのであれば、以下の解約手順を参考にしてください。

Looopでんきの解約手順

  • 電力契約を廃止する場合Looopでんきコンタクトセンターへ連絡する
【Looopでんきコンタクトセンター】
電話番号受付時間
低圧0120-707-4549:00~20:00(年中無休)
高圧(特別高圧)・法人0120-606-8619:30~17:30(平日のみ)
  • 他社へ乗り換える場合乗り換え先に申込手続きをする

Looopでんきへの解約手続きは、乗り換え先の電力会社が行ってくれるので、自分自身で手続きする必要はありません。

Looopでんきから乗り換えるならどこ?目的別おすすめ電力会社

現在Looopでんきを契約しているが、自分には合わないと感じるなどの理由で他社への乗り換えを検討している人もいるでしょう。

女性

でも、「どの電力会社に乗り換えればいいのかわからない」と困っている人は多いのではないでしょうか。

ここからは、目的別におすすめできる電力会社を紹介していきます。

【一人暮らし向け】

一人暮らしは月々の使用電力が少ないので、使用電力が少なくてもお得になれる電力会社を選びましょう。

<一人暮らし向けのおすすめ電力会社>

CDエナジーダイレクト

一人暮らしに最適な「シングルでんきプラン」があり、毎月電気料金が100円割引となるため、年間で1,200円の割引を受けられます。

男性

また、カテエネポイントというCDエナジーダイレクトWeb会員独自のポイント制度も特徴ですね。

100円ごとに1ポイント貯まるので、貯まったポイントは電気料金の支払いに利用したり、ポイントサイト経由でショッピングに利用したりできます。

【料金】(シングルでんきプラン)
区分料金単価
1契約あたりの基本料金30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
1kWhあたりの電力料金~120kWhまで19.88円
120kWh~300kWh26.48円
300kWh以上30.57円
定額割引-100円/月

※表示はすべて税込

【CDエナジーダイレクト公式サイト】はこちら

シン・エナジー

太陽光発電や地熱発電など、環境負荷の低い再生可能エネルギーに特化した新電力会社です。

「きほんプラン」は、地域の大手電力会社よりも、電気料金が確実に安くなります。

女性

電気使用量の少ない一人暮らしでも、乗り換えることで電気料金を下げられるのでおすすめですよ!

また、シン・エナジーを利用するとJALのマイルが200円ごとに1マイル貯まります。

【料金】(きほんプラン)
区分料金単価
1契約あたりの基本料金30A768.34円
40A1,024.45円
50A1,280.56円
60A1,536.68円
1kWhあたりの電力料金~120kWhまで19.67円
120kWh~300kWh24.78円
300kWh以上27.71円

※表示はすべて税込

【シン・エナジー公式サイト】はこちら

リミックスでんき

リミックスでんきの最大の魅力は、現在契約している地域の大手電力会社よりも、5%安い料金で利用できる「電気代割引プラン」があることです。

男性

一人暮らしなどの使用電力が少ないケースでは、乗り換えることで逆に電気代が高くなってしまうこともあるんです。

しかし、「電気代割引プラン」なら確実に電気代を今よりも5%下げられます。

【料金】(電気代割引プラン)
区分料金単価
1契約あたりの基本料金30A815.10円
40A1,086.80円
50A1,358.50円
60A1,630.20円
1kWhあたりの電力料金~120kWhまで18.88円
120kWh~300kWh25.15円
300kWh以上29.04円

※表示はすべて税込

【リミックス電気公式サイト】はこちら

【クレジットカードがない人向け】

クレジットカードを持っていない人は、支払い方法に「口座振替」がある電力会社を選びましょう。

<クレジットカードがない人向けのおすすめ電力会社>

auでんき

電気料金は地域の大手電力会社とさほど変わりませんが、auでんきを利用すると支払った電気代に応じてPontaポイントが付与されます。

男性

auスマホやauひかりと支払いを一緒にまとめられるので、支払い管理が楽ですね。

ガスとのセット割やUQモバイルとのセット割もあるので、そういった割引サービスを活用すればするほどお得です。

【料金】(でんきMプラン(東京)/でんきMプラン(東京D))
区分料金単価
1契約あたりの基本料金10A286.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
1kWhあたりの電力料金~120kWhまで19.87円
120kWh~300kWh26.47円
300kWh以上30.56円

※表示はすべて税込

【auでんき公式サイト】はこちら

エネオスでんき

ガソリンスタンドで有名なエネオスですが、電力供給事業にも力を入れています。

電気料金の支払い200円ごとにTポイントが1ポイント貯まります。

女性

日常生活の中でTポイントをよく利用している人におすすめですね!

2年以上の継続契約を約束すると、にねんとく²割が適用され、1~2年目は1kWhあたり0.20円、3年目以降は1kWhあたり0.30円の割引が受けられます。

【料金】(東京Vプラン)
区分料金単価
1契約あたりの基本料金10A286.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
1kWhあたりの電力料金~120kWhまで19.88円
120kWh~300kWh24.54円
300kWh以上26.22円

※表示はすべて税込

【エネオスでんき公式サイト】はこちら

Looopでんきの評判に関するよくある質問

あまり時間がとれずに記事全体を読んでいる暇がない、という方でもLooopでんきの評判について知ってもらえるように、Q&A方式でLooopでんきの評判に関するよくある質問をまとめてみました。

さっと読めるボリュームなので、ぜひ読んで参考にしてみてください。

Looopでんきの評判は良い?

Looopでんきは、「価格満足度」「サービス満足度」において第1位を獲得しています。

地域の電力会社よりも電気料金を安くしたい人の多くに選ばれており、自然エネルギーに興味のある人やオール電化住宅に住んでいる人などにも高い評価を受けています。

男性

しかし、「安くてわかりやすいが一人暮らしだと高くなりがち」との声も上がってきており、誰にとってもお得なわけではありません。。

ポイント制度がないことや、支払い方法がクレジットカードのみという点に不満を覚えるユーザーもいます。

Looopでんきのメリット・デメリットは?

Looopでんきのメリット・デメリットは次のとおりです。

【Looopでんきのメリット・デメリット】
メリットデメリット
  • シンプルな料金プランで初心者でも安心
  • 解約金・違約金が0円
  • さまざまなセット割がある
  • サポート体制が充実している
  • 独立系新電力の中で供給数が
    全国No.1なので安心感がある
  • 一人暮らしの場合だと料金が高くなる可能性がある
  • ポイント制度や各種サービス・特典がない
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 電気料金だけなら
    ほかにもっとお得な新電力会社がある

Looopでんきに限らず、どの新電力会社にもメリットとデメリットが存在します。

女性

メリットとデメリットのどちらも知ったうえで、どの新電力会社がよいのかを総合的に判断しましょう。

Looopでんきから乗り換えるならどの電力会社がおすすめ?

Looopでんきからの乗り換え先としておすすめの電力会社は、以下のとおりです。

<一人暮らしの場合>

<クレジットカードを持っていない場合(口座振替に対応している)>

毎月の使用電気量や支払い方法のほかにも、オール電化などの住宅環境、貯めているポイントなど、自分に合う電力会社を探すための比較ポイントはさまざまです。

男性

最重要視するポイントを自分の中で決め、自分自身の条件に合った新電力会社を選ぶことが、よりよい生活をする第一歩となるでしょう。

まとめ

Looopでんきは、自然エネルギーに特化した新電力会社です。

基本料金や解約金・違約金が0円なので、気軽に乗り換えられます。

オール電化対応プランがあるのもうれしいポイントです。

Looopでんきは、ユーザー満足度も高い新電力会社ですが、ライフスタイルは人それぞれなのでLooopでんきが万人に合うとは限りません。

Looopでんきを利用してみて、もし「自分のライフスタイルには合わない」と感じたら、乗り換えることも検討してみましょう。

現在、地域の大手電力会社を利用しているのであれば、Looopでんきに乗り換えることで電気料金が下がる人も多いです。

電力自由化に伴い「電力会社を見直したい」と考えているのであれば、Looopでんきをぜひ検討してみてください。

TAG
SHARE ON