ライフスタイル
2016/11/28 12:30

恋愛に「コスパ」「インターン」を持ち出す“いきなり結婚族”ーーその独自の価値観に賛否両論

11月24日放送の「クローズアップ現代+」(NHK)で紹介された“いきなり結婚族”。その新たな価値観にネットでは「楽でいいかも!」「ちょっと言ってることがわからない」と賛否両論の大反響が起こっている。

出典画像:『クローズアップ現代+』公式サイト。
出典画像:「クローズアップ現代+」公式サイト

 

「インターン」まで!? いきなり結婚とは?

今年9月に発表された国の調査では、独身男性の約7割、女性の約6割には交際相手がおらず、さらに独身男女の約4割に性経験がないことも明らかになった。「恋愛が面倒」「セックスを嫌悪している」という若者が増えるなか、“恋愛”のプロセスを飛ばして“いきなり結婚”を目指す若者たちがいるという。

 

“いきなり結婚”に一定の理解を示した番組出演者の春香クリスティーンは、その利点として恋愛をしたときに生じる「お金」「時間」「感情の起伏」という手間が省けることをあげた。さらに中央大学教授で社会学者の山田昌弘氏も、恋愛は“コスパ”という面ではあまり良いとはいえず、その結果“いきなり結婚”につながるのでは、と分析。

 

VTRでは“いきなり結婚”を目指すタマエさんという女性を取材。IT企業の広報をしており、仲の良い男女とシェアハウス暮らしもしている彼女は、公私ともに不満はない。そのため、「子どもが欲しい」という理由のみで結婚をしたいのだという。その旨をブログに書いて、結婚相手を募ったところ、25人が応募してきた。これにタマエさんは「旦那になるかどうかのインターン期間と思って住んでもらえば」とも発言。

 

“コスパ”に続き“インターン”。恋愛からかけ離れた言葉が飛び交う“結婚”特集に「あれ、いつの間に経済番組に変わったんだ?」「人類がロボットになっていくようだ。これが現代人か…」と驚きの声が続出。だが一方で「恋愛は面倒、恋愛はコスパ最悪、これは真理だ! みんなー目を覚ませー!」「恋愛にコスパ感覚、めっちゃわかる」と共感の声は少なくない。

 

実は過去のトラウマが原因?

番組では、交際経験のない男子大学生にも取材を遂行。「恋人を掴むという努力が面倒くさい」と語っていたが、過去に気になる女性にLINEで告白したところ、その文面を仲間内で拡散され、信頼を裏切られたために恐怖心が芽生えてしまったのだという。

 

また、彼氏のいない女子大生にも取材をしたところ、失恋で傷ついたという過去があった。その結果、漫画でモテない女性がイケメンに言い寄られる様子を見て疑似恋愛をするようになったという。こういった経緯に「結局“いきなり結婚”をしたいんじゃなくて、恋愛で傷つくのが嫌なんだな」との意見も。

 

“いきなり結婚”は確かに経済面を考えると合理的かもしれない。ただ「無駄なことをするために人間は生きてるんだよ」「コスパを軸に世の中を考えようとすると、生きてることが一番コスパ悪いってならないですか?」と、ヒトならば無駄を楽しめとの感想も。