アウトドア
2020/7/1 17:30

「キャンプ飯」が映えて実用性もばっちりな「カッティングボード」たち

ウッドの見た目を生かすことで、アウトドアグルメが映えるのが「カッティングボード」。1枚あればお皿代わりに使えるだけでなく、まな板としても活躍する、実用性のアイテムなんです。そこで今回は、アウトドアシーンで“映えるキャンプ”が楽しめる、カッティングボードを紹介します。

 

目次

 


ぬくもりを感じる丸型デザインの竹製カッティングボード


キャプテンスタッグ TAKE-WARE 丸型カッティングボード36cm

料理をおいしく見せてくれる、ぬくもり溢れる竹製の丸型カッティングボード。お酒に合うチーズやハムなどを載せるだけで、ナチュラルなカフェのような雰囲気で食事を楽しめます。ユーザーからは「携帯性を考えればプラシートの物等ありますが、これがあるとおしゃれな雰囲気が出ます。皿としてもそのまま使えるのでなかなかよいです」「利点としては、竹製なのでさっと洗ってさっと拭くだけで再利用できます」という声も。

【詳細情報】
サイズ:約360×245×15mm
発送重量:508g

 


用途によって表裏を使い分けられるリバーシブル仕様


ケヴンハウン スクウェアカッティングボード&ランチトレイ

表はトレイ、裏はカッティングボードとリバーシブルに使える一枚で、色の濃淡がはっきりしているアカシアの木目が高級感を演出。色や木目が商品ごとに違うのも天然木ならではの特徴で、使い込んでいくうちに味わいが増していきます。硬く粘りがあり、衝撃や曲げにも強いうえ、木製品は熱を伝えにくいので、温かい料理は温かいまま、冷たいデザートは冷たいまま味わうことができます。

【詳細情報】
サイズ:380×215×20mm
重量:399g

 


使うほどに愛着が湧く職人手作りのカッティングボード


Arteinolivo カッティングボード

イタリア産オリーブから作られた、細長めのカッティングボード。サラミやチーズなどちょっとした食材をカットすることにピッタリ。カットするだけでなく、そのままお皿の代わりにすればダイニングバーのような雰囲気を演出できます。一枚一枚職人の手作りのため、形状や色合いが異なり、使えば使うほど愛着が湧くこと間違いありません。「程よい大きさで、普段使いに重宝しています。使うほどに味がでるそうなので、大切に育てていきたいです」というユーザーも。

【詳細情報】
サイズ:300×100~140mm
重量:300g

 


しっとりとした手触りが特徴のオリーブ材のカッティングボード


南海通商 パスターキャンプ オリーブ カッティングボード RUSTIC

オリーブの貴重な原木を元に高品質で機能美に満ちた製品を生み出してきた、パスターキャンプ職人が一つ一つ手作りした、木目が美しいオリーブ材のカッティングボード。オリーブオイルを含んだしっとりとした手触りも特徴。表面が白っぽくなってきたらオリーブオイルを塗ると、ひび割れが防げ美しい木目が生まれます。使用後は手洗いをして日干しにしてしっかり乾燥させ、保管時には水気や湿気を避ければOK。吊り下げに便利な紐付きです。

【詳細情報】
サイズ:約15×165×305mm
重量:280g

 


日常使いもしたくなるサイズ感でプレゼントにも最適


ケヴンハウン ウッドウェア フルーツカッティングボード

天然アカシア材のぬくもりを感じるデザインで、フルーツだけでなく、パンを並べたり、ランチをのせてみたり、いろいろなシーンで使いたくなるトレイです。軽くて割れにくいので、子どもから年配の方まで安心して使えます。使い込むほど天然木の味わいが増し、家で使用する際はキッチンに立てかけておくだけでもサマになります。扱いやすいサイズなので、プレゼントにしても喜ばれるはず。

【詳細情報】
サイズ:約180×240×20mm
重量:約363g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON