ライフスタイル
2016/12/7 13:10

町田の“東京離脱説”の噂が現実に? ついに町田市の一部が神奈川県に取り込まれる!

以前から、“東京離脱”説や“神奈川県”説が囁かれていた東京都・町田市。今月1日に噂が現実となり、正式に町田市の一部が神奈川県・相模原市に編入されることに。この知らせに「町田が神奈川に一部組み込まれるだと……」「ネタだと思ってたら、いつのまにか現実に」と世間は騒然となっている。

出典画像:相模原市公式ホームページ「行政境界の変更」より
出典画像:相模原市公式ホームページ「行政境界の変更」より

 

町田市の神奈川県説

町田市は地形的にも東京都から神奈川県にはみ出す形で、以前から「町田市は実質神奈川県なのでは?」と言われ続けていた。というのも、町田市から小田急線を使い東京に行くには必ず神奈川県を通らなくてはならなかったり、町田市内を走る路線バスはなぜか「神奈川中央交通」だったりと、何かと神奈川に縁があるからだ。

 

また、今年2月に神奈川県東部を震源にした地震が発生した時にも、最大震度4を観測したのは神奈川県・川崎市と東京都・町田市のみだった。このときも「町田市は神奈川県説」が大いに話題になっていた。

 

町田市のカーナビ都市伝説

JR町田駅に隣接する「ヨドバシカメラマルチメディア町田店」の立体駐車場の螺旋部分では、世にも不思議な体験ができるという。駐車場のカーブを曲がるたびに、カーナビから「東京都に入りました」「神奈川県に入りました」「東京都です」「神奈川県です」とせわしなく県をまたいだ報告がなされる。

 

何故こういうことが起こるのかというと、「ヨドバシカメラマルチメディア町田店」が建てられている部分が、ちょうど県境とぶつかる位置にあり、駐車場のカーブを曲がる度に、東京都と神奈川県を行ったり来たりしてしまう構造になっているからだ。これには「うちのカーナビ、いきなり故障したのかと思ったwww」「一瞬心霊現象かと思ってビビったわ(笑)」と驚きと笑いの声が上がっている。

 

実は町田市は神奈川県だった!?

明治の初期には、町田を含む八王子、立川、武蔵野、三鷹といった地域も神奈川県に属していた。これらの地域が東京に取り込まれたのは、水源問題や甲州街道、現在のJR中央線にあたる甲武鉄道などの利害の一致に加え、政治的問題の絡みだといわれている。実は歴史の深い「町田・神奈川問題」にまた今年、新たな1ページが刻まれた。

TAG
SHARE ON