アウトドア
2019/5/9 22:00

「ソロキャン」デビュー派がまず持つべき「最適クッカー」5選

「自然の中でひとり時間を満喫できる」と、昨今ブームになりつつあるソロキャンプ。そんなソロキャンプをもっと楽しむためのグッズがクッカーです。クッカーがあれば、本格的な煮込み料理や炒め物など、料理の幅を広げることができます。一人で全ての荷物を運ぶソロキャンパーが、クッカーを選ぶときのポイントはそのコンパクトさ。そこで今回は、軽くてコンパクトなソロキャンプに最適なクッカー5選を紹介します。

 

目次

 


コンパクトサイズな多機能クッカー


ソト(SOTO) ナビゲーター クックシステム SOD-500


 


 

多くの機能を備え、耐摩耗性にも優れたクッカーセット。 一般的なアルマイト加工より皮膜の厚い「スパーアナダイズド加工」を採用し、耐衝撃性や耐食性にも優れています。保温力を高めるコジー、カッティングボード・ボンベのスタビライザー・湯切りとしても使えるリッド(フタ)、トングとしても使えるリフターと使い勝手も良く、水切れの良いフチで衛生的に使えるところも◎。クッカー底面の表面を荒くすることで滑り止め効果が増し、ゴトクに載せても滑りにくく安心です。9つの部材を一つに収納できるので、荷物もかさばりません。

【詳細情報】
サイズ:収納時/直径190mm×高さ105mm
重量:608g

 


ご飯がおいしく炊けるクッカー


UNIFLAME(ユニフレーム) ごはんクッカープラス No.667613


 


 

フタの動きで火加減がわかるライスクッカーと頑丈な黒皮鉄板のフライパンのセット。内側に1~3合炊きの目盛が付いているライスクッカーは、吹きこぼれを軽減し、1.5mm厚のアルミ素材が均一に熱を伝えるので、おいしいご飯を炊くことができます。熱伝導に優れた1.2mm厚のアルミクッカーは、1合炊きの炊飯目盛も付いて、使い勝手抜群。フランパンはコーティングのない黒皮鉄板製なので、金属カトラリーでも安心して調理できます。

【詳細情報】
サイズ(約):収納時/165×114mm、ライスクッカー/15.5×9.1(深さ)cm、アルミクッカー/14.3×6.8(深さ)cm、フライパン/14.3×3.5(深さ)cm
重量(約):770g

 


お湯を沸かすことに特化したクッカー


DUG(ダグ) HEAT-1 DG-1100


 


 

燃料の使用を最低限に抑えることができる“eco”を考えた低燃費クッカー。クッカー底部にあるヒートエクスチェンジャー(ジャバラ部分)により、直噴型の低カロリーストーブを使用した場合に最高の効果を発揮します。鍋底面全体に熱が行き渡り、通常のクッカーよりも早く湯を沸騰させることができます。 取っ手は折り畳めて、収納に便利。ユーザーからも「驚くほどお湯が沸くのが早い」と高評価。

【詳細情報】
サイズ:H130×120mm
重量:206g

 


軽くて衝撃に強いチタン性クッカー


スノーピーク(snow peak) クッカー ソロセット 極 チタン SCS-004TR


 


 

スタッキング性に優れた、チタン製の1人用クッカー。少しでも荷物を減らしたいパッキング時の強い味方です。スノーピークならではのスタッキングシステムにより、ポット内にガス缶とストーブが収納可能。カップには110缶1個が収まり、本体の蓋も共用できますので、カップ単体だけで湯沸かしができます。熱に強いシリコーン製のツマミはフレキシブルな素材で、ザックに収納した際も邪魔になりません。ソロ登山、ツーリングの必需品といっても過言ではありません。

【詳細情報】
サイズ:収納時/110×131mm
重量:195g
 


ソロキャンプ初心者におすすめのクッカー


コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット 2000012957


 


 

ふき取るだけできれいになるノンスティック加工を施した、一人用クッカーセットです。熱伝導のよいアルミ製。外側には傷を保護するハードアノダイズ、内側は手入れを楽にするノンスティック加工が施されており、アウトドア初心者でも扱いやすくておすすめ。バーナー上でも滑りにくいスパイラル加工、持ち手が熱くなりにくいシリコン被膜ハンドルなのも安心です。ユーザーからは「アルミ製の為、熱伝導率が良くお湯も沸きやすい」、「ソロキャンプはこれ一つあれば十分」と高評価。

【詳細情報】
サイズ(約):ポット/直径12.5×高さ10cm、カップ/直径12×高さ5cm、収納時/直径12.5×高さ15cm
重量(約):250g

目次に戻る

 

 

TAG
SHARE ON