アウトドア
2020/7/26 22:00

テントやウェアがボロボロになってきた! 備えておきたい「リペアシート」おすすめ5選

アウトドア用品は過酷な自然の中での使用が想定されているので、基本的には耐久性に優れていますが、使っていくうちにウェアやテントが破れてしまうこともあります。アウトドア用ウェアやテントはけっこう“いいお値段”するので、ちょっとした穴で買い換えるなんてもったいない! そこで用意しておきたいのが、切って貼るだけで簡単に補修ができる万能アイテム、「リペアシート」です。今回はアウトドアで備えておきたいリペアシートの中から、人気の製品5つを紹介します。

 

目次

 


あらゆるアイテムの補修に対応するカラバリの豊富さが人気


GEAR AID テネシアス リペアテープ

アウトドアウェアや道具を修理、お手入れするメンテナンス用品の専門ブランド「ギアエイド」のリペアテープ。破れた穴や焦げに合わせてカットし、あらゆる素材に貼りつけて簡単に捕修できます。クリアテープはPVC素材なので捕修箇所が目立ちません。さまざまなアイテムの補修に対応できるようカラーバリエーションが豊富なのも人気のポイント。ユーザーからは「お気に入りのアウトドアウェア(特にダウンなど)を長持ちさせたい方は買いです」という声も。

【詳細情報】
サイズ:7.6×50cm
発送重量:18.1g
カラー:イエロー・クリア・グレー・セージ・ブラック・レッド

 


引き裂け防止を追求したリップストップ生地


ケニヨン リペアーテープ リップストップ

引き裂け防止のため格子状に太い糸を織り込んだリップストップ生地のリペアテープ。ナイロン製のパーカー・テント・雨具などのかぎ裂き、焼け焦げなどの補修ができます。裏面に強力な粘着剤が塗布されているので、補修も簡単。レビューでも「粘着テープは十分強力かつ、シートも伸縮性があるので曲面でしたが、ぴっちり補修できました。夏の暑さ冬の寒さで若干の伸縮はありましたが、剥がれる、水が沁みるなど致命的な問題も起きておらず、わずかな金額で補修できて良かったなと。お勧めです」と満足度の高さがうかがえます。

【詳細情報】
サイズ:7.5×45cm
重量:499g
カラー:ブラック・ネイビー・ロイヤルブルー・グリーン・レッド・ライトグレー・オレンジ・ホワイト・ラスト

 


テントや雨具の補修に役立つゴアテックス製シート


モンベル GORE-TEX パーマネントリペアシート

世界最高レベルの防水透湿性能を持つゴアテックスメンブレンでできた補修シート。ゴアテックスメンブレン(フィルム)にナイロントリコットをラミネートした生地を用いており、テントや雨具の補修にも使用できます。アイロンを使って接着することで、家庭でも簡単に補修可能。また、サイズが20×20cmと大きめなので、補修面積が広めの場合にもおすすめ。レビューでは「こんなリペアキットがあるなら、これまで捨てなくてよかったものがあったのにと感激しました。捨てようと思っていたカッパ、普通に使えます」というユーザーも。

【詳細情報】
サイズ:20×20cm
発送重量:9.1g

 


「ロゴス」のテントの配色に合ったリペアシート


ロゴス LOGOS neosテントリペアシート(3pcs)

総合アウトドアブランド「ロゴス」のテントの配色に合わせたリペアシート。フライシート2色(各1枚)とグランドシート(1枚)のセット。テント、リュックサック、雨具の生地のかぎ裂きや穴あきの応急補修に最適です。レビューでは「コールマンのテントのリペアシートが売ってなかったので、一番近いカラーで代用しました。貼り付け簡単です」と、ロゴス以外のブランドのアイテム補修に使用したという声も多数。

【詳細情報】
サイズ:約7.5×45cm
発送重量:18.1g

 


アウトドア以外にも使える!優れた接着力の補修テープ


3M スコッチ(R) 超強力多用途 補修テープ DUCT-TP18

貼った際にテープや補修の跡が目立ちくい透明タイプの多用途補修テープ。特殊な粘着剤により、高い粘着力と保持力を発揮し、一時的な補修に適しています。アウトドア用品だけでなく、ブルーシートやスーツケース、蛇口、排水溝などの補修も可能です。ユーザーからは「テントの補修に使用しました。接着力が良くてとても良い感じです。さすがに世界の3M!!」「屋外でシート補修に利用。雨や紫外線で粘着力は落ちることなかった」と優れた接着力が評価されています。

【詳細情報】
サイズ:10.8×10.8×4.8cm(長さ:18m)
発送重量:198g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON