アウトドア
2020/6/20 21:00

キャンプでも車中泊の「二刀流」で使えてお手ごろ価格な「エアーマット」5選

越境を含めた移動ができるようになり、溜まりに溜まったアウトドア熱を開放できる日がやってきました。ですが、長いおうち生活でベッドに慣れきった体でデコボコ地面や車中で寝たら、翌日ぐったりしていまいそうです。

 

というわけでアウトドアで必携の「エアーマット」を見直してみませんか。空気を入れて膨らませるだけで、寝心地が格段にアップ! まるでキャンプ中であることを忘れてしまいそう。そこで今回は、人気のエアーマットを5選ご紹介します。

 

目次

 


わずか360gととにかく軽量!


ISUKA ピークライトマットレス 120 インディゴ

軽量かつ丈夫で耐久性に優れた30デニールナイロン素材を使用しています。下部は強力なノンスリップ加工で、睡眠中のズレを防ぎ快適な睡眠をサポートします。広めに設定した足元部分は睡眠中に寝袋が落ちにくい設計です。厚さ25mmは、春から秋の登山やサイクリストにも最適。専用の収納袋とリペアキットが付属します。「外気温3℃や霜が降りていても底冷えはありません」と、その保温性を支持するユーザーも。

【詳細情報】
サイズ:展開時…50×117×2.5cm、収納時…10.5×26cm
重量:380g

 


自動膨張システムでラクラク!


FIELDOOR 車中泊マット 5cm厚 Mサイズ

折り畳んで収納可能なので、どこにでも持っていけるマット。バルブを開くだけで自動膨張し、車中泊だけでなく、急な来客用など、あらゆるシーンで活躍します。ボタン付きなので2つ並べて連結させることも可能。高密度ウレタンフォームが、しっかりとした寝心地とクッション性を実現し、快適な寝心地をサポートしてくれます。レビューでは「ヒザ立ちなどで1点に体重をかけたりしない限り、普通に寝ている範囲では底つき感を感じることはありません」という声も。

【詳細情報】
サイズ:展開時…93×198×5cm、収納時…19×95cm
重量:約2800g
カラー:オレンジ・ブラウン・ブラック

 


パンクに強いダブルレイヤー構造!


Coleman アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド

軽量でパンクに強いダブルレイヤー構造のエアーベッド。バルブの開閉がしやすく、空気注入時の空気漏れを防ぎます。生地は伸びにくく、破れにくい「PUNCTURE GUARD」を使用。20cmの厚みで下の凹凸を吸収してフラットな状態で、快適な睡眠をいざないます。ユーザーからは「広げたら電動ポンプで空気をパンパンに入れれば寝るに充分なマットになります。畳み方がわかりやすく、かさばらないのでその点もポイントが高いです」という声も。

【詳細情報】
サイズ:展開時…185×135×20cm、収納時…36×30×9cm
重量:約2500g

 


ベルベット仕上げで肌触りの良い枕一体型!


LOGOS ラダーベッド

簡単にふくらませられる、1人用サイズのエアベッド。簡易型ながら、枕とボディ部分の形状を変えることで快適な寝心地を実現。174cmもあるので、大人でもゆったりと横になれます。空気を抜けばコンパクトにたたて、人数分用意してもかさばりません。肌触りの良いベルベッド仕上げで、快適な寝心地を実現。ユーザーからは「空気を中途半端に入れると、腰の痛い私には逆にしんどかったので、しっかり空気を入れて使用する事をお勧めします」という声も。

【詳細情報】
サイズ:展開時…67×174×16cm、収納時…25×13×16cm
重量:1300g

 


手動エアポンプ内蔵だから約3分でマットが膨らむ!


Sable キャンプマット SA-HF069

マットの上部にピローがついており、首や頸椎を自然な形でキープしてくれます。内部は弾性バンドの構造で環状溶接技術を採用。体圧を分散するので体全体をサポートし、どんな姿勢でもフィットします。ハンドポンプ付きのためエアーポンプ不要で、両手で押すだけで空気を押し込み、約3分間でマットを膨らませられます。レビューでも「背中面が比較的平たいこと、幅が広いことなど寝心地いいです。また、厚さがあるので軟らかめにしても、底打ちしないのもいいですね」と好評です。

【詳細情報】
サイズ:展開時…194×72×14cm、収納時…35×15cm
重量:990g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON