アウトドア
2019/11/3 22:00

キャンプで最重要と言っても過言でないのが「収納」。収納問題を解決するシンプルデザインの「コンテナボックス」5選

細々と散らかりがちなキャンプギアをまとめるうえで役立つコンテナボックス。スタイリッシュなデザインのギアが多いキャンプグッズを入れるなら、コンテナボックスの見た目にもこだわりたいですよね。そこで今回は、シンプルデザインのコンテナボックスをご紹介します。シンプルなまま使うも良し、自分でステンシルやステッカーを貼るなどしてアレンジして使うも良しですよ!

 

目次

 


使わないときにコンパクトに折りたためる!


TRUSCO(トラスコ) 薄型折りたたみコンテナ 50L TR-C50B


 


 

折りたたんだ時の厚さは約7cmと、使用後はコンパクトに片付けられるコンテナボックス。シボ加工を設けているので、ステッカーを貼ることができ、剥がす時もステッカーののりを残すことなく剥がせます。スライドロックを設けているので、内容物を運ぶ時も安心。最大積載荷重は8kgです。ユーザーからは「両手でつかんで持ち上げるだけで箱型になる優れモノです。たたむのも簡単」という声も。

【詳細情報】
サイズ:336×530×366mm(50Lの場合)
重量:2.28kg(50Lの場合)
種類:30L・40L・50L
カラー:ダークブルー・クリア・グレー・グリーン・レッド・イエロー

 


目盛付の蓋が意外と便利なコンテナボックス


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 収納ボックス


 


 

アウトドアブランド「キャプテンスタッグ」のコンテナボックス。蓋には便利な目盛が付いており、ユーザーからは「天板の端に簡易的な定規が付いているのですが、これは多分釣った魚の大きさなどを測るためのメモリだと思うので、あると便利かもしれません」という声も。そのほか、「車に積載した時に、ある程度の重さのザックを上に乗せても大丈夫でした、安価なわりに耐久性もあるようなので重宝しています」「同じサイズのものを4つ買いましたが、重ねられるため、自宅での保管や車での運搬で非常に重宝しています!」と使いやすさに満足するユーザーが多数。

【詳細情報】
サイズ:32.2×37.9×54.5cm(45Lの場合)
重量:2kg(45Lの場合)
種類:13L・23L・24L・45L・50L・75L

 


二人用ベンチとしても使えるコンテナボックス


アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 800


 


 

細かいパーツの多いキャンプや釣りなどレジャー用品の収納に便利なコンテナボックス。コンパクトサイズなのでトランクに並べて入れられます。キャンプでは大人二人が座れるベンチとして、また、踏み台としても使用できるのが特徴です。レビューでは「定番商品ですが、丈夫で大人が座ってもビクともしません。キャンプでは椅子代わりにもしています。使い勝手が良いので色違いを追加で購入して、キャンプ用に食品用と道具用で使い分けています」と好評。

【詳細情報】
サイズ(約):32.5×78.5×37cm(幅78.5cmの場合)
重量:3.62kg
種類:幅42cm・幅61.5cm・幅78.5cm・幅100cm
カラー:ダークグリーン・ブラック

 


豊富なサイズで最大10段までの積み重ねが可能!


Astage(アステージ) NTボックス


 


 

豊富なサイズ展開のポリプロピレン製ボックス。最大10段までの積み重ねができるので、占有スペースを広げずに収納力をアップすることができます。カラーは汚れが目立ちにくいグリーンの単色展開。ユーザーからは「キャンプの小物入れとして購入しました。サイズ感としてはバッチリで、しっかりとロックできるフタもついているので収納するだけでなく、そのままキャンプまで持って行ってます」と高評価を得ています。

【詳細情報】
サイズ:37.9×54.5×32.2cm(#45の場合)
重量:2.1kg(#45の場合)
種類:#1.5・#7・#11・#13・#22・#25・#30・#45・#50・#75

 


耐荷重100kgのタフさが魅力!


リス コンテナ収納 トランクカーゴ


 


 

耐荷重100kgのタフさが特徴で、キャンプやバーベキューなど、ハードなシーンでも大活躍。大型バックルでフタをしっかりロックできます。一人分の椅子代わりとしても使用できます。レビューでは「汚れも目立ちにくく、頑丈な作りなので重宝しています」「蓋を閉めた状態で腰掛けても(70kgですが)ビクともしません」という声も。

【詳細情報】
サイズ:60×39×37cm(50Lの場合)
重量:2.71kg(50Lの場合)
種類:30L・50L・70L
カラー:ネイビー・グリーン・ブラック

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON